HOME   >>  社会哲学  >>  若者を排斥する社会の若者バッシング
03 01
2006

社会哲学

若者を排斥する社会の若者バッシング


 本田由紀ほかの『「ニート」って言うな!』(光文社新書)でいわれていることは、若者こそが変動する企業社会の犠牲者なのに、怠けややる気のない若者こそが悪いという風潮が盛り上がることに釘を刺していることである。

 なるほどなである。90年代のバブル崩壊の大不況いこう、企業は若者の新卒採用を控えたり、正社員でないアルバイトや非正規雇用で採用することが多くなった。

 こういう時代に呼応するように若者の凶悪化や犯罪がマスコミの大注目を浴びるようになった。つまりは若者が悪いのであって、企業や社会はなにも悪いことなんかしてません、と煙幕を張っているのである。

 企業社会に属する大人たちが自分たちのやましさを覆い隠すために、若者の悪イメージが流布されるのである。犯罪率は終戦後から高度成長以前のほうがよほど多く、減る一方なのに、マスメディアにハマっている人は「どんどん凶悪事件が増えている」と思わされているのである。

 ニュースというのは今日の事件が人類史上最悪の事件だと思わせて、今日の売り上げを増やし、過去の凄惨な事件をまったく思い出させないのである。そろそろわれわれはこの愚かなからくりから卒業すべきである。

 若者がフリーターやひきこもり、ニートになったりするのは、企業社会が若者に正社員の職を与えないようになったからである。若者に活躍の場を与えず、社会的活動を閉鎖に追い込むのである。そのやましさを大人たちは若者の凶悪化や怠けのせいにするのである。

 企業はもともと営利企業である。不景気になればクビを切ったり、採用を控えるのがとうぜんの経済的行為である。

 しかし日本人にとっての企業のイメージというのは終身まで面倒を見てくれる大家族のイメージである。そういうゆりかごのイメージで戦後の日本人は企業を見てきたのである。だから日本のサラリーマンは滅私奉公や愛社精神をもち、「社畜」や「会社人間」になってきたのである。

 しかしそんなものは高度成長期だけの一瞬の幻想である。社会福祉をしているような顔の企業は、大不況に突入するとたちまち、化けの顔をはがした。若者の雇用を減らし、若者の社会保険をつっぱなし、ゆりかごの中高年だけを過去の経緯と既得権がある以上守ろうとした。

 家族を守るやさしい企業というイメージの不整合のために、社会福祉から見捨てられた若者を見えないものにするために、若者の凶悪化ややる気のなさをプロパガンダに利用するのである。社会福祉が切り捨てられているという現実を見えなくさせるために。

 たしかにバブル入社以前の社員たちには社会主義的発想で守られている。それ以降の大不況期の若者たちにはすでにそんなものを与えられていない。社会主義が終わってしまったということを見ないがために、若者はひたすら叩かれつづけるのである。

 そして世の心理至上主義という風潮とあいかさなって、若者はますます自分自身だけのせいにされるのである。つまりはあなたの心や性格が悪いのであって、社会や経済は悪くありませんということだ。心理学が増長する時代というのは、社会学や経済学に悪の原因をみいだせない、改善の要求がつきつけられない時代になるということなのである。

 マスメディアはほんらいなら社会福祉を捨てた企業をいっせいに非難すべきなのである。しかそれを怠り、ぎゃくに犠牲者である若者の資質のせいにした。

 大人たちは社会主義がこの日本でもようやく終わろうとしていることに気づかなければならないのである。企業が社会福祉を過剰に期待された時代は終わり、企業はほんらいの営利企業としての顔で生存しはじめたのである。

 そのような時代に必要とされるのは企業の人権無視や労働違反に厳しく対処する権力者としての政府なのであるが、日本の政府は企業の大親玉のような存在でしかない。後発途上国として日本は全体で株式会社化されなければならなかったからだ。

 この狭間において若者はどんどんと追いつめられてゆくのである。社会福祉を担わないようになった企業の隙間はだれが埋めるのか。あるいは社会福祉で守られている者たちとの不平等はどう解決するのか。この問題が深く進行し拡大しつづけているのである。

 企業に担わせていた社会福祉の役割が終わろうとしているときに、この問題のすりかえが若者に背負わされているのである。


関連記事
Comment

若者達の答えはいつか…

どうも世界の真実を探し回るノーコメも
ありやです。

少子化という言葉はテレビ新聞ネット
問わず常識のように流されています。
その割りにはこれから生きていく若者
と呼ばれる近年成人した人間を使えない
やらやる気のなさを社会はどうするかと
問題にしている現代です。

弱いものいじめとは普通単に力が弱い
からとかだけでなく学校を卒業したばかり
の人間や将来を悲観しつつも社会の一員
としてニートからフリーター果ては本気で
正社員を目指す若者も少なからず存在する…
弱い立場である人間が相手にボロ吐いて
会社辞めさせられるのを防ぐ為に
話すことそのものを控えている現実を
信じないのでしょうか?

ただ彼らに共通するのはやはり変えたいと
いう気持ちはあっても経験は浅いことです。
かくいう自分が言えるわけではないですが
それを支えるのが大人と言う考えが甘い
と言うのでしょうか?

もっと言うと反論している世間は自分達の
過去を見直したり、そもそも若者はただ
愚かだと単純に決めつけることがコミュ
ニケーションでやってはいけない悪口を
一方的に言う事実だと認識すらしないのか?

現実を知らないとかやる気を見せれば
と語るならば今の社会をもっと広く見て
もらいたい限りです。年だから関係ない
では若者は根本的に向き合わないと
思います。いやそこまで放任されたら
いよいよ引きこもるだけでしょう。

若者を信用できないと考えるのと同じく
若者もここまでどうあがいても変えられ
ない社会を信用できないと考えています。

かなり暴論と扱われかねないコメントに
なりましたが移民政策やら18歳選挙権
やらで国は何とかしようとしてますが
つまり未だに若者の意見というより
国が立ち直ればとあからさますぎてこれ
でいいのかと不安しか残りません。
自由だのゆとりだの言われてももう耳も
貸さない若者も増えるでしょう。
言うこと聞かないとかではありません。
何をやっても無駄だと認め、力も貸さない
だけです。根性論やら感情論と一緒で
日本人有数の真面目さが頑固さに変わった
だけでそうまでして日本は問題だらけと
無言で伝えるだけになるでしょう…

長文失礼


私は学者の端くれですが、それだけにどうもこの記事の「ソース(出典)のなさ」が気になりますね。
そりゃ、ソースを貼りまくって作る学者の論文が、他方で現実感覚を欠いているというのはよくあることですし、ソース貼ればいいってもんでもないですが。
それでも、核心に至る論が単なる私見では、こちらも判断に困ります。

確たる根拠を示さず、強い語気と読者を煽るような口調で強引に攻めていくというのであれば、
ネットに氾濫する根拠のない煽動文や、ご自身がまさに批判されているマスメディアの流す日々のニュースと何が違うというのでしょう?
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top