FC2ブログ

HOME   >>  人生論  >>  死生観をたぐり寄せる――『日本人の死生観を読む』 島薗 進
09 21
2019

人生論

死生観をたぐり寄せる――『日本人の死生観を読む』 島薗 進



 宗教的な死後観の本を何冊か読んだが、いっさいリアル感がなく、現代人は死にどう向かえばいいのかという点で、近現代の文学者の死生観までとらえたこの本が、読みたかった本にいちばん近い。

 「おくりびと」からはじまって、武士道の死生観、志賀直哉の観察、柳田国男と折口信夫の民俗学的死生観、岸本英夫、高見順の死の考察までとりあげている。いっしゅのガイドブックとして読んだが、やはり近現代に近づくほど、私の興味にちかづく。

 私は死について考えないようにしていたというより、死を身近に感じないために当事者意識をもてずに生きてきた。いつか考えないといけないと思ってきて、母の死をきっかけに、また私も五十をこえたので、死生観をたぐりよせたいと思うようになった。死の処置の仕方がまったくわからない。やっぱり死と有限性の実感を遠ざけてきたというほうが近い。

 仏教の死後観のみならず、柳田国男や折口信夫の描くような死生観も遠くにありて、ひたすら死を個人的出来事ととらえなければならない孤独な世界に、私は生きているといえる。

 ある意味、私は禅的・神秘思想的な言葉と思考の廃棄による安楽の境地をめざしているので、言葉でつむぎだす死の観念にふみこむ必要はない場所にはいることはいる。だけれど、言葉によって立つ場所をまるで放棄する位置にまでつきぬけていない。このふたつの両輪の探究は、ともに手をたずさえることがのぞましいのではないかと私は考える。

 岸本英夫は生死観を四つの類型に分けた。

 一、肉体的生命の存続を希求するもの
 二、死後における生命の永続を信ずるもの
 三、自己の生命を、それに代る限りなき生命に託するもの
 四、現実の生活の中に永遠の生命を感得するもの

 だいたいは二と三の混合物に生きて、三が現代人には優勢になってきているのではないか。死んだらおしまいだから、この生の充実と満喫をめざす。死後観は、現世の生き方を規定する。この人生での充実を限りなくめざす者は、しかしそれが終わるときの慰めと納得の論理を見いだせるだろうか。

 ぽっかりと抜けた死生観に、私に適任の思想に出会えるだろうか。近現代の文学者にさがしたい気持ちがこの本によって起こった。


死の淵より (講談社文芸文庫)死を見つめる心 (講談社文庫)小僧の神様・城の崎にて (新潮文庫)納棺夫日記 増補改訂版 (文春文庫)新版 死とどう向き合うか


関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。神秘思想、仏教、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

Kindle本、2冊発売中です。

 

twitterはこちら→ueshinzz

google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
FC2カウンター

Page Top