FC2ブログ

HOME   >>  YouTubeマイ音楽館  >>  なつかしのJ-POPを見る
05 23
2006

YouTubeマイ音楽館

なつかしのJ-POPを見る


 個人的好みでまたまたYouTubeから懐かしのJ-POPを集めてみました。ほとんどoldjpopさんという方の投稿みたいでご苦労さまです。むかしの唄を探してみたらアーティストとしての名曲よりか、アイドル歌手ばかりだったので、日本の戦後ってそんな幼稚な時代だったんだな~と思います。(画質は悪いです)

【追記】すいません。ほとんど全滅状態です。残っているのは寺尾聡、伊丹哲也、サザン、中森明菜、大塚愛、『太陽にほえろ』くらいです。ユーザーによって消されたみたいですが、消すのならはじめからUPするなといいたいところですが、著作権がらみでしょうか。日本の音楽業界にアメリカのMTVのような広告の考え方はないのでしょう。


 【追記】すいません。ほとんど全滅状態です。残っているのは寺尾聡、伊丹哲也、サザン、中森明菜、大塚愛、『太陽にほえろ』くらいです。ユーザーによって消されたみたいですが、消すのならはじめからUPするなといいたいところですが、著作権がらみでしょうか。日本の音楽業界にアメリカのMTVのような広告の考え方はないのでしょう。

 ×南沙織 - 17才 1971
 アイドルの走りなのか。

 ×天地真理 - ひとりじゃないの 1972
 サビは子どものときに聴いていた。「ひっとりじゃないのー」

 ×浅丘めぐみ - わたしの彼は左きき 1973
 左ききは特別ということか。

 ×チューリップ - 青春の影 1974
 しみじみの名曲ですが、ビデオがズレている。

 ×小坂明子 - あなた 1974
 マイホーム幻想はこうやって煽られたのか。

 ×大田裕美 - 木綿のハンカチーフ 1975
 いいスよね、「都会の絵の具に染まらないで帰って」。

 ×キャンディーズ - 暑中お見舞い申し上げます 1977
 グループ・アイドルの全盛期でしたね。

 ×山口百恵 - 秋桜 1977
 山口百恵は嫁ぐ娘の切なさを背負っていたのか。

 ×山口百恵 - いい日旅立ち 1978
 国鉄(JR?)のキャンペーン・ソングだった。

 ×榊原郁恵 - 夏のお嬢さん 1978
 アイドルだった時代があったなんて。。

 ×石野真子 - 狼なんて怖くない 1978
 国民で美少女アイドルを愛好した時代だった。

 ×久保田早紀 - 異邦人 1980
 評価が高まるなんて思わなかったけどね。

 寺尾聡: ルビーの指環
 「孤独が好きな俺さ」――かなり大人気になりましたね。

 伊丹哲也 & Side By Side - 街が泣いてた 1980
 「まちげないてと~」となにかと思ってました。

 ×松山千春 - 1980
 「女はいつも待ちくたびれて それでもいいと慰めていた」

 ×高田みづえ - 私はピアノ 1980
 研ナオコのほうが味が。。

 ×薬師丸ひろ子 - セーラー服と機関銃 1981
 アイドル爆発の時代だった。

 ×石川ひとみ - まちぶせ 1981
 ユーミン作詞でしたか。

 ×石川優子 - シンデレラ・サマー 1981
 「ええのんか~ええのんか~」 鶴光きいてました。

 ×稲垣潤一 - ドラマティック・レイン 1982
 独特の音楽世界がありましたね。

 Southern All Stars - Miss Brand-New Day 1984
 『ふぞろいの林檎たち』の挿入歌の印象が。画一化への批判がぴりっと。

  中森明菜
 竹内まりやのほうをだんぜん聴きたいけど。

 ×岡村孝子 - 夢をあきらめないで 1987
 のんびりしたテンポがよかったですね。

 ×辛島美登里 - サイレント・イブ 1990
 ドラマのヒット曲が増えてきたころでしたね。

 ×Southern All Stars - 真夏の果実 1990
 ビデオクリップは映画のシーンの挿入があればよく見えた。

 ×レベッカ - フレンズ 1990
 ここらへんからアーティスト志向になっていったのか。

 ×Zard - 負けないで 1993
 そっぽを向いた横顔の写真がよかったですね。

 ×TSUNAMI Southern All Stars
 『未来日記』とのタイアップが当たったのか。

▼付録?
 ×大塚愛 - フレンジャー
 か、かわいい。「だ、だ、だ」が耳にこびりついた。

 『太陽にほえろ』
 もうこんな国民的番組なんて生まれないんだろうな。TVが国民をつくった時代。


関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。神秘思想、仏教、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

Kindle本、2冊発売中です。

google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
FC2カウンター

Page Top