HOME   >>  CD評
06 02
2007

CD評

ZARD 坂井泉水の栄光と苦しみ。

 【お詫びと謝罪

この記事にはファンの方や病気の方などが見られると、不快になる表現や内容が含まれているとの指摘が多数の方から寄せられました。

不快に感じられた人にはたいへん申し訳なく思っています。

記事は削除したほうがいいと思うのですが、貴重なコメントの反応の意味が通らなくなりますので、あえて叱責される記事は残さざるを得ないと思います。

この記事は新聞記事や事実に基づいたニュース報道ではありません。随想やエッセイ、評論のジャンルに属する書き物であって、著者の推察や洞察が独善的・短絡的と思われる推論によって書かれています。随想はその点が自由で抑制がないがために自由な推論をくりひろげたために読者のたいへんなご叱責を買ってしまい、申し訳なく思っています。新聞記事ではないとあらかじめご了解のうえ、この記事に接していただきたいと思います。

タイトルは「栄光と凋落」と当初なっていましたが、この箇所がたいへんにご批判をうけましたので、「凋落」を外しました。凋落という言葉のショッキングな響きに著者の配慮が足りなくて、みなさまにはたいへんなご心痛を与えてしまったことを申し訳なく思っています。


警告】もし記事を読まれるようでしたら、以上のご指摘をあらかじめご了解のうえ、責任をもって読んでください。

私の配慮のない記事のために多くの方に不快感や怒りを抱かせてしまったことにお詫びと陳謝を申し上げます。たいへん申し訳ありませんでした。

03 03
2010

CD評

カセット・テープをUSBでハードディスクに移したい



 みなさんはむかし大量に録りためたカセット・テープをどうしているだろうか。年をとるにつれ、音楽を聴かなくなったり、最新のヒット・チャートなんか見たくもなくなったり、ステレオやラジカセが故障してしまって、まったく聴かなくなっても捨てるに忍びないからそのままという人が多いのではないだろうか。

 わたしはおおよそ260本ほどのカセット・テープが残っている。80年代、FMでエアーチェックした洋楽と邦楽のテープと、CDをレンタルしてダビングしたテープだ。いつかCDに焼きなおしたいと思っていたがそのままだ。ラジカセが故障してしまってほとんど聴いていない。むかし大枚をはたいて買ったコンポは故障してもなかなか修理できなく、音質にこだわらないほうなので故障前提のラジカセで音楽を聴いていたが、CDの修理を二度ほどしてまた故障したし、テープも聴けなくなってきたので、もう電源を入れることはなくなった。

 30年前、カセット・テープの時代が終わるなんてだれが予想しえただろうか。また中学生の自分が音楽を聴かなくなる自分を知ることができただろうか。レコードから安価なCDデッキのチェンジは高校生のわたしにとってありがたいことだったが、テープからデジタルのMDに変わったときはすでについていけなくなっていた。テープをMDに移し変える努力もなせなかった。

 YouTubeの登場は喜んだ。わたしは中学や高校のとき、毎週MTVの番組を見るのを楽しみにしていた。小林克也の『ベストヒットUSA』やサンテレビ(関西圏)でやっていたMTVなどだ。その後テレビで見れることがなくなったが、およそ十年二十年後にとうじのなつかしのビデオクリップを見ることができるのだ。歓喜してなつかしのビデオを見まくった。いまはNonstopTubeで連続して見れるほうを好んでいる。音楽の視聴がパソコンになる時代なんて思いもしなかった。

 いまの音楽の聴き方はどうなっているのだろうかよく知らない。ipodでダウンロードして聴くようであるが、ipadはウォークマン系の出先で聴くタイプだろう。家での視聴もパソコンになっているのだろうか。ハードディスクで聴くようになるとCDやMDのようなパッケージは必要なくなるし、CDデッキやコンポのような音楽視聴専門装置も不要になる。YouTubeで聴くようになると外付けスピーカをつけていると十分に音楽を楽しめるし、パソコンで音楽を聴くことに慣れるなんて思ってもしなかった。専門の音楽再生装置は終わってゆくのだろうか、なんだか感慨深いが。

 カセット・テープだが、いつかCDに移し変えたいと思っていたが、作業も大変になるし、カセットデッキも故障してしまったのでなにもできないまま月日がたち、カセットテープも放置されたままの日々がつづいている。このままゴミとして捨てられるのは忍びない。たまに聴きたいときもある。CD-ROMに移し変えるのは枚数がたくさんいるので、ipodのようにハードディスクに記憶させたほうがラクだし、場所も枚数もかからない。本体のハードディスクがいっぱいなら外付けのハードディスクに移し変えればいいのだ。わたしは250ギガの外付けハードディスクをもっているし。

 USBでパソコンにつないでデジタル化できるカセット・デッキもいくつか出ているようだ。三月の月末の発売らしいが(生産のおくれにより四月下旬に変更らしい。クソっ!)、IONのTAPE.EXPRESSがなかなかいいと思う。七千くらいの安さだし、録り終えたら用済みの装置になるのでウォークマンていどの安いやつのほうがいい。購入してハード移行計画を実行にうつし、しばしなつかしい音楽空間にひたろうかと思う。20年ぶりに中学や高校、大学、社会人のころの音楽環境にひたるのだ。パソコンに移せばずっと聴ける。ただしわたしは本を読んだり、ブログを書いたりするとき、音楽はもううるさくなってきたので、遠ざかってきたという要因もあるのだが。

B0038OLL2QION AUDIO TAPE EXPRESS TAPEEXPRESS
ION Audio 2010-04-30

by G-Tools


B004NGH4HYサンコ- カセットテープをMP3に変換するプレーヤー USSW175A
サンコー

by G-Tools


B002BWBMFWGDI-T2USB Grace Tape 2 USB - Cassettes to USB CRACE DIGITAL AUDIO USB 接続カセットデッキ
CRACE DIGITAL AUDIO

by G-Tools


 つぎのふたつはなんだかなあ。NOVACはほとんど復古調のような無骨なデザインだし、ウォークマンタイプで十分だし、ダブル・デッキももう必要ない。IONで決まりかな。レコードからのUSBもあったが、アマゾンで悪評が書いてあったのでのせないでおこう。そういえば、ビデオ・テープのデジタル化も必要なんだろうが、わたしはビデオ・テープをほとんどもっていない。

B00267ACH6NOVAC USB接続 デジタルサウンドメーカー 【カセット→MP3】CASSETE to DIGITAL NV-CM001U 22961
ノバック 2009-04-16

by G-Tools


B0026IAWDOALESIS デュアル カセットテープ デジタル アーカイバー TAPELINKUSB
アレシス 2009-07-10

by G-Tools



 ついでに外付けハードディスクも紹介しておく。ほとんど一万以下だし、小さいし、パソコン本体の容量を気にしなくていい。たとえばパソコン引越しのときにCD-ROMのように枚数がいらない。活用できるだろう。わたしはI・O dataの平べったい外付けハードディスクをもっているが、記憶装置ってなにかなあと思ってしまう。

BUFFALO ターボUSB機能/省電力モード搭載 外付けハードディスク 1.0TB HD-CL1.0TU2BUFFALO 外付けハードディスク USB2.0対応 1.0TB HD-CN1.0TU2I-O DATA USB 2.0/1.1対応ポータブルハードディスク 320GB(ホワイト) HDPSK-U320


▼関連記事
 80年代のラジカセ物語

12 03
2011

CD評

カセットテープをデジタル化するデッキを買いました

 みなさんはむかし録ったカセットテープをどうしていますか。カセットデッキも故障してしまって、聞かれないまま押入れに眠っているということになっていませんか。

 前々からほしいと思っていたカセットテープをデジタル化するウォークマンタイプのデッキを買いました。4200円ほど。わたしのカセットデッキもつぶれてしまって、CD-ROMに焼きこみたいと思っていたのですが、果たせないまま放ったらかしになっていました。

 電気街でいちど実物を見てみたいと探し回ったのですが、大きな電気店でもほぼとりあつかっていません。アマゾンで買うことにしたら、いま当日お届けの無料サービスをうけられて、午前中までに注文したなら夜にゆうパックで届きました。ただ大阪のアマゾン配送センターは堺の大和川の突端にあり、わたしの家からさほど離れていないので、自分からとりにいったほうが待たずに早かったと思いましたが。

 買ったのはノバックというメーカーのこれ。

B005GLY4T6ノバック USB接続カセットテープデジタル変換機 CASSETTE to DIGITAL Compact NV-CM002U
ノバック 2011-08-26

by G-Tools


 ウォークマンタイプの類似品は二、三千円から売っているのですが、レビューでは酷評が多いようです。わたしはそんなに音質にこだわらないし、音が聞こえればいい、モノラルでなければいい、なにより数千円の出費でむかしのカセットテープを保存できるほどありがたいことはないと思っています。

 じっさいに録音してみると最初は「じーっ」という音が気になりましたが、音楽が入ればさほど気にならなくなりました。ただ数分おきに電波的な「ジジジッ」という大きな音が入るのはかなり気になります。光ファイバーが干渉しているのか、テープの回転動作と関係があるのか、この音はなんとか消す方法はないのかと思いますが。

 再生音はパソコンから聞けません。録音がスピーカーの音と共鳴するからでしょうか。デッキにイヤホンをさしこんで聞くしかありません。(いや、設定直したらちゃんと聞けました。)

 カセットテープをデジタル化するのがこんなに遅れたのはパソコンで音楽を聞くものと思っていなかったこと、一枚一枚CD-ROMに焼きこむのはめんどくさいと思っていたからかもしれません。ハードディスクにまとめて放りこめばいいと気づくまでだいぶ遅くなりました。そのあいだにラジカセは壊れ、YouTubeの連続再生で音楽を聞くことが増え、音楽への情熱が薄れたということもあったのでしょう。

 付属ソフトは残念ながら光学ディスクが壊れてしまっていたので、とりこめませんでした。ただ同様のデジタル化録音ソフトはフリーソフトでも多く出回っているようで、わたしは「SoundEngine」というソフトをダウンロードしました。「♪超録」というソフトやほかにもいくつもあるようですね。曲間を自動的にファイル化してくれるソフトか機能があればいいですね。

 ちなみにわたしがカセットテープに二、三百本録りためた音楽は80~90年代の洋楽がおもです。アランパーソンズプロジェクト、ジェームステイラー、リンダロンシュタット、ドリームアカデミー、フィルコリンズ、クリスデバージ、カーペンターズ、ヴァンゲリスなどをまっ先にデジタル化しました。

 だいたい中学生ころにはFMで音楽をエアチェックし、高校の時にはCDデッキが出てきて、レコードはほとんどもっていませんでした。レコードの死蔵という被害には会いませんでした。CDをレンタルしてカセットテープにダビングしたアルバムが多いですね。このころはカセットテープが聞かれなくなって死蔵してしまって、パソコンで音楽を聞くようになるとは思ってもみませんでした。

 ほかのデッキの同じような商品。アマゾンでの酷評とふつうに録音できたというレビューがあって困りますが、値段相当の商品と思ったほうがいいでしょう。ちゃんとしたデッキやラジカセがある人はそちらからUSBにつないで録音したほうが賢明でしょう。あくまでもデッキがなくて録音したら使わなくなるのだからそこまでお金を使いたくない人向けかもしれません。


【追記】買ってから半年くらいの感想ですけど、百本くらいハードディスクにダビングしたんですけど。。 テープの回転が遅くなりすぎて、ちょっとこれはごまかして聞ける範囲ではないというほど、のろいものになりました。これは失敗と判断すべきですね。もうちょっとマトモなカセットデッキを買ってダビングしなおすべきかもと考えています。



B004NGH4HYサンコー カセットテープをMP3に変換するプレーヤー USSW175A
サンコー 2011-02-17

by G-Tools


B0055WZDFKU-LEX CASSEP(カセッピ) ポータブルカセットプレイヤー USB接続 MP3 WAV デジタル変換 UL-TAPP
ULEX 2011-06-18

by G-Tools


B003W3RA0Aテック USBカセットコンバーター秀音(HIDEOTO)再生専用 HIDEOTO
テック

by G-Tools


B004S0OT3Cデジタルコンバート機能付カセットコンバーター◆SPT-M96【ブラック】
アクセル

by G-Tools


B00267ACH6NOVAC USB接続 デジタルサウンドメーカー 【カセット→MP3】CASSETE to DIGITAL NV-CM001U 22961
ノバック 2009-04-16

by G-Tools


ちなみにカセットテープはソニーのテープをよく使っていました。なつかしい写真です。AHF,BHF,CHFというグレードがあって、ふところ具合や気分によってグレードを変えたものでした。最高級のメタル・テープなんて使えるなんてとんでもないという中学生でしたね。

img_624628_19074804_1.jpg

google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top