HOME   >>  80年代ロック&ポップス・メモリー  >>  『ライク・ア・ヴァージン』 マドンナ
06 20
2005

80年代ロック&ポップス・メモリー

『ライク・ア・ヴァージン』 マドンナ


B000BDJ1OCライク・ア・ヴァージン
マドンナ
ワーナーミュージック・ジャパン 2005-11-23

by G-Tools

 マドンナといえばスーパースターだし、ヒット曲も何曲も聴いたし、好きな曲もあるし、このアルバムもよく聞いたのだけれど、ゴリ押しすぎるショー・ウーマンの風貌がどうも好きになれないから、ある程度はわれ関せずの姿勢になった。人間的には好きになれないのだな。

 でも、『ライク・ア・ヴァージン』のヴェニスの船の上でくねくねと体をくねらせながら唄っていたマドンナは目が醒めるように美しかった。白い肌に黒い服、金髪のブロンド、真っ赤な口紅、鮮やかすぎるほどにきれいだった。このときの勢いはマドンナの時代の到来をつげていた。

 その前に見たマドンナはヒットチャートの10台をあがってきた『ホリディ』という歌だった。エアロビのねーちゃんがただ踊っているにしか見えなかったのだけどなぁ~。

 私の好きな曲としてはやっぱり『クレージー・フォー・ユー』だ。ゆっくりとしたバラードで、かなり魅力的な曲である。『リヴ・トゥ・テル』も好きである。まあ、私は深いバラードを唄えるアーティストでないと好きになれないのである。

 『マテリアル・ガール』はマリリン・モンローばりに舞台の上を何人もの男に囲まれながら唄っていたが、たしかにモンローの再来に近いものがある。といってもマドンナは根性が悪すぎるようにみえる。こういう根性が悪そうな女がスーパースターでありつづけるアメリカという国は、女性の好みというのがバカみたいなアイドルに熱中する日本の男とかなり違うんだなと思わしめた。松田聖子がアメリカ進出しても受け入れられるはずがないと思った。

 アメリカでもティファニーとかデビー・ギブソンといったかわいいアイドルが流行ったときもあったが、アメリカ人男性の女性の好みってどうなっているんだろうと思うほどマッチョな女性がヒット・チャートに上ったりしている。やっぱり狩猟民族なのか(笑)――というのはウソ。希少価値だからこそアメリカでも強い女はウケるのだと思う。

 マドンナはチャート10位に送り込んだ曲がビートルズを越え、プレスリーの次に並んだそうである。セクシャルな女性だからウケたのか、強い女が求められていたのか、ともかく彼女は攻撃的なショー・ウーマンである。

ウルトラ・マドンナ グレイテスト・ヒッツベスト・オブ・マドンナ~バラード・コレクションTrue BlueMadonnaLike a PrayerRay of Lightトゥルー・ブルー

関連記事
Comment

虚栄の化身

オンナとしては、私のもっとも嫌いな種族にはいる。
マチョなら、世界陸上のほうが純粋でずっと美しい!
マドンナは、アメリカが作り出した虚栄の化身だ。

マドンナは女性としてのかわいらしさや従順さと対極のところにいますね。

それがアメリカで受けた、または多くのファンを獲得しつづけ、長年の人気を誇る理由なんだと思います。

セクシーだけど強い――アメリカの女性はこんなマドンナの姿に憧れて生き方を真似、そして男性たちはこんな女性を待望したのでしょうか。時代や社会がこういう女性のモデルを求めていたといえますね。いわば女性像の革命をなしとげた。

新しい世代の若者たちはこんな女性と付き合わなければならないのかもしれませんね。おお、コワ~ですが(笑)。
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top