FC2ブログ

HOME   >>  幻想現実論再読  >>  神秘思想のおすすめ本11冊
01 05
2020

幻想現実論再読

神秘思想のおすすめ本11冊


 神秘思想・精神世界は字面の怪しさや、スピリュチュアルのほかの怪しい本やクズ本があまりにも多すぎて、敬遠する向きがあるだろうが、セラピーの要素を多くふくんでいる点で利用しないわけにはいかない。

 神秘思想は「一なるもの」「大いなるもの」との一体化がめざされる知識技法が表面的なのだが、その過程において、言葉や思考で描かれる世界像の客観視や脱同一化がおこなわれる。すなわち言葉で描く世界から離れる。私たちはこの世界像に埋没しきっていて、客体化をほぼ行わないのだ。その幻想性、虚構性を暴くとき、ひとつの平安や安らかさを手に入れられる。愚かさを知る。

 言葉や思考で想像力を最大限駆使することが、われわれの時代の知性や優越とされる時代である。しかし言葉と思考が描く世界が感情をよびおこし、私たちを苦悩や悲嘆に投げ入れる面も、忘れるわけにはいかないのである。言葉がつくりだす世界はどのようなものか。言葉の描く世界は私たちにどんな歪みを見せるのか。言葉の悲嘆はほんとうに実在するのか。神秘思想は、言葉や思考という乗り物や道具を、あらためて外側から点検する作業なのである。

 私がこれまで読んできた神秘思想のなかから、これはよいというおすすめの本11冊を紹介します。神秘思想というのは、言葉や概念、観念でつくられた世界から離れる、その実在視をやめるということである。






  

 まずはこの本をおいて、瞑想も神秘思想もその必要性がわからないくらい重要な本と私は見なす。思考のメカニズムや、ネガティブに陥る連鎖の連関を分解してくれて、私たちの思考の過ちや愚かさを教えてくれる本である。マインドフルネスや瞑想はこのためにおこなわれるのだと明解になる。私たちは思考を捨てる、思考を流すという方法を知らずに、どこまでも思考で解決し、分析しなければならないという考えをもっている。そのためにどんな苦しい目や愚かな目に会っているか、この本で一目瞭然になる。バカ売れしたコラム本と比べようもないくらい、思考の原理を知ることができて、これをつかまずに思考から離れることができないだろう。


  

 まずは現代の神秘思想家にはどんな人物がいて、どんな思想をもっているか、一望できる見取り図が必要だろう。ハクスリーやアラン・ワッツからはじまって、クリシュナムルティ、グルジェフ、ラマナ・マハラシなどが紹介されている。その思想もくわしく説明されているので、読みたいもの、合いそうなものを選びとることができる。シュタイナーのオカルティストのような怪しい人も紹介されているので、取捨選択も重要になるだろう。神秘思想家がどのようなことを考えているのか、一覧と概要を手に入れられる書である。


  

 クリシュナムルティは、言葉を即座に捨てさせる禅と方向がまったくぎゃくに、言葉と理知を使い、言葉から離れる方法を模索した神秘思想家だといえるだろう。「思考は時間の運動にほかならない」とかいった難解な言葉回しになって面喰うことになるのだが、現代人にはまずは知性的な納得が必要だろう。カタい言葉で言葉のない状態にひきつがれるのは難しいと思うが、言葉での説得こそを現代人は欲するだろう。クリシュナムルティは講話集が多いのだが、この本は書きおろしのようなかたちで語られているので、おすすめ。『自我の終焉』の新訳。


  

 和尚=ラジニーシはあまりにも多くの講和集が出ていて、どの一冊をおすすめできるかむずかしい。だいたいは経典をテーマに語っており、経典から離れて自分の話しやすい方向に流れがちなのだが、この『般若心経』なら奥深い話が聞けるだろう。ラジニーシはゆったりとポエムみたいな口調で語り、なおかつ深みと重みをもつ。冗長すぎて、ゆったりしすぎなのだが、やはり深い思想もかねそなえている。好きな経典や本について語られている本を選べばいいだろう。


  

 ケン・ウィルバーの語り口はひじょうに学術的で、西洋的な明晰な論理に固められている。どこまでも論理の道で説明するスタイルはやはり西洋人の信頼である。東洋の神秘家に足りないのはこの面だと思う。ウィルバーはこの本で西洋の心理学と、東洋の神秘思想・宗教の段階的な接合をめざした。西洋では自我と影の一体化がめざされているのだが、東洋では身体や環境との一体化がめざされているとひとつのスペクトル線上においた。この本においてさまざまな古今の神秘家の引用も多く、展望も概括も広がる。神秘思想は西洋的な説明や論理がやっぱり必要だとこの本を読むと思われる。


  

 言葉や観念から離れるためには、時間の性質を見きわめることがとても大切である。過去や未来について思っていることが、現在にしか存在しないことを理解しないことには、時間の悲嘆から逃れることはできない。エックハルト・トールはその時間の性質をひじょうにシンプルに説明して理解させてくれる。私たちは過去を思い出すが、その過去はもうどこにも実在しないのではないのか。時間は瞬間に奈落の底だ。時間のこのような性質を知れば、私たちが嘆き苦しむ過去はどこにもないことがわかる。過去はもう幻想だ。神秘思想ではこの時間の非実在性をしっかり理解することがとても大切だ。それは言葉や心の非実在性もひきつれてくることになるだろう。


  

 シンプルで、簡明な言葉で語る巨星といってよい人だろう。おそらくは言葉や観念でつくられる世界像から離れることをしきりに説いた人なのだろう。私たちは言葉と観念の世界を離れることができない。醒めた人にとってはその世界は実在ではない。存在しない。しかしわれわれには実在の、どうしようもなくリアルな世界である。このスキマに気づかせようと、マハラジは質問者になんども答えて、質問者は面喰う。見ている世界が違う二人が対し合うとんちんかんさが、この対談集に頻出する。言葉や観念がすっかり落とされたマハラジが、言葉と観念の世界から絶対に出れない人と対し合う。禅の世界ではどこまでもすれ違うが、マハラジの言葉はどこまでも対談者によりそう。しかしそれでも理解できないのがわれわれである。言葉や思ったことが実在すると思いつづけるのがわれわれである。


  

 この本では「想像上の自我」といったものがどのようなものか白日の下にさらされて、その愚かさに気づくことができる。「自我」というのは自己賛美のキャンペーンのことである。さもないとその想像上のそれは、存在する価値を見出せない。だれかに侮辱された、だれかに不当な扱いを受けた、そう思うと自我はあわててみずからの価値上昇のキャンペーンをおこないはじめる。それが私たちが頭の中でずっとくりかえしつづけている「頭の中のおしゃべり」である。自分のそのような経験をなんども恥ずかしく思い出すことができるだろう。自己の価値を守る自我という愚かさを、みずからに突きつけられてあっけにとられる書である。グルジェフがこれをいっていたということだが、どの書に書かれているのか未確認だ。


 

 人類学者カスタネダが見いだしたインディアン呪術師ドンファンの思想を説明した書であるが、簡明にして重要な指摘がたくさんつまっている書である。この本のおかげでカスタネダの本に直接当たらずに読んだ気になってしまう。呪術師が語り出す「トナール」という守護神が、人間の言葉でつくりだす「共同幻想」を意味していると知ることは驚きである。言葉や観念、明晰さ、意味、過去といった人間の知性の過ちがこの本によって驚くほど明解にしめされる。言葉で編みこまれた「世界」を解体することこそが、このインディアン呪術師の仕事だったのである。「履歴を消しちまえ」など日常にも利用できる知恵の書である。


 

 言葉や思考の貼るラベルやレッテルを引きはがす試みをした本だといえるだろうか。私たちは即時にそれをよいものか悪いものか判断し、裁き、変えたり、管理したりしようことをおこなっている。そのおこないこそが、あるがままからの抵抗ではないだろうか。言葉での判断や制御が、世界に亀裂を入れる。言葉で判断された世界は、自我や身体の私、外界や独立した物体の世界像を即座に立ち上げる。色分けも亀裂もなかったひとつながりの世界に、独立したモノ・分離されたモノの世界が立ち上がる。原初のそのような試みを詳細に分析したこの本には驚かされるばかりである。読了後思わず再読したほどの感嘆の書である。非二元と紹介されるこの流れは、ヒンドゥー教が西洋人にバトンタッチされたところに生み出されていると私は捉えている。




 詩的で、あいまいで、象徴だらけの二行詩であるが、かなり深い神秘的次元を言葉にあらわしているのではないだろうか。シレジウスは17世紀ドイツの神秘主義的詩人である。あなたが不安にしている、地獄をつくっているのはあなただといったことや、神は無であり、外に求めれば求めるほどつかむことはできないなど、神秘思想でいわれていることが簡明にして語られている。あまりにも象徴や迂遠すぎるのだが、直接に語らないとこういう表現になるのだろう。




 以上がおすすめの11冊になる。言葉や観念の世界から離れること、神秘思想はかんたんにいうとそれを企図しているように私には捉えられる。

 私たちは当たり前のように過去を思い出しては嘆き、未来を思っては不安になる。だが、時間はこの瞬間に消滅していることを知ると、それらが実在しないことを実感できる。でもその思い出したもの、想像したものはなんなのか。

 それはこの世に実在しないものではないのか。その実在しないものになぜ嘆いたり、不安になったりするのだろう。私たちの思ったり、考えたりするすべては実在しないものではないだろうか。

 私たちはずっと実在しない夢を見ているのではないだろうか。

 言葉や思考で把握するもの――それらはすべて実在しない。自分について思い描くもの、過去の私も実在しないものではないだろうか。日常に思うもの、考えることも、実在しないのではないだろうか。

 私たちが当たり前にとり憑かれている言葉や過去の世界――それを落としてゆくのが神秘思想だ。

 それだけにとどまらず、分離されたモノの世界、身体の実在、誕生や死も打ち消されてゆくのが神秘思想である。このへんになると私の理解を超えている。

 言葉や観念、概念、思考の世界から離れてゆくことが、神秘思想の企図したことだ。神や一なるものとの一体化も説かれるのだが、その手前には私たちが離れられない言葉の幻想の死滅も、意図されている。そこに現代的な利用価値がある。


関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。神秘思想、仏教、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

Kindle本、2冊発売中です。

google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
FC2カウンター

Page Top