HOME   >>  書評 小説
08 22
2005

書評 小説

『見えない都市』 イタロ カルヴィーノ


4309462294見えない都市
イタロ カルヴィーノ Italo Calvino 米川 良夫
河出書房新社 2003-07

by G-Tools

 イタロ・カルヴィーノは『まっぷたつの子爵』『不在の騎士』を読んだことがある。コミカルな寓話が楽しかった。

 大人向けの寓話ってけっこう楽しめると思う。いっときの童心に帰る楽しみを想い出させてくれるし、すぐにテーマがわかる内容ならなおさらいい。難解で意味もわからない寓話は願い下げだけど。カルヴィーノは安部公房のような寓話に近いと思う。あと村上春樹ももちろんそうである。ほんわかとした寓話の味わいが安らかである。

 ひさしぶりに小説の本棚を見てみたら、カルヴィーノの文庫が何冊も出ている。この本はマルコ・ポーロがチンギス・カンにいろいろな都市の話をするという内容である。「都市と記号」「都市と欲望」「都市と眼差」といったタイトルは現代思想的である。

 はっきりいって、私のイメージ力の貧困さからほとんど都市のイメージがわいてこなかった。なんでこんな話をするのかも、なんのためにこのような話をするのかもちっともわからなかった。都市論や文明論に見えるけど、物語る行為を問うているのかもと解説に書かれてあった。まず私には読解できない本であった。


まっぷたつの子爵不在の騎士柔かい月

08 26
2005

書評 小説

『タイタンの妖女』 カート・ヴォネガット・ジュニア


4150102627タイタンの妖女
カート・ヴォネガット・ジュニア 浅倉 久志
早川書房 2000

by G-Tools

 ヴォネガットは初期の村上春樹に濃い影響をあたえたから気になる作家になった。そうでなかったら、ユーモアやシニカルさは楽しいけど、私にとってはストーリーはイマイチというこの作家の何作も読まなかったと思う。

 いわば村上春樹の滋養や栄養分を味わいたいがゆえに読んでいたといえる。それ自身のみの魅力となったら私にはその作品を手にとっていたかはアヤシイ。好きなアイドルが読んでいたから読んだという本に近いのである。

 『猫のゆりかご』『チャンピオンたちの朝食』『スローターハウス5』『ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを』と読んだ作品は、いずれもヴォネガット特有のシニカルさやユーモアはこの人にしかない卓越した素質だと思うのだけど、ストーリーを読ませる魅力はあまりなかったように感じるのである。

 ヴォネガットは日本の村上春樹人気にあやかってどれほど読まれたのかわからないけど、こういう読まれ方をしたとするのなら、ヴォネガット自身にはよいことだったのか、不幸なことだったのか、むずかしいところだと思う。村上春樹のオーラや文壇の評価がなかったら、SFのヘンなユーモア作家くらいのイメージしかもたれなかったと思う。

 『タイタンの妖女』というこの作品は全能者の宗教家(?)に大富豪が操られるという話だが、ヴォネガットのシニカルな文体はたまらないと思うけど、ストーリーはなんだったのかな~という感じが残った。私はテーマやストーリーを読みこなすのがかなり貧困だからまったく正当な判断ができないが、人類の目的に意味なんかないみたいなことをいっていたのかな~と思う。

 記憶を消される軍隊のシーンがおもしろかったくらいで、ストーリーにはあまり魅力を感じなかった。でも何度もいうけど、ヴォネガット特有のシニカルなユーモアはほんとにこの人にしか書けないものだ。


08 28
2005

書評 小説

『肩ごしの恋人』 唯川 恵


4838712987肩ごしの恋人
唯川 恵
マガジンハウス 2001-09

by G-Tools

 唯川恵というのは女のVSを描く作家だと思う。生き方や性格の違う女性を対立項として登場させるのである。いうなれば選択の迷いである。あれもこれもなれたかもしれない女性の選択の可能性を何パターンも比較しているのである。

 この作品で比較されているのは結婚を何度もする女と結婚したくない女、または女を武器にする女と、女であることを弱点と思う女である。こういう比較をすることによって女性の選択の良否を探ってゆくのが唯川恵の作品の特徴だと思う。

 唯川恵はほかのさいきんの女性作家とくらべて安心して読むことができる。ふつうに楽しい。じつにフツーっぽい等身大のOLや女性たちが主人公なので身近に感じることができる。ふつうすぎるから直木賞には値しないとかもいわれるかもしれないが、ふつうだからこそ、そんなことも関係なしに読者には読まれる作家なのだと思う。恋愛や人間の観察眼にもためになることもあるし。

 作品を読んでいるときにいつも気になるのは唯川恵本人の幸福や状況のことである。いろいろな女性の陰には唯川恵自身の幸福観や選択の迷いが透けて見えるように思うのだ。作品の登場人物より、唯川恵本人は幸福なのかどうかばかりが気になるのである。

 選択の迷いをつむぎ出しつづけるこの女性作家はいまも選択の分かれ道でとまどっているように思えるのである。それはおそらく選択が無限に楽しめる消費社会の、けれども人生は何度も選択できないという矛盾の中に、多くの人がおかれていることと重なり合うのだろう。

 「カネでモノは買えても、人生は買えないのである。」


08 31
2005

書評 小説

『僕のなかの壊れていない部分』 白石 一文


4334738397僕のなかの壊れていない部分
白石 一文
光文社 2005-03-10

by G-Tools

 白石一文はぶあつい文庫が何冊か出ていて、はじめて読む本は選びにくかった。この本は表紙のくま?のイラストがかわいいし、タイトルもインパクトがあるし、ポップな内容なのかなと思ったけど、てんで違った。

 重い。主人公は性格が悪い。知的な会話で相手を責める物言いは容赦がない。ストーリーもほとんどあってないようなものである。

 思弁小説である。人生の生きる目的や生や死を深く問いつめていて、その真摯に考えるさまはよいものがあると思うけど、私はめったにそのようなことは考えないので、興味がある人には深い思索が提供されるかもしれない。線をひきたい箇所は何ヶ所もあった。私はほえ~、そういうことを考えて生きるているのか、と参考になった程度である。

 もしかしてドストエフスキーをめざしているのかと思ったりするが、こういう生や死を深く考える作家というのは近ごろではそうそういないのではないかと思う。それにしてももうすこし物語でそれを語ってくれよといいたくなるが、でないとハードすぎて小説としてはおもしろみがないと思う。思索を読んでいるとなんとなく宮本輝を読みたくなった。


09 02
2005

書評 小説

『男の子女の子』 鈴木 清剛


430940667X男の子女の子
鈴木 清剛
河出書房新社 2002-09

by G-Tools

 関西弁をしゃべる女の子はアホちゃうんかと思った。文章がヘタなのかとも思った。

 小説ってなんのために会話や物語が書かれているのかわからなくなった。なんらかの意味や必然性がある会話や進行がおこなわれているはずだと思うのだけど、さっぱりその必然性がわからない。

 最後の最後に、いや解説によってようやく「わけのわからない他者」、その大きく深い川について書かれているようだということがわかった。もうこれ以上感想も書く気がしない。


09 03
2005

書評 小説

読書感想文の参考になるかもしれない。


 夏休みも終わり、読書感想文で検索してくる人が多いので、私なりのアドバイスをしてみたいと思う。ちょっと遅いかな。といっても私はいまだに小説の読み方がわからないし、小説の多くは十数年前に読んだうろ覚えだし、学生のときは小説なんかほぼ読めなかった。こういうことを書いたらいいんじゃないかというアドバイスしかできません。

『ハツカネズミと人間』スタインベック 新潮文庫
ハツカネズミと人間
 この作品は「善人」について書かれているのではないかと思う。善人というのは人より優れていたらいけないから白痴のようにならざるを得ない。ここから脱線して人より優れたり、劣ったりすることの考察が広げられるのではないかと思う。優秀さというのは他人を劣ったものにするのではないかということを考えてみるのもいいのじゃないかと思う。



『蝿の王』 ゴールディング 集英社文庫
蝿の王
< 無人島での子どもたちの勢力争いは人間の戦争や集団の争いをみごとにあらわしている。権力争いはじつは教室の中でもおこっているものである。びみょうな階層や序列があったりする。そういう自分のクラスの権力派閥を作品にひきつけて考察してみるのもいいと思う。あるいは自分のクラスを無人島において戦わせてみるのも楽しいかもしれない。



『車輪の下』 ヘッセ 新潮文庫
sharin.jpg
 世間体を気にする親と好きなことをしたい子とはいつの世でも対立するものである。『車輪の下』にかこつけてひごろの親の批判をしてみるのもいいし、親の理想や世間体を考察してみるのもいいだろう。自分のやりたいことと、親の期待は合うのだろうかと考える機会にすればいいと思う。




『異邦人』 カミュ 新潮文庫
ihouzin.jpg
 これは不条理について書かれた作品だといわれるが、私は人と同じ感情をもたなければならないという感情に対する怒りを描いた作品だと思っている。みんなが楽しいときには楽しいふりをしたり、悲しいときには悲しいふりをしなければならないという強制に対する怒りである。人に合わせること、みんながしているから自分もしなければならないことに対する怒りを書いてみるのもいいと思う。



『月と六ペンス』 モーム 新潮文庫
moon1.jpg
 芸術に憑かれた男と俗っぽい世間の対立が描かれた作品だったかなと思う。金とか出世の世間体を離れて、まったく自分の好きなことだけに没頭できる人生をうらやましいと思わないだろうか。現代日本の俗っぽさやいやなところを描きだしてみて、自分の好きなこと、やりたいことを考えてみるのはどうだろうか。




『武器よさらば』 ヘミングウェイ 新潮文庫
arms1.jpg
 ヘミングウェイは『老人と海』が定番である。でもこんな年寄りくさい物語を十代でわかるわけがない。釣れた魚を失うというのは人生のことをいっているのかもしれない。いままでほしくて得たもので、失ったり、なくしたものから人生の感じ方はそのようなものかもしれないと考えてみるのがヘミングウェイ流なのかもしれない。『武器よさらば』のほうが若者の恋愛と戦争話だが、テーマは『老人と海』に近い。こっちのほうがいい。私はヘミングウェイの短い単純な文章について語りたい。

『ライ麦畑でつかまえて』 サリンジャー 白水Uブックス
4560070512.09.MZZZZZZZ.jpg
 『ライ麦畑』は親や大人の世界に反抗しているときにぜひ読んでほしい作品である。親や大人の世界のどんなところが嫌いなのか考えてみるのもいいと思う。なんで親や大人はムカつくのだろう。書くことは、意外に自分の思っていることをはっきりと意識させてくれるものである。




『砂の女』 安部公房 新潮文庫
suna.jpg
 安部公房はワケのわからない寓話を書く作家だが、これは好きなことをしたい男と家庭に閉じ込めようとする女の話だと私は思っている。生活のために妻と子のために働く人生は自分の目標か、それともいやなのか、考えてみるのも一考だろう。




『ノルウェイの森 上』 村上春樹 講談社文庫
norway.jpg
 村上春樹は若者の小説好きを増やした作家である。とくに初期の作品カッコよくてオススメ。『ノルウェイの森』については私ならワタナベトオルくんの孤独についてとっぷりと考察して、自分に与えた影響を考えたいと思う。でも作品のテーマは自殺する人が多いことから生と死だと思うんだが、なんで死んでいったのだろうと考えるくらいしか私にはできません。




09 03
2005

書評 小説

『レ・コスミコミケ』 イタロ・カルヴィーノ


0246674900001.jpgレ・コスミコミケ ハヤカワepi文庫
イタロ・カルヴィーノ
早川書房 2004-07-22

by G-Tools

 宇宙創生を井戸端会議レベルで語ればおもしろいんじゃないかと書かれた作品だと思う。ビックパン以前や地球誕生以前に人間が存在したわけがないので、どのように語り手が存在したのか奇妙な話だが、もちろんたんじゅんに人間の想像力のはちゃめちゃさを楽しめばいいと思う。

 宇宙や大昔の生物に興味がある人には楽しめる物語である。宇宙がただ一点に凝縮していたころの話やビックバン、アトムで遊ぶ話、星々のあいだで何億年もかかるプラカードの掲げ合いなど、理科系が好きな人のための物語である。ただし現代人の概念や言葉が頻出して支離滅裂である。もうすこしストーリがメルヘンっぽかったら、アニメにもなれたんだけどなと思う。

 私が気に入った短編としては「恐龍族」で、生き残った恐龍が、新生物に恐龍は伝説として恐れられているけど恐龍とは信じてもらえない話が印象に残った。なにかを暗喩しているのか、そうではないのか。「水に生きる叔父」は陸をめざす魚が恋した彼女に水に帰られてしまうという話である。なにかカルヴィーノは理想の逆説を訴えたかったようである。

 ありえない話を語るという点でこの作品は小説の自由奔放さをとりもどした作品だといえるだろう。宇宙創生をどのように語るのかと気になったのである。日常やリアリズムより、寓話によってよりテーマが明確になったり、おもしろくなったりすることもある。日常のうじうじ小説はもう飽きてきたのである。


09 04
2005

書評 小説

『村上春樹と柴田元幸のもうひとつのアメリカ』 三浦 雅士


4403210805村上春樹と柴田元幸のもうひとつのアメリカ
三浦 雅士
新書館 2003-07-10

by G-Tools

 村上春樹はそれまでの日本文学の流れを変えてしまい、その後の若手作家の多くに影響をあたえた。小説の書き方や作家のライフスタイルといったものだ。芥川や太宰、三島、大江といった流れに村上を位置づけることができない。

 若者の間では80年代は村上春樹で、90年代は柴田元幸だといわれている。なぜ翻訳家が若者のヒーローに祭り上げられたのだろうか、その理由を村上春樹を経由に探っているのがこの本だ。

 私も村上春樹におおいに触発された者としては、謎に迫る前半はかなり楽しめた。ただ私は村上春樹の文学のルーツを探る読書をしたものだが、柴田元幸にいきつく前に社会科学系の読書にいってしまったから、柴田元幸の長大すぎるインタビューは不満であった。

 ヴォネガットやブローティガンはもちろん、ヘミングウェイやスタインベック、世界文学、ピンチョンやバース、バーセルミなどにも村上春樹の影響を探った。でも村上春樹のカッコよさは村上春樹しかいないのだとあきらめるしかなかった。柴田元幸がせっせとアメリカのカッコよさを紹介しているあいだ、私はワケのわからない文学より意味のわかる社会科学の書物ばかり読むようになっていた。

 村上春樹は小説をカッコいい、おしゃれなものにしたのである。柴田元幸はそのカッコよさの源泉を紹介する旅なのだと思う。村上春樹は作家のありようやふるまいも変えてしまった。孤独にマスメディアと関わらないさまがよけいに格好よかった。日本文学の文脈からはなれて、ひとりアメリカ文学に接続してしまったのである。その影響が柴田元幸をとおして、新しい若手作家につぎづきにつたわっているのである。

 村上春樹は完全にアメリカの空気をもっている。羊三部作を読んでいると、アメリカン・コミックを読んでいるみたいな気がする。アメリカのポップ・カルチャーが圧倒的な影響を与えるようになったのは戦後まもなくのことからだと思う。それがなぜいまなのだろう? たぶんそれは高級な文学がまだフランスやヨーロッパの影響をひきずっていたからだろう。村上春樹の登場によって文学にもアメリカの格好よさがようやく浸透したということになるのだろう。

 アメリカが格好いいのは単純に豊かで金持ちの国だからだと言い切っていいだろう。金持ち国家は歴史的にもずっと世界から憧れられてきたのだ。世界中が模倣したいと思うのは世の習いである。村上春樹はいちはやくそのアメリカの空気や雰囲気を自分の中にとりこんであらわれたのだ。そのアメリカの空気や格好よさの源泉を探ろうとする試みが、柴田元幸の翻訳にあらわれているのだと思う。ただし、さいきんの村上春樹はアメリカのカッコよさをどんどん落としてきていっているという気がするけど。


09 05
2005

書評 小説

『どーなつ』 北野 勇作


4150308063どーなつ
北野 勇作
早川書房 2005-07-21

by G-Tools

 この作品世界はまったくなんなのだろう? 電気熊や火星やアメフラシや異星人などが出てきて、メルヘンっぽくてSFっぽくて、ほんわかとした世界をかもしだしている。意味を理解しようとしたけど、どーでもよくなって、たんじゅんにこのメルヘンの世界を楽しむことにした。

 私がまず気になったのはこの作家は村上春樹のメルヘンの世界をつくろうとしたのかということだ。それともSFからメルヘンに脱線しただけなのか。

 この作家のほかの作品のタイトルは、『昔、火星のあった場所』や『かめくん』、『ザリガニマン』などメルヘンや怪獣もののふざけた言葉をつかっている。よくはわからないが、SF界だけの人のようである。純文学では評価されていないのだろうか。

 こういう不可思議で奇妙な世界を描く作家が、純文学で評価されることがよくある。たとえば安部公房や村上春樹、川上弘美、イタロ・カルヴィーノ、ヴォネガットといった人たちだ。この作家はたんなるSF作家なのだろうか。その線引きの基準というのが私にはよくわからない。

 まあ、とにかくこの作品世界の要素は気に入った。奇妙で、メルヘンっぽい世界は、没入するのがほんわかと楽しい。現実を忘れさせてくれる異次元の世界というのは、メルヘンっぽかったら、なおさらひたりたい。ついでに高尚なテーマが潜んでいたら、格好のメルヘン没入のいいわけになるが、けっこう大人のメルヘンっていいなあと思った私でした。てへ。


09 07
2005

書評 小説

『十八の夏』 光原 百合


313795871.jpg十八の夏
光原 百合
双葉社 2004-06

by G-Tools

 「恋愛小説第一位」という帯だったから、買った。違った。これは、なんというジャンル、と思いながら、読んだ。著者はミステリーの作家、らしい。連城三紀彦に近いかな、と思った。主人公が男ばかりだから、著者は男か女か、最後まで、わからずじまいだった。ネットで探した。女性だ。

 花にちなんだ4作品。いずれも、恋愛を軸にした作品だ。年上に焦がれる浪人生、妻に先立たれた男の再婚話、兄貴の片想い、塾講師と教え子、といったものだ。ミステリっぽいラストが、隠し味だ。

 まあ、そこそこ、物語にひたれた。でも連城のような感動や衝撃は、ない。「恋愛小説第一位」なのだろうか。私は、あえていうなら、連城三紀彦『恋文』をあげる。

 ハードボイルドな文体を、もちいてみた。ヘミングウェイの翻訳よりか、片岡義男の文体だ。片岡義男の角川棚は、ハードボイルドに消えた。


google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top