HOME   >>  バイク・ツーリング  >>  熊野川の美しさと驚きの十津川村
05 06
2006

バイク・ツーリング

熊野川の美しさと驚きの十津川村


 この三日ほど、原付で野宿ツーリングをやってきました。大阪から出て三重県の津で一泊、伊勢神宮をめぐって熊野浦で一泊、新宮から熊野本宮大社をへて大阪に帰ってまいりました。なによりも熊野川の美しさには魅入られました。また十津川村の山の斜面にへばりつくような居住群には驚きました。

CIMG0052_11.jpg

伊勢神宮の天照大神を祀っているところです。それにしても太陽が日本のいちばんの神だなんて、原初的?

CIMG0093.jpg

二日とも海岸にテントを張りました。不安もありましたが、飛び出るような星の数々と、朝日を拝めたのが感動的でした。

CIMG0125.jpg

熊野川の景色には魅了されました。山が落ち込んだところに広い熊野川が流れ、広大な景観をかたちづくっていました。たまりませんでした。

CIMG0136.jpg

広大な砂州を形成し、たいへん広がりのある景観が開かれていました。

CIMG0141.jpg

江戸時代に蟻の熊野詣といわれたそうですが、このすばらしい景観を見にきたのではないかと思うくらいです。

CIMG00093.jpg

熊野本宮大社です。なんか伊勢神宮にしろ、建物を拝みにきただけって感じもしないでもありません。

CIMG00233.jpg

山の斜面にへばりつくように十津川村の数々の居住群は築かれていました。「よくこんなところに住んだな」って思いました。すばらしい景観です。

CIMG00313.jpg

切り立った山の間を十津川が流れていきます。この広大な景観が川や水の重要性を伝えているのでしょう。

CIMG0037.jpg

真ん中の一本線が吊り橋です。かなり怖いでしょう。

関連記事
google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top