FC2ブログ

HOME   >>  幻想現実論再読  >>  煩悶青年と出会う――『臨済・荘子』 前田 利鎌
05 19
2018

幻想現実論再読

煩悶青年と出会う――『臨済・荘子』 前田 利鎌

4003317912臨済・荘子 (岩波文庫)
前田 利鎌
岩波書店 1990-08-16

by G-Tools


 臨済も荘子もともに好きな思想家だから、岩波文庫だからと手にとってみたが、著者はあとから明治・大正の煩悶青年の系譜に位置づけられる人だと知った。

 東大を出た西洋インテリが禅に救済をもとめた。32歳でこの本を出版し、34歳で急逝したこの人は、西洋インテリが禅や東洋思想にめざめたという驚きをもって迎えいれられたのだろう。漱石門下と関わりのあった人である。昭和14年に岩波書店から改訂版が出て、ベストセラーに近い売れ方をしたそうである。

 明治の国家目標を、曲がりなりにも達成したかのように思われた明治後半、若者には西洋文明や国家にたいする幻滅が大きくおおった。ある若者は左翼運動に走り、ある者は文学や哲学の煩悶青年へとむかった。いずれもそれは西洋文化の範囲内であって、禅や東洋思想にむかうものは、少数だったのだろう。

 その西洋対東洋の対立は、禅や東洋思想の見直しや復興となり、アジア主義や日本主義のイデオロギーへと収斂し、大日本帝国のイデオローグとして呑みこまれていった流れもあったのだろう。どちらかというと、この本はその内容より、著者が生きた時代背景のほうが、興味そそられるものであったかもしれない。

「見よ、哲学者の甘言によって、迂遠なる概念の世界に誘惑せられた青年の生命が、いかに現実世界における活発な弾力と燃焼性とを消失してしまったかを。

…迂遠なる論理思索の礼賛をやめて、強壮な意欲を奪回すると共に、再び古代人の自由人のように、大地を踏みしめて行く力を育まんことを欣求する」



 臨済や荘子は、だれかの解説を読むより、原書(もちろん現代語訳)を読んでもじゅうぶんに益と得るものがあるものである。解説に頼らないでも、原書のほうがじゅうぶんにわかりやすい内容が書かれている。

 この本はまあ、わかりやすくなるというよりか、一青年が禅や東洋思想の解説と理解に挑んだ軌跡を見せられているという面のほうが強いかもしれない。

 漢文や読み下し文がそのまま多く多用されていて、その教養が弱いわたしには、意味を損ねることも多かった。言い回しも難しいスノッブな言葉を連ねることも多い。禅や東洋思想は、わたしなりの読解や理解もあるので、この人の領域とはすこし異なる世界を見ているかもしれないと感じた。

 この本を読んで、いがいなところで煩悶青年や右翼、戦争国家へのエポックと出会ってしまった感じがした。西洋対東洋の対立は、戦争国家へのイデオロギーへと転嫁していった流れもある。右翼国家への道にこの本は位置してしまったのだろうかという興味をもった。


臨済録 (岩波文庫)荘子〈1〉 (中公クラシックス)煩悶青年と女学生の文学誌-「西洋」を読み替えて文学熱の時代―慷慨から煩悶へ―日本とアジア (ちくま学芸文庫)


関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top