FC2ブログ

HOME   >>  幻想現実論再読  >>  いやな思い出を思い出して叫びたくなることへの根本的解決策
01 17
2020

幻想現実論再読

いやな思い出を思い出して叫びたくなることへの根本的解決策


 だれにでも経験あることだと思うが、いやな思い出がよみがえって、叫びたくなる時の根本的解決策をのべたいと思う。ネットでちょっとググれば、山のように同じ悩みがつづいている。

 突然嫌な思い出がよみがえって叫んでしまい悩んでいる(追記)  はてなブログ
 思い出し奇声してしまう人 ガールズちゃんねる
 過去の悔いを思い出し叫んでしまう私 発言小町
 昔の嫌な思い出や黒歴史がフラッシュバックして「うわあああ!」って  はてなブログ


 じつはこれ、はるかむかしからある仏教が瞑想という方法で、その解除策を教えてきた。

 だけど、こんにち学校で勉強するように、なにより記憶と思考力を鍛えることが学習の最大目的になっている。そのために記憶と思考を駆使しつづけることが最大善だと思うわれわれがみな陥るワナにかかっているのである。

 記憶を強化しているなら、なおさら過去のいやな思い出はよみがえるし、思考することが推奨されているなら、もっとそのいやなことを考えて考え、またそのいやな記憶を脳からひっぱりだしやすくなるだろう。この前提こそを、解除しなければならないのである。

 瞑想というのは、頭の中に流れてくる記憶や思考をぼうっとながめる地点に立つことである。考えたり、その記憶につられたりせずに、ただ流れるに任せるポジションに立つことである。そうすれば、思考は自然に去ってゆき、なくなる。この訓練がうまくなれば、過去のいやな回想にひんぱんにひきずりこまれることはない。


 大事なことは、記憶や思考というものが、私たちの頭の中以外にはどこにも存在しないということを、しっかり理解することである。そんなものは頭の外にはどこにも実在しない。私たちはこの記憶の「実在視」をしてしまうから、いやな思い出に叫びたくなるのである。

 この思考や記憶の「実在視」をやめるということが、瞑想の大きな目的である。いったい思考とか記憶とか、頭の外にあったことがあるだろうか?

 記憶というのは、もう終わってしまった過去を思い出しているだけで、この地球上からは永久に去ってしまったものである。もはや過去はどこにもない。二度と自分の頭の外に見出すことはできないものである。

 この世の時間は一度過ぎてしまえば、永遠にその過去がよみがえることはない。永久に無になる。永久に奈落の底に落ちる。

 ならば記憶とはなんだろう? もう存在しなくなった過去の残像でしかない。もう自分の頭の中以外にどこにも存在しない。まったく実在しなくなったものがわれわれの記憶である。

 そのような過去はたしかにあった。だがこの世のどこにも存在しなくなったものである。われわれはなぜまったく存在しなくなった頭の中の心象に、恥ずかしく思ったり、後悔したり、叫びたくなるのだろう? それはもう亡霊や幽霊のようなものである。あなたは幽霊を信じますか? 信じないとしたら、なぜ恐がる必要があるのだろう?


 われわれは過去を思い出しては、後悔や考え直すことをよしとする習慣にとらわれている。過去をひんぱんに思い出して、あのときはどうだ、こうすればよかっただのと過去を反芻することを成長やよいことだと思っている。その信念や習慣こそが、過去のいやな思い出をいつまでもよみがえらせる一役を買っているのである。

 過去をどこにも存在しなくなったものと見なし、いっさい過去をシャットアウトすると断行すれば、過去の悪夢は襲ってこなくなるものである。われわれ自身こそが、過去の反芻をよみがえらせる選択をしているのである。

 性格であるとか、アダルトチルドレンだとか、発達障害だとか、トラウマだとかいっさい関係ない。私たちがそういう過去や思考を大事にする習慣や態度をもっているからなのである。とうぜんのごとく過去をひんぱんに思い出して、いやな回想の地獄を見るのである。

 私たちは思考や記憶を大事にするあまり、その「実在視」にどっぷりとハマる。過去はもう実在しなくなったし、思考なんて頭の中以外にはどこにも実在しない仮想のものである。

 私たちは思考や記憶を「実在視」するから、その思いに泣いたり、笑ったり、悲しんだりできる。でもそんなものは頭の中にあるだけであって、頭の外にはどこにも実在したことがない。心象や感情の「実在視」にわれわれは陥っているだけなのである。

 思考や記憶なんてどこにも実在しない。そのことがしっかりと実感できれば、数々のいやな思い出もスルーすることができるようになるだろう。

 だが、われわれがこれまで培ってきた心の習慣をかんたんにやめることはできない。瞑想やマインドフルネスの本を読んでもなかなか身につかないものかもしれない。ここで提示したのは基本的な線だけである。あとはあなたの努力しだいである。そして、それはたいそうむずかしい。


▼これまでの心の呪縛を解く方法
 瞑想を理解するための10冊の本


関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。神秘思想、仏教、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

Kindle本、2冊発売中です。

google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
FC2カウンター

Page Top