FC2ブログ

HOME   >>  歴史・地理  >>  『人とモノと道と』 赤坂 憲雄 原田 信男 中村 生雄
10 11
2004

歴史・地理

『人とモノと道と』 赤坂 憲雄 原田 信男 中村 生雄


4000268236人とモノと道と―いくつもの日本〈3〉
赤坂 憲雄 原田 信男 中村 生雄
岩波書店 2003-05

by G-Tools

 列島の交通や交流をのべた本である。水上交通という面から日本列島をながめれば、はるか遠くの地域が古くからつながっていたり、陸での障壁をものともせずに交流や物流が発達していたと思われるのである。

 この本では津軽海峡や対馬、能登、瀬戸内海、琵琶湖、南西諸島、などの交流・流通がのべられていて、列島の人々は古くから活発に結びついていたことがわかる。海は障壁ではなく、人やモノを運ぶ道であったのである。


関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。神秘思想、仏教、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

Kindle本、2冊発売中です。

google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
FC2カウンター

Page Top