FC2ブログ

HOME   >>  書評 ビジネス書  >>  『図解「儲け」のカラクリ』 インタービジョン21
08 30
2006

書評 ビジネス書

『図解「儲け」のカラクリ』 インタービジョン21


図解「儲け」のカラクリ―知っておきたい、お金情報103
インタービジョン21

図解「儲け」のカラクリ―知っておきたい、お金情報103

 私は商売や仕事をお金の面から捉えることがあまりない。仕事を会社から与えられて、こなすものとしか考えていない。お金の計算がない。儲けや利益の面から捉える視点ももたなければ。ということでこの本。

 ラーメンやハンバーガーの原価がいくらで、利益がどのくらいだとか、コンビニやファミレスの売り上げがどのくらいだとか、知っているようで知らない商売の儲けが読める本である。

 たとえば聞いたことがある人もいると思うが、コーヒー一杯400円だとすると、豆や砂糖などの原価は80円で、利益は320円である。儲けばかりではなくて、そこには高い家賃などがつくのである。たばこが250円だとすると、140円ほどは税金で、税金を吸っているようなものだ。あとは製造コストや販売コスト、流通マージンがつき、利益は13円。

 コンビニの月間売り上げは約1800万ほど、セルビデオ店は320万円、宅配ピザ店は700万円、マンガ喫茶店は300万などの平均的な数字があげられている。そこから家賃や人件費などが引かれ、利益がのこるのである。自販機は売り上げの10~15%のマージンをうけとれ、一日30本売れるとすると、年間20万ほどの儲けになるそうである。

 私はお金の計算をする仕事にかかわっていないが、仕事や商売をこういうお金の計算から見る必要は、どんな業種でもあると思うのである。でないとインセンティヴが儲けや利益でない部分に行きがちな気がするのである。


図解 「儲け」のカラクリ―知って得する原価の秘密! 図解「儲け」のカラクリ〈2〉「こんなアイデアがあったのか!」編 図解「階級(ランク)」のカラクリ―警察官・僧侶・北朝鮮幹部から、ワイン・宝石・マグロまで格付けの秘密 モノの原価がまるごとわかる!―得するウラ情報の最新版! 図解 業界地図が一目でわかる本
by G-Tools
関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。神秘思想、仏教、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

Kindle本、2冊発売中です。

 

twitterはこちら→ueshinzz

google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
FC2カウンター

Page Top