FC2ブログ

HOME   >>  YouTubeマイ音楽館  >>  泣ける、感動の恋愛ドラマ・映画のストーリーPV/MV、10名作選
12 29
2018

YouTubeマイ音楽館

泣ける、感動の恋愛ドラマ・映画のストーリーPV/MV、10名作選

 ひさしぶりのYou Tube記事の更新です。

 気に入ったドラマや映画のダイジェストや物語を凝縮したPVやMVって、ものすごく印象に残りますね。好きならなおさらなんども見直したくなりますね。

 いぜんは映画のサントラPVにこのようなストーリー性をともなったものがありましたが、気に入ったドラマや映画なら、あとからも見直して感動をなんども味わいたいですね。好きな物語なのになかったら、もっとプロモーションとして積極的につくってくれと思いますね。

 そのようなストーリーが凝縮されたドラマや映画のPV、MVを集めてみました。

 私の知っているMVは限られていますから、You Tubeの関連動画で質のいいものがほかにないか調べています。そうしたらこんどは初めて見るMVが気に入って、映画やドラマが見たくなり、じっさいに見てみるということもおこるかもしれませんね。それこそ、PVから映画やドラマを見るプロモーションですね。

 感動がなんども甦ったり、新しく知れる物語性のあるMVは、何倍も物語を深く味わせてくれますね。とりあえずはおススメの10曲あげておきますので、ほかは最後の再生リストをご参考に。




 十数回は見てしまった好きな映画のストーリーMVはたまらないですね。このカップルは、最初の出会いが、最後の別れであり、過去を共有できないふたりです。なんど見ても泣けますし、そのときの感情をなんども再体験できます。ただ、このプロモはカバーなので、本家の唄で聴きたいですが。




 個人的にはドラマ史上の最高傑作と思っています。このドラマの後にカズオ・イシグロはノーベル賞をとっていますしね。クローンというかたちをとっていますが、これはいずれ終わりある私たちの命そのものをテーマにした優れたドラマだと思います。その感動がこのMVで甦ります。




 「セカチュー」のストーリーMVはけっこう早くからつくられた部類になるのではないでしょうか。高校生の初々しい制服姿がまぶしいですね。ドラマをそうなんども見る機会はありませんが、この短いMVならなんどでも。




 映画のストーリーを紹介したプロモになっていますが、映画を見た人はもう一度この感動を味わえますし、まだ見たことがない人は映画を見たくなるのではないでしょうか。




 予告動画としてのストーリー・ダイジェストですが、しっかりとPVのかたちもとっていますね。『中学聖日記』のふたりのMVは、ほかにもたくさんつくられていますね。曲とのマッチやどの部分を編集するかで、味わいも変わってきますね。




 『ひまわり』は名作映画とも名作音楽とも名高い作品で、曲を聴くだけで泣けてきますね。戦争未亡人の物語は私たちにはぴんときませんが、曲の悲しみが上回ります。現代ではこのような状況はありませんから、身体はあっても記憶がないようなアルツハイマーのような欠落の物語がつくられたりするのでしょうね。




 初めてこの物語をみたのですが、このエピソードはとても気に入りました。同姓同名のためにクラスからからかわれたり、自転車で紙袋をかぶされて、すねる酒井美紀がとてもかわいいですね。95年の岩井俊二の『Love Letter』という映画で、思わず見てしまいました。このMVはその見事なエッセンス。その年の賞をたくさんとって、韓国やアジアで大ヒットして、小樽の聖地巡りを生み出したようですね。




 『逃げ恥』のストーリーMVはみんな見たかったのではないでしょうか。余韻が残っているころなら、あとからなんども。残念ながら、星野源の曲に乗ったMVは見当たりません(カラオケ版ならありましたが)。




 Misiaの主題歌に乗せた『やまとなでしこ』のMVは、このドラマが好きな方ならなんども見たくなるのではないでしょうか。ドラマって後からこういうかたちで、味わいたいものではないでしょうか。ぜひほかのドラマもつくってもらいたいものです。




 現在の洋画のMVはとても綺麗ですね。『きみに読む物語』のストーリーMV。若いときには青春の物語として見れて、年をとった人には若かりしころの青春を懐古できるような映画ですね。





 ほかのストーリーMVも再生リストに集めています。You Tube画面上でごらんください。現時点で40曲です。感動や感銘をうける名作MVはもっとないでしょうか。あなたの好みの物語を見つけられるかもしれません。




 個人的にもういちど見たみたいMVは、TV版『八日目の蝉』、『Age,35』とか、『プロポーズ大作戦』、『イグアナの娘』とかありますね。主題歌と物語の凝縮をもういちど見てみたいです。


関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。神秘思想、仏教、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

Kindle本、2冊発売中です。

 

twitterはこちら→ueshinzz

google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
FC2カウンター

Page Top