FC2ブログ

HOME   >>  書評 社会学  >>  『ケータイを持ったサル』 正高 信男
05 30
2004

書評 社会学

『ケータイを持ったサル』 正高 信男


ケータイを持ったサル―「人間らしさ」の崩壊
正高 信男

ケータイを持ったサル―「人間らしさ」の崩壊

 売れているようですね。売れているのは地べたに座ったり歩きながら飲食する若者の行動の意味を分析したからだと思う。

 著者はそれを「家のなか主義」といっている。家の外まで私的空間と見なせば、家の中のようにくつろげるし、自由に飲食も座ることもできる。つまり公共空間の拒否で、これはひきこもりも共通していてかれらは自分の部屋だけに私的空間をとじこめてしまったわけである。

 日本の母子関係は公共空間に出てゆく教育をあまりしないという。私もそうだ。公共空間をかなり苦手とする。学校なんかひきこもりみたいなもので、ほかの年齢の人や外集団とかかわることはほとんどない。公共空間に出る訓練がほとんどできないのだ。いや、社会全体が外集団とかかわることを拒否しているのかもしれない。日本の公共空間をつくるということは重要な課題かもしれない。


考えないヒト - ケータイ依存で退化した日本人 天才はなぜ生まれるか 父親力―母子密着型子育てからの脱出 人間性の進化史―サル学で見るヒトの未来 子どもはことばをからだで覚える―メロディから意味の世界へ
by G-Tools
関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。神秘思想、仏教、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

Kindle本、2冊発売中です。

google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
FC2カウンター

Page Top