HOME   >>  書評 社会学  >>  『ネオリベラリズムの精神分析』 樫村 愛子
09 29
2007

書評 社会学

『ネオリベラリズムの精神分析』 樫村 愛子


ネオリベラリズムの精神分析―なぜ伝統や文化が求められるのか (光文社新書 314)
樫村 愛子

ネオリベラリズムの精神分析―なぜ伝統や文化が求められるのか (光文社新書 314)


 新書としてはかなりレベルの高い書物である。専門書なみである。現代思想の新しい動向、スティグレールやヴィリリオ、リッツァやカストリディアス、ギデンズ、ル・ゴフ、ラッシュ、バウマンといった人たちの思想を紹介してくれる点でたいへんありがたい。どうも私はドゥルーズ、デリダ、ボードリヤール以降の新しい思想家の情報がいまいち入ってこないのである。

 内容のほうは、「社会の流動化が進むことで、社会の「恒常性」が奪われ、長期的展望が成り立たないこと――。これが現在の私たちに突きつけられている問題であり、本書のテーマである」。ということでプレカリテや再帰性や恒常性、共同体などが語られてゆく。

 私としては再帰性や恒常性ってなんだというはじめのところでつまづき、なにが重要で、なにが問題なのか、よくわからないと思った。思想家の紹介はたいへんに魅力的で、刺激に富む論考を垣間見せさてくれて興がのるところもあったのだが、全体になにを問題にしているのかいまいち私にはつかみにくかった。

 思想家の紹介のつぎはぎだけでそれはじゅうぶん価値のある内容をもっていると思うのだが、紹介本のみでは、あるテーマを追究しているという使命感がなく、重要性を感じられないので、このようなテーマをもった本でいいと思うが、そのテーマ自体が読解力のない私にはさらに霧の中に隠されてしまった気分がする。

 まあ、現代思想から遠のいてしまった私としては、思想家の新しい動向を知るという意味で、刺激に富んだ書物ではあったが、紹介された思想家を読みたくなったり、論考に刺激されてそれを考えてみたくなったということはあまりなかった。私にはもうちょっとの本だった。おおくの思想家の論考や分析はかなり興味のひかれるものであったのだけれどね。新書にはこのような思想家の動向を紹介しながら、みずからの思索をおこなうという本がたくさん出てくれればありがたいと思うのですが。


アインシュタイン よじれた宇宙(コスモス)の遺産 情報環境論集―東浩紀コレクションS (講談社BOX) (講談社BOX) 精神分析と現実界―フロイト/ラカンの根本問題 本格保守宣言 (新潮新書 225) ゲーム的リアリズムの誕生~動物化するポストモダン2
by G-Tools

関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top