FC2ブログ

HOME   >>  幻想現実論再読  >>  ブラフマンとの共通点――『神を観ることについて』 ニコラウス・クザーヌス
10 27
2017

幻想現実論再読

ブラフマンとの共通点――『神を観ることについて』 ニコラウス・クザーヌス

4003382315神を観ることについて 他二篇 (岩波文庫)
ニコラウス・クザーヌス
Nicolaus Cusanus
岩波書店 2001-07-16

by G-Tools


 神秘思想は世界共通のことを語っていたのだと思う。文化や表現のしかたによって、あらわれ方が異なっている。そういう立場をとったのは、ケン・ウィルバーや井筒俊彦だろう。

 キリスト教というのは、人格神を前面に押し出しており、仏教とはまた異なる表出の仕方をしている。仏教は空や幻想を説き、虚妄から離れることを説くのだが、キリスト教は神への信仰や帰依をおもに説くようになっている。仏教からすれば、虚妄を説くことの難しさをあきらめて、信仰から悟りへと近づかさせる手段をとったように思えるのだが。

 神秘的詩人としてのシレジウスの瞑想詩集は、神や愛などの表現が、仏教言説とかなり異なるのだが、比喩がちがうだけで、同じようなことを語っているのだという読み方ができる。

 このクザーヌスもそういう読み方を期待してためし読みしてみたのだが、かなりのところ、撃沈である。

 神の無限性や表現のできない性質は、インドのブラフマン概念とおなじことを語っていると思うのだが、この論理性をかみくだいて理解するのは、かなり難しい。ソーカル事件のように、それらしき言説をならべたレトリックとさえ疑いがもたげるほどだ。

「私が極めて高く引き上げられる時には、私はあなたを無限性として観ます。それゆえに私はあなたを、近づくことができず、理解できず、名付けることができず、多重化できず、観ることができないものとして観るのです。

知性がどうして無限性であるあなたを把握できるでしょうか。知性は、自分が無知であることと、無限性であるあなたが把握されることは不可能であることを知っています。

なぜならば、知られえないものが知られ、観られえないものが観られ、近づきえないものが近づかれる場合のみ、あなたが知られうるものであるということを、知性は知っているからです」



 インドの宗教書『バガヴァット・ギーター』に書かれたようなブラフマン神と、共通のことを語っている。キリスト教の神秘思想が、インドの宗教神とウロボロスのようにつながっているのである。

 しかし、ここに書かれていることの論理性はかなり把握がむずかしく、わたしの手には負えなかった読後感がのこった。


 あと小編が二編収録されているのだが、『オリヴェト山修道院での説教』は、あたらしく修道院に入った若者に規律をしめす説教であるが、上長への従順が説かれており、自我の放下としては理にかなっているのだろうが、それが集団や組織に奉仕させられるときは、危険な教えだと思った。

 この説教を聞かされた若者は、弱さによって鞭打たれて天国の旅立ったことになっている。これを美談に回収してしまうところが、恐ろしい。


バガヴァッド・ギーター (岩波文庫)シレジウス瞑想詩集〈上〉 (岩波文庫)霊操 (岩波文庫)エックハルト説教集 (岩波文庫)学識ある無知について (平凡社ライブラリー)

関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top