FC2ブログ

HOME   >>  幻想現実論再読  >>  がっかり――『ナラティブ心理学セミナー』 ミシェル・L.・クロスリー
04 14
2018

幻想現実論再読

がっかり――『ナラティブ心理学セミナー』 ミシェル・L.・クロスリー

4772411011ナラティブ心理学セミナー―
自己・トラウマ・意味の構築

ミシェル・L・クロスリー
金剛出版 2009-10-06

by G-Tools


 「言葉が現実をつくる」という社会構成主義から発展したということで、ナラティブ・セラピーについて興味をもって読んだのだが、言語を基礎に立脚した禅や神秘思想とぜんぜん違うところに向かっていて、がっくりときた。

 禅や神秘思想は、言語の徹底否定や滅却をおこない、物語や現実を虚偽や迷妄としてしりぞけ、それらの仮構の世界がなくなったあとの安楽や一体感を説く。言語が苦しみを仮構するのだから、それさえなくなれば、安心安寧の世界がひろがるというのが、禅や神秘思想の立場だ。しごく単純といえるすじ道である。

 社会構成主義もナラティブ・セラピーも、言語の構築という立場から理論を立ち上げるのだが、言語の滅却には向かわずにひたすらナラティブ(物語)へと寄り添う道は手放さないようだ。

 言語はたしかに、社会的な制度や基準といった社会の基盤を維持している土台である。もしそれらがなくなれば、制度も基準もなくなるという恐れがあるのだろう。

 だが、物語が人を苦しめるなら、なぜ物語を滅却させようという一直線の方法をとらないのだろうか。この本では応用編として、性虐待者やエイズ患者のナラティブが語られる。あくまでも言語が構築する物語を手放そうとしない。

 禅や神秘思想の立場では、そのような物語を語ること自体が苦しみを創造するのであって、それすらも捨てろというのだが、このナラティブ・セラピーはポストモダンをへた思想であるはずが、まるで近代のフロイトの精神分析に戻るかのようだ。傷をふたたびえぐり出すような記憶の想起が、ふたたび人を感情的に苦しめるという認識にどうして到らないのか。

 西欧では、言語を手放すことの禁忌が強力にはたらいていて、言語なき世界は想像すらもタブーがかかっているのかさえ思えるほどだ。そのことによって、東洋的な安らぎの境地は、うかがい知ることもできない。わたしはたとえ強力な宗教的禁止が入っていようが、一足飛びで言語滅却の安心の境地にたどりつきたい。

 もう少しナラティブ・セラピーの可能性を探ってみるかも知れないが、早くにその動向を手放しそうだ。


ナラティヴ・セラピー・クラシックス―脱構築とセラピーナラティヴ・セラピー──社会構成主義の実践心理学とポストモダニズム―社会構成主義とナラティヴ・セラピーの研究ナラティヴ・セラピーの冒険物語としての家族[新訳版]


関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。神秘思想、仏教、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

初のKindleセルフ本、発売中。他人に感情を振り回されてばかりいる人、過去を後悔してばかりいる人、必読。長年の習慣から解放される心理セラピー。



twitterはこちら→ueshinzz

google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
FC2カウンター

Page Top