FC2ブログ

HOME   >>  市場経済  >>  安くなったメガネに驚いた。
09 09
2006

市場経済

安くなったメガネに驚いた。


 CIMG000215.jpg

 私はかなり視力が悪いから、メガネは安いレンズが買えずにいつもメガネには5万円くらいかかっていた。それが今回、スリープライス・ショップで買ったら、たったの一万三千円でメガネ一式が買えて、驚いた。いままでのバカ高い価格はなんだったのかということになる。スリープライスショップというのは五千、七千、九千円のセット価格でメガネが買えるという店だ。

 韓国のメガネが異様に安いことはちらほら聞いていた。7千円くらいでできたそうだ。日本のスリープライスショップの安さの理由は、フレームを中国でつくり、レンズを韓国でつくるからだそうだ。サングラスで千円で売っているのだから、安くできないわけがない。

 いままでメガネ屋は暴利をむさぼっているのだろうか。いままでの店の言い分によると、メガネは医療品だから繊細な技術や経験が必要だとか、職人技が必要だとか宣言している。だけどスリープライスショップの安さの前ではまったく説得性をもたない。ファーストフード方式でできるものだったのである。

 私はモノは安ければ安いほどいい。モノに価値があるとは思えない。自分の貴重な労働の時間を捧げているのである。それに勝るモノなどないと思う。モノの価格によるグレードなんてちっとも信じていない。高ければ自分の価値が高まったとか、まわりが尊重してくれるだのの広告神話なんてアホらしい。モノは私の社会的価値をあらわすのではなくて、あくまでも「機能的な」モノであればいいのである。だからアホらしくて高いものなんて買わない。というかお金がないから買えない(笑)。

 ユニクロもファッションの価格破壊をもたらしたが、たぶんに服に価値はないという宣言をふくんでいるのだと思う。スーパーよりそこそこのセンスがあればいい、ファッションに自分の価値は投影されないということで私はユニクロの安い服を買う。

 メガネはファションであるべきだと前々から思っていた。こんな私でも十代のころは流行にこっていた「ポパイ少年」だったころもあり、メガネは流行を意識してかけてきた。80年代にはセルフレームの丸っぽいボストンタイプや黒ブチの四角いメガネが流行った。90年代にはまん丸や楕円のロイドタイプやオーバルタイプが主流になった。いまは横に細長いメタルフレームが人気だ。TVを見ていると、だいたい流行りのメガネを多くの人がかけているのがわかる。私は老眼鏡のようなメガネをかけたかったので、近いのが見つかってよかった。

 スリープライスショップはメガネのファッション化をもたらすだろう。というか、いままでの高いメガネ屋の値段はなんだったんだと憤慨する。たぶんに日本の円が高くなり、中国などの生産工場が安い価格で急速に発展してきたからだろう。高い値段にあぐらをかいてきた日本のメガネ業界は後進国に衝撃を受けるのである。私たちはこのような中国ショックというものに消費者として恩恵を受け、労働者として打撃を受ける。まちがっても生産者を守る世の中ではなくて、かれらがほかの業種に移りやすい世の中を緊急につくりだすべきであると思う。

 ところで目が悪くなるのは、近くばかり見ているために眼筋が固まってしまったからだと思う。眼球をひっぱる筋肉が硬直して固定してしまったのだ。腕や足の筋肉が緊張したままの状態に近いと思う。だから上下左右の眼球のストレッチが初期には効くと思う。ただし近眼が強くなると、眼球はフットボールのようにふくらんだままで網膜も薄くなっているので、網膜はく離の危険もあるので、慎重さが必要なのがむずかしいところだ。

 ど近眼のおかげで私は18くらいのころから飛蚊症(ひぶんしょう)と長いつきあいになる。視界に蚊が飛んでいるような黒いものが見える症状のことである。これは仏教のこの世の幻をたとえるのにも使われていた由緒正しい?病気である。だいたいは年をとってから起こる。本を読むにも黒い塊がじゃまになったりする。だいたい視界が暗いとき、つまり気持ちが落ち込んでいたりするときには増えたかなと思う。空や光を直視すると、その多さにへきえきする。

 でもいまではだいぶ気にしないことも覚えたし、網膜はく離の恐れもあると医者に脅されて医者に行ったこともあるが、20年くらいたってもなんともならないのでいまはほとんど心配していない。不便なものなので、みなさんは目の健康に気をつけましょう。


関連記事
Comment

それでもまだ高すぎるよ
老眼鏡は100均でも売ってるんだよ?
絶対もっと安くなるってば。
1000円以上は暴利だね。
検眼するだけの専門医の人件費が如何に高いか。
馬鹿らしいとは思わんかね。
何に金を使ってるのか疑問に思ったほうがいい。
俺はメガネに関してだけは、ああここまで
安くなったかーとか絶対思いたくない。
思えない。できんじゃねーか!って感じだよ。
5万円がさんきゅっぱよ?
タブレットPCが3980円まで下がる時代に
まだメガネなんぞという駄菓子みたいな技術
で作れそうなそれも生活必需品に
3980円取るのは鬼の心としか言いようがない。
とりあえず、モノを外国で作ってる時点で
相当安くなってるはず。
眼鏡業界は人をコケにしてるよ。
同胞をエサにしてるところがますます許せませんな。
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。神秘思想、仏教、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

Kindle本、2冊発売中です。

google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
FC2カウンター

Page Top