HOME   >>  社会哲学  >>  恐怖に縛りつける社会保障
01 29
2006

社会哲学

恐怖に縛りつける社会保障


 私たちは社会保障がなければ、恐怖や不安を感じたり、みじめさやあわれさを感じるようになっている。年金や健康保険がないことはたいそう恐ろしいことなのである。

 そのために私たちは会社に必死にしがみつく。会社にしがみつかないと、医者にもかかれないし、年金ももらえないと恐れている。会社に属することはそういう恐怖をとりのぞくことであり、社会的信用というパスポートを手に入れることなのである。

 そのために私たちはどこまでも会社に隷属しなければならなくなった。滅私奉公や会社人間という言葉が生まれ、「社畜」という悪称まで冠せられることになった。社会保障という人質を会社にとられているために私たちはどこまでも会社に奉仕しなければならなくなったのである。

 社会保障は人びとに恐怖の念を植えつけた。それがないことは恐ろしいことであり、みじめなことなのである。新興宗教が恐怖のマインドコントロールで信者を拘束するように、国家や企業はこの恐怖によって人びとを縛りつけてきたのである。

 国民年金法が成立したのは昭和33年のわずか50年前である。国民皆保険がスタートしたのは昭和36年であり、国民皆保険が完全達成されたのは昭和49年である。国家に健康や老後が保障されたことがいままで一度もなかった人たちはこのわずかな期間のあいだにすっかり恐怖に巣食われてしまったのである。しかも払う額はどんどん増え、払われる額もどんどん減りつづけている。

 その間、企業も社会保障を捨てる動きを加速させてきた。臨時工や季節工などを雇ったり、主婦の労働力をパートタイムにしたり、学生や若者をアルバイトとして働かせ、派遣社員や契約社員として、社会保険料の負担を逃れてきたのである。

 企業は社会保障を早々と捨ててきたのである。そしてそれは時代のズレとなり、国民のあいだに社会保障に与かれる層と与かれない層を生み出した。与かれない女性たちはサラリーマンの夫にぶら下がるしかなかったし、時代が下れば若者たちは親たちにしがみつくしかなくなった。おそらくは国家が国民の保障なんかしない時代には人々はこのように協力しあって生きてきたのだろう。

 私たちはこの社会保障が崩れ去ってゆく時代に生きているのだろう。というか、健康保険にしろ本人負担は一割から三割に増えているし、年金も健保の支払額も増えつづけているし、年金の支給年齢も釣り上がる一方である。はじめから破綻予定であり、脱走する企業や人があとを絶たないねずみ講だったというしかない。

 私たちは社会保障という恐怖に縛りつけられた意識にしっかりと向き合わなければならないのである。カルト宗教にしろ、死後の世界の恐怖に縛りつけた既成宗教にしろ、私たちは恐怖によってだれかに隷属させられるのである。支配と服従の常套手段である。良心的な宗教家ならまずは恐怖から自由にならなければ、社会への隷属から自由になれないと教えてくれることだろう。

 私たちはみずからの心の内なる社会保障の恐怖に向き合わなければならないのである。この恐怖が生涯の私たちの不自由さを生み出し、労働強迫社会を持続させているのである。

 まあ、たいがいの人は恐怖の克服より、安心の不自由さを選ぶだろうけど、私も現実問題としてはそういう選択をせざるをえないだろうけど、私たちは恐怖に釘づけになっていると自覚するだけでも人生の余裕度は変わってくると思う。

 ▼社会保障と恐怖について
アメリカは恐怖に踊る「日本」の終わり―「日本型社会主義」との決別国保崩壊―ルポルタージュ・見よ!「いのち切り捨て」政策の悲劇を199153031.jpg

関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top