FC2ブログ

HOME   >>  読書  >>  Kindleセルフ出版のわたしのつくり方とぶち当たった壁
08 17
2018

読書

Kindleセルフ出版のわたしのつくり方とぶち当たった壁

 Kindleセルフ出版のわたしのつくり方ケースと困難、ぶちあたった壁などをしるしておきます。

 kindleセルフ・パブリッシングのつくり方は、ネットで調べれば、さまざまな情報がわかるようになっていて、わたしはそのつど課題になった出来事を検索するようにした。ただ数年前と事情がちがっていることも多々あり、現在はもっと簡易になっていることが多い。

 アマゾンのKDPに登録する際、アメリカに税の書類を提出しなければならないというおそろしい情報もあったが、いまはアマゾン内で登録できるようになっている。できるだけ最新の情報にふれるほうがいいですね。

 一連の流れとして、テキスト・ファイルで本文をつくり、でんでんコンバーターで電子書籍のePub形式に直し、Kindleプレヴューアーでチェックし、そこでmobi形式に変換できるようになっている。登録画面でePubでアップできるようになっていたから、もしかしてmobi形式に直さなくてもよかったのかもしれない。


テキスト作成はVertical editorをつかった


 テキスト・ソフトはほんとにどれでもいい。Note padやメモ帳でも軽くていいという人もいるから、一太郎やwordにこだわる必要はないのかもしれない。Tera padがいいという人も多くいたが、これはプログラミングのソフトですよね。

 わたしは原稿用紙形式で、縦書き、章立てもできるVertical Editorのほうが気分が文豪みたいでいいと使ったが、あとでePub形式に直すと、段下げがぜんぶ失敗していて、すべて手作業で直さなければならなかった。もう使わないかもしれない。装飾系はぜんぶでんでんコンバーターがやってくれる。見出しとか太字とか、引用分の指示だけが必要なわけだが。

 Vertical Editorは原稿用紙の大きさだから、一文字の慎重さがちがう。テキストソフトの小さな文字だと一文字の慎重さが欠けるようになるとわたしは思うのだが、些末なこだわりかもしれない。


でんでんコンバーター大活躍


 電子書籍はePub形式が主流のようなので、それに変換してくれるでんでんコンバーターがおおいに役に立った。テキストファイルを投入すると、すぐにePub形式に変換してくれて、チェックと訂正をなんどもして、数限りなくアップしなおすという作業がはてしなくつづいた。

 でんでんコンバーターは、見出しやページ割り、太字などをマークダウンで指定するというかんたんな方法で、ePub形式に直してくれる。見出しは「#」の数で6段階指定できる。ただKindleで表示されるとき、#を四つ重ねてもほとんどふつうの文字と変わらなかったので、三つに変えたら見栄えがよくなった。

 節のタイトルを太文字で表示したかったのだが、Kindleでは太字に変わらなかったので、やむなく見出し#三つにした。Kinoppyでは太字表示されるのに、Kindleでは残念だったが、見出し表示のほうが行間が空いていて、よかったかもしれない。太字指定は「**」だ。

 引用文指定は「>]だけでかんたんだが、引用文中の行間開けには苦労した。行間を開けるには、「br」を「p」要素で囲めばOKだが(ソースコード表示は避けました)、引用文途中ではあいだが開きすぎる。ネットで検索してもなかなか見つからず、ようやく全角スペースひとつで行間を開けられることを発見した。

 PCでは紀伊國屋書店のKinoppyでePubを読むことができるから、このソフトには重宝した。誤字脱字、まちがいには、大きな文字表示でわかりやすかった。

 KindleはPCでは開けないと思うが、KindleプレビューアというPCでチェックできるソフトがある(いまはPC用のKindleが出ていますね)。タブレット、スマホ、Kindle端末の表示ができるようになっている。そこでmobi形式に変換してくれるから、インポートでダウンロードすればいい。いぜんはほかのソフトで変換していた情報もあったが。

 訂正や修正は完成したと思ってePubに変換しても、またレイアウト崩れや誤字脱字が見つかるというはてしないくり返しがつづいて、さいごのさいごに完全完成したと思ってmobiに変換しても、漢字変換を忘れるというまちがいが見つかって、切りがないほどだった。いくらでも見つかるものなので、これは数限りなくくりかえすしかない。


KDP登録はあんがいかんたんだった


 わたしはアマゾンのアフィリエイト・アカウントをもっているのだが、KDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)に登録したときはもう一度、銀行情報を登録しなければならなかった。古い情報ではアメリカの税金をとられないために書類を申告しなければならないというおそろしい情報もあったが、いまでは登録画面において選択するだけになっている。

 KDP画面では、本の詳細と本のコンテンツ、価格設定の項目があるが、できれば本のデータをアップに成功してから詳細を書きたかった。レーベルとか出版社も決められるようだが、思いつかなくて放置。

 本のロイヤリティとか価格設定はむずかしいと思うが、35%と70%の著作料が選べるようになっていて、わたしは70%のほうを選んだ。Kindle90日独占契約のかわりに70%のロイヤリティがうけられるのが魅力だった。無料キャンペーンを五日間設定できるのもこちらだけ。まずは無料で読んでほしかった。そのさい、最低価格は250円という情報があったが、いまは99円になっているようだ。無名のKindleセルフ本はほぼ最低価格に張りつくような相場になっているらしいので、わたしは280円くらいにしようとインプレッションで決めた。

 審査待ちは48時間以内となっているが、ブログをまとめるかたちの本は、権利関係を問われるようだ。わたしの本は書きおろしなので、数時間で出版がされた。出版と同時に無料キャンペーンをはじめたかったのだが、出版後にそれができるようになるので、やむなく先に出版を選ぶしかなかった。


出版までの感慨


 アマゾンの本棚に自分の著作がならぶのは、感動と喜びがあった。どれくらい売れるかはわからないが、長い期間の準備期間をへたあとの成果なので、達成感は大きいものがある。

 本の執筆に三か月くらい、紙本では208ページを書くのにそれくらいの期間がかかり、校正や推敲、電子書籍化には四ヶ月くらいの時間をついやした。校正はなんども読み返すわけだが、できるだけ他人のような目をもつ必要があるわけで、原稿にふれない期間を設けたりした。

 推敲は、わたしは一度書いてしまえば、その文脈の中でもう一度考え直したり、文章をごそっと書き直したりするのは、かなり苦手なようで、手を加えるところは誤字脱字に終始したかもしれない。

 ePub化やその校正でだいぶ時間をとられるところもあるが、完成品を世に提出するわけで、このうむような作業もおろそかにするわけにはいかない。無限に訂正箇所が見つかるような気持ちにおそわれた。とくに段下げの失敗が全文におよんでいたので、それに気づき、直す作業がはてしなくつづいた。

 まあ、ePubのマークダウンの方法を知ってから、テキストを打ちはじめるのがいちばんかもしれない。テキスト・ソフトでの見栄えはあまり関係なく、ePub時の見栄えが最優先になる。


 本を出したい人、Kindleセルフ本の出版を考えている人は、テキスト・ソフトさえ打てれば、ほぼ問題ないといえる。ePub化はそうむずかしいものでもないし、日々改良されるでしょう。訴えたいテーマさえあれば、Kindleセルフ本の出版はすぐそこにあるのではないでしょうか。


関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。神秘思想、仏教、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

Kindle本、2冊発売中です。

google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
FC2カウンター

Page Top