FC2ブログ

HOME   >>  幻想現実論再読  >>  ふつうの人の悟り――『わかっちゃった人たち』 サリー・ボンジャース 編
09 14
2019

幻想現実論再読

ふつうの人の悟り――『わかっちゃった人たち』 サリー・ボンジャース 編

わかっちゃった人たち 悟りについて普通の7人が語ったこと
サリー・ボンジャース 編
ブイツーソリューション



 神秘思想の探究は一時停止しているが、この本は気になっていたので図書館で借りた。

 ふつうの人が悟りをどう語っているのかという興味だ。7人の人たちの話が紹介されている。いずれも精神世界、神秘思想の探究はおこなっていて、なにも知らずにいきなり悟ったという話はない。幾人かの師にも会った人が多く、トニー・パーソンズに会った人が多い界隈のようだ。

 だいたいは私もわかる話をしているのだが、いくらかは私にはわからない話もあった。私は知的・概念的に理解している部分が多く、感覚的に悟ったという経験はしていない。そういうぼこっと脱落するような経験をするものなのかな。

「分離という中心的な思い込みの本質がいちどでも見抜かれれば、それで全部です。いちど見抜かれたら、それは見抜かれたということなんです。それでおしまいです」



「もしその頭の中のイメージが消えたら、ここにはほんとうは誰もいないんだということがわかります。僕の場合、まさに文字どおり身体が消えたんです」



「なんてこった!今までなんで気づかなかったんだろう? 何をどうしたらこのつまらないちっぽけな奴と同一化して、ずっともがき続けてこられたんだろう?」

 

 分離とか、だれもいない、身体もないということを、私は理解しているわけではない。このへんの認識が私にはまだ足りないようだ。

 言葉や思考がつくりだす幻想や非実在性ということには、だいぶ理解を増したと思う。過去が存在しないという実感もちゃんともっている。だいたいはこのふたつの認識の誤りを克服することで、悟りには近づけたとは思うんだけど、上記の部分では実感をしっかりもてているわけではない。

 人は言葉と思考というシステムで、この世界の認識のほとんどをまかなってしまう。この思い込みをひきはがすことが、神秘思想のまず最初のステップになる。しかしこの思い込みの強固さと、ほかにオルタナティブがあるという視野の欠落は強固である。この部分をのりこえることが、たいがいの人には思いもしない世界なんだろうと思う。これはそうとう難しい最初のステップだと、つねづね思う。

 ちょっと日常のトラブルとかあって、思考の脱落を願う場面があって、また神秘思想の探究にもどりたい気持ちになってきた。非二元とかアドヴァイダとか最近の動向を追ってみたい気持ちがわいている。トニー・パーソンズ、ダグラス・ハーディング、アジャシャンティティとかいった人たちだろうか。

 神秘思想のさいしょのきっかけの本に出会ってもう二十年になる。リチャード・カールソンの『楽天主義セラピー』なんだけどね。


オープン・シークレット(覚醒ブックス)悟りを生きる ― 非二元へのシンプルなガイド ―(覚醒ブックス)何でもないものが あらゆるものである - 無、存在、すべて -(覚醒ブックス)存在し、存在しない、それが答えだ(覚醒ブックス) (- To Be and not to be, that is the answer - (覚醒ブックス))ポケットの中のダイヤモンド―あなたの真の輝きを発見する


関連記事
Comment

お久しぶりですうえしんさん。突然ですが、ケン・ウィルバーの進化の構造はとてもオススメです。図書館で借りれるならぜひ読んでみてください。アドヴァイタはラマナマハルシとニサルガダッタの2人の聖賢が最も重要な人物だと考えます。ラマナマハルシとの対話三巻シリーズぜひお読みください。ラマナの入門書のあるがままにもオススメです。アドヴァイタは系譜を辿れば、要はシャンカラの不二一元論、世界は幻想である。ブラフマンだけが実在である。ブラフマンは世界であるという非二元の三段論法の体感的理解が重要なテーマです。アジャシャンティー、ガンガジ、バパジも現代的な悟りの解説でまだマシですが、トニーパーソンや、ラメッシバルサカールといったいまをときめくネオアドヴァイタは特にラメッシはニサルガダッタの弟子兼通訳で悟りの一瞥はあったと思いますが、ラマナとニサルガダッタのレベルにまでは至っていないようです。現在、欧米でブームになっており、日本にも輸入されましたが、悟ったつもりになってるだけのケン・ウィルバーに言わせれば人間の意識発達プロセスの前/後の虚偽に囚われている、分裂症患者のようなものです。人間の発達プロセスは、物質身体、微細体、元因体、非二元と一つずつプロセスを経て進化していくのであって、いきなり非二元の解脱には到達不可能です。ケン・ウィルバーも指摘するようにそれぞれの人間の成長段階に適した段階の文献を読み解いていくのが王道です。僕もうえしんさん同様リチャードカールソンの楽天主義セラピー、マインドフルネス、瞑想、思考との脱一化といった、エックハルトトール、クリシュナムルティー、マルクスアウレリウスの自省録、ラジニーシ等を僕も全て読破し、実践し、一歩一歩昇華していきました。次は霊性の段階です。日本なら鈴木大拙も豊富な文献をたくさんだしています。霊性の思想は偽物も非常に多いので注意が必要です。日本の自称覚者には麻原、某幸福の○学とろくな人がいないので、インドのラマナマハルシ、ニサルガダッタといった、故人ではありますが、世界中から評価が確立されている正当な師や、もし英語の文献がお読みになれるなら、ニサルガダッタの師シッダラメッシュウォーマハラジもオススメです。ラマナとニサルガダッタを軸にその周囲の神秘思想家、例えば、マイスターエックハルトやプロティノスといった神秘思想の文献もオススメです。禅は鈴木俊隆による教えの禅の只管打坐の座禅と、ラマナの真我探求、私は誰か?ニサルガダッタの私は在るに留まりなさいの修行を僕は日々しています。うえしんさんのさらなる精神探求の進展をお祈りしています。
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。神秘思想、仏教、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

Kindle本、2冊発売中です。

 

twitterはこちら→ueshinzz

google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
FC2カウンター

Page Top