HOME   >>  恋愛・性・結婚  >>  男らしさが女性を傷つけている
01 18
2004

恋愛・性・結婚

男らしさが女性を傷つけている

なぜ彼は本気で恋愛してくれないのか
ハーブ ゴールドバーグ 角 敦子

023938730000[1].jpg

 ハーブ・ゴールドバーグ『なぜ彼は本気で恋愛してくれないのか』(KKベストセラーズ ワニ文庫)は男と女の違いをまるで手品のように明快に見せていて、どうしてここまで明確にわかるのかと感銘した。

 とくに子どものころから少年に要求される「男らしさ」が、のちに女性に冷たさや無神経さにとられるという指摘は、目の醒める思いがした。男らしさの条件づけがよくありがちなカップルの争いの原因になっているとは驚きだ。覚えておきたい言葉をいくつか引用する。

 「少年のころは、身近な人に頼らない男らしさを見せると好感をもたれました。とくに喜ばれほめられた気質は、自立心旺盛、意欲的、野心的、目標志向、ワンパクさ、責任感の強さ、活発さ、といったところでした。――ところが皮肉なことに、彼を「男らしく」見せていた気質が、将来「無神経」で女性に横暴にふるまう男に彼をしたてあげてしまうのです」

 「男は冷たい「論理」を使い、女は気持ちで「熱く」なる。これが争いのなかでどんどん極端になってゆくジレンマの一部です」

 「男性は傷つきやすさを弱くて女々しい欠点だと考えます。そのため、男らしい男性は冷たく非情にみえます」

 「私生活でのストレスを感じると、男は自分の殻に閉じこもってしまいます。それとは反対に、ストレス状態の女性は、自分から積極的に話をしようとします」

 「男性がしてほしいことを知らせず、困ったときにふさぎこむ傾向があるのは、弱く、依存的で、傷つきやすくなるのがとても怖いからです」

 「成功を可能にする気質がわざわいして、近しい人が遠ざかり、彼の成功を嘆くようになるというのがわかっていない」

 「男性にとって親密でべったりとしたつきあい方は、あまり心地よくなくて、楽でもありません。――妻が、安心するための抱擁、キス、その他の愛情表現を求めてプレッシャーをかけてくると気まずい思いをするのは、愛情を態度で示すのが彼のスタイルではないからです」

 「彼女には、どんなに君だけを愛しているよといっても、じゅうぶんじゃないんだ。一言でも『まちがったこと』『無神経なこと』をいってごらん。1000回いったいいことや安心させる言葉も意味がなくなってしまう」

 「いわゆる恋愛関係には重大なまやかしがあるね。最初はものすごくもち上げられるのに、最後には人間のクズみたいにいわれる」

 「浮気した夫と別れる、別れないにしても、将来裏切らないという約束をとりつける、といった解決法は的外れ。浮気は二人のバランスが崩れていることからあらわれたものだから、そこを変えないと、いつまでたっても同じことのくり返しになる。――パートナーのことばかり気にかかる女性は、セックスにとりつかれた男性と同じように、パートナーを逃げ出させる」

 「彼の論理的で冷静で控えめな態度は、感情が乏しくて冷ややかで、親密になるのを恐れているように感じられる。決断力があり、さっそうと先頭に立つ姿勢は、パートナーを支配したいという高圧的な欲求に変質する。パートナーの気持ちをないがしろにするようになるんだ。彼の自立心旺盛で人に頼らない姿勢は、よそよそしくそっけない態度に変わり、それをパートナーは拒否されて必要とされなくなったように感じる。野心的な目的至上主義と競争心は、関係が進むにつれて、彼をわがままで攻撃的で冷たい男にする」

 「男性は感情を見せまいとするので、冷たく思いやりがない印象を与えます。それだけに、彼女が感情的になると「わけがわからん」と過剰反応を示すのです」

 「あなたはいつだって一人になりたがるのよ。
  君はいつだっていっしょにいたがる。

 あなたってつねに黙っているよね。しゃべりたいと思わないんじゃない?
 君はつねにしゃべっているよ! ぼくに考え事をさせたくないんじゃないか?」

 「論理一点張りの態度を、彼女がよそよそしく拒絶的だと感じているのには気づかない。彼の本心にふれたい、二人がより親密になるために彼にもっと気にかけてほしい、という一心で、彼女はさらに感情的になる」

 この本を読んで驚いたことはやっぱり男らしさとしてほめられる、理性的なことや自立心が、女性には冷酷さや拒絶だと捉えられることだ。無意識にめざしていた男らしさが、女性を悲しませたり怒らさせたりしていたのである。

 男はほんとうに論理的になって感情を排斥しようとするし、会話もムダだと思うようになる。女性は感情を通わせようとしてますます感情的になるし、つながりを欲してますますおしゃべりになる。まるで正反対のことをめざしているバカもの同士である。

 男女の基本的な違いは理解したとしても、さまざまなケースにおいて男と女が心を通じ合わせることは絶望に近いほど途方もないことに思えてくる。しかしがんばるしかないでしょう。感情と論理はどうやったら結ばれるのでしょうね。


だから、彼女は愛される―男がずっと一緒にいたい女 好きな彼に言ってはいけない50のことば―“恋”を育てる会話のマナー 「やすらぎを与える女性」50のルール―“ずっと一緒にいたい”と思わせる魅力 ジョン・グレイ博士の「愛される女」になれる本 男が「大切にしたい」と思う女性50のルール―男はこう考え、女の「ここ」を見ている!
by G-Tools
関連記事
Comment

抗議が相次いだのは、DJ OZMA自身の行動ではなく、後ろのダンサーの女の子達が着ていた衣装。衣装は、女性の裸がデザインされたボディースーツで、視聴者からは

抗議が相次いだのは、DJ OZMA自身の行動ではなく、後ろのダンサーの女の子達が着ていた衣装。衣装は、女性の裸がデザインされたボディースーツで、視聴者からは、『裸ではないか』『子供も見てるのにふさわしくない』などの抗議電話が、番組終了までに250件もNHKに寄せられた。

たしかにアレは凄かったです。
最初見たときは、あれれ?ってちょっと目を疑いました。
OZMAがなにかしでかすんだろうな、と思ってOZMAの所だけ見たら、
まさかあんな演出があったとは…続きはコチラ

http://satanic0104.seesaa.net/
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top