FC2ブログ

HOME   >>  幻想現実論再読  >>  ありえた過去=思考の囚人――『時間ループ物語論』 浅羽 通明
10 01
2017

幻想現実論再読

ありえた過去=思考の囚人――『時間ループ物語論』 浅羽 通明

4800300185時間ループ物語論
浅羽 通明
洋泉社 2012-10-25

by G-Tools


 わたしたちはなぜタイムリープ物語や時間ループ物語が好きなんでしょうかね。

 発売されたときから気になっていた本で、2012年に出されているが、ようやく読む機会を得た。

 ここで時間ループ物語というのは、同じ時間をくりかえす『恋はデジャ・ブ』や『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』や『涼宮ハルヒの憂鬱 エンドレスエイト』、『リプレイ』などの作品で、過去に帰る物語として、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』や『ターミネーター』、『時をかける少女』、『戦国自衛隊』などは対象ではない。

 ありとあらゆる時間ループ物語がとりあげられていて、見てない読んでない作品もたくさんあると思うので、あらすじを読むだけでは楽しめますよね。

 この考察が出色なのは、さいきんの作品だけではなく、同じ過去をループした物語の起源や古典を探ったことだと思う。『ファウスト』や輪廻転生、民話や浦島太郎、シジフォスの神話まで考察をひろげて、同じような思考の類型をもとめてゆく。

 最後の章のほうに、漱石の高等遊民論が出てくるので、同じ時間がえいえいとくりかえされるのは、直線的に成長してきた時間が終わり、成長も目的もなくなった「終わりなき日常」のような円環的時間に閉じ込められている気持ちがひろがってきたからだと見る。

 これはモラトリアム論やニート、ひきこもりのような近代的成長の拒否や逃避だという結論がみちびきだされたのだろうね。漱石の主人公たちは、恋が成就して生産や責任の重荷から逃避しようとしている。近代的成熟の拒否や逃避が、時間リープ物語に希求されているのかもね。

 わたしとしては、思考や回想はいくらでも過去に帰られるが、この世界は時間の一方向の流れから逃れられない、思考のあがきに思えるのだが。過去は頭のなかではいくらでもああでもない、こうでもないと可能性やありえた選択を思考できる。しかしこの世界の時間性からは絶対に逃れられない。思考は永遠に後悔や悔恨をループしつづけるが、現実の世界は時間性から絶対に逃れられない。わたしたちは、思考の牢獄に閉じ込められているだけなのかもしれない。

 「デス博士の島その他の物語」というジーン・ウルフの作品のなかで、デス博士は主人公にこういう。「だけど、本を最初から読み始めれば、みんな帰ってくるんだよ。ゴロも獣人も」「きみだってそうなんだ。タッキー。まだ小さいから理解できないかもしれないが、きみだって同じなんだよ」

 物語は、読みかえすたびに、現在に生起する。これは過去だって、そうではないでしょうか。過去は思い出すごとに現在に甦り、わたしたちにあたかも現前にくりかえされているごとくに、悲しんだり、嘆いたりする。過去は、現在に生起する。

 しかし、それは現実にあるかのように見えて、過去の終わったことである。わたしたちは、幻やイリュージョンを現在あるかのごとく捉えて、感情することができる。過去のこのような認識のありかたは、そのまま物語の読解能力と重なる。

 つまりは、存在しない過去=創作物語を、現実に存在するかのように感情することができる。わたしたちは、こうやって存在しないものを現実に目の前にあるかのごとく思う認識能力をもっていて、そんなものはどこにも存在しないのではないでしょうか。

 わたしたちは過去の後悔や悔恨をかかえて、いくらでも過去を思い出し、くりかえし再現できることができる。でもほんとうは、そんなものは、もうどこにも存在しないのではないでしょうか。

 わたしたちは、存在しないものをいくらでも現在に生起させて、身悶えしているだけではないでしょうか。わたしたちは、存在しない思考というものの可能性や想像力の牢獄に閉じ込められているだけではないでしょうか。

 禅や神秘思想のように、無思考、無思量という選択肢を、われわれはとりえない。そのことによって、思考の無限ループにわれわれは囚われているのではないでしょうか。


▼著者が参考にしたサイトです。
 古今東西時間ループもの一覧 サイコドクターぶらり旅

恋はデジャ・ブ (字幕版)うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー [DVD]リプレイ (新潮文庫)涼宮ハルヒの憂鬱(2009年放送版)秋の牢獄 (角川ホラー文庫)宵山万華鏡 (集英社文庫)ファウスト〈1〉 (新潮文庫)それから・門 (文春文庫)時間の比較社会学 (岩波現代文庫)


関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。神秘思想、仏教、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

初のKindleセルフ本、発売中。他人に感情を振り回されてばかりいる人、過去を後悔してばかりいる人、必読。長年の習慣から解放される心理セラピー。



twitterはこちら→ueshinzz

google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
FC2カウンター

Page Top