FC2ブログ

HOME   >>  書評 ビジネス書  >>  同質性をやめよ――『「一体感」が会社を潰す』 秋山進
06 15
2019

書評 ビジネス書

同質性をやめよ――『「一体感」が会社を潰す』 秋山進



 一体感というより、同質性をやめよという本に思えるが。

 だけど、リクルート生の黒一色を見るにつれ、この国の会社はますますの同質性・画一性が本格化しているように思える。

 同質性をもとめて、みんなで同じ列にならんで競争するような工業社会のやり方ではもうダメだ、多様性に向かい、自分たちが自律的に自分の求めたいこと、高めたいこと、楽しいことを求めて成長してゆく、そういった情報知識社会の図式はずっといわれてきたと思う。だけど、日本の組織はあいわらず画一性の競争の下で、あいかわらず失敗しつづけたのだろうか。

 日本の組織の死にいたる病は克服できたのだろうか。この改革意識の大きなうねりを寡聞にして聞かない。教育だって、自律的な方向に変わりつつはあるように見受けられるのだが、集団統制の規律が厳しい固さはずっと残っているように思える。

 多様性の社会では、勝ち負けの価値観や序列づけが意味をなさない。それぞれが自分のやりたいこと、自分にしかできないことに向かって、自律的に多様性の方向にのびてゆくだけである。横一列にならんで競争や勝ち負けを競う意味がない。

 そういう意味でスポーツ観戦の価値観すら、ご一掃されるような価値観の転換が目に見えたというわけではない。だれかと競うような価値観自体が意味をなさないのが、多様で自律的な価値観の社会である。勝ち負けや優劣を測れるという考え方自体が、同質性を基準にした工業社会のみに求められた価値観ではないのか。野球やサッカーの勝ち負けに一喜一憂する価値観自体が、もう終わりゆく工業社会の名残りなのではないのか。

 日本が集団の価値観から、個人や自立の価値観に大きく変貌したという話はまるで聞いたことがない。


組織の盛衰―何が企業の命運を決めるのかパワーシフト―21世紀へと変容する知識と富と暴力〈上〉 (中公文庫)モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか (講談社+α文庫)なぜ日本企業は勝てなくなったのか: 個を活かす「分化」の組織論 (新潮選書)繁栄のパラドクス 絶望を希望に変えるイノベーションの経済学 (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)


関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。神秘思想、仏教、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

Kindle本、2冊発売中です。

 

twitterはこちら→ueshinzz

google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
FC2カウンター

Page Top