HOME   >>  幻想現実論再読  >>  まずは言語的懐疑から――『コスモスとアンチコスモス』 井筒俊彦
09 07
2017

幻想現実論再読

まずは言語的懐疑から――『コスモスとアンチコスモス』 井筒俊彦

4766420799コスモスとアンチコスモス
一九八五年 ― 一九八九年(講演音声CD付き)
(井筒俊彦全集 第九巻)

井筒 俊彦
慶應義塾大学出版会 2015-02-17

by G-Tools


 神秘思想をイスラームなどの世界的視野で読み込み、学問的水準で読み解き、また言語的フィルターに懐疑のまなざしを向けつづけた人は井筒俊彦しかいないと思って、拾うように全集も読もうかと思っているのだが、言葉使いがむずかしいこともあって、あまり得るところがなかったかな。

 この人はこんにち的な文脈でいえば、スピリチュアリストとよばれてもおかしくない神秘主義者なのであるが、岩波文庫に『意識と本質』が収録されているように、学問的にも認められているようである。

 岩波文庫は世界の宗教書や、禅の西洋的解釈の西田幾多郎の本も収録しているように、宗教にかんしては、寛容のようである。学校やテレビのように、科学対宗教のたんじゅんな二元論に落とし込まない。

 神秘思想は、神や超越者との合一を説くのだが、その以前に言語的懐疑が貫いている。言語というフィルターを外した世界はどのようなものか、また言語がつくりだす人間の苦悩といったものが実在しないのではないかといった人間の根源のありかたを問う。

 われわれは言語というフィルター、道具を無自覚に使うために、さまざまな苦悩をわざわざ「創作」して、それを「実在」のものとカンチガイしているだけではないのか。

 そういった言語使用の過ちや錯誤を指摘しているのは、神秘思想だけである。神との合一といった怪しげなものは、脇においておくほど、神秘思想は重要な人間の根源的なありかたを問うているのだと思う。

 この本に収録されている論文の中でいちばん気になったのは、「創造不断」という章だが、ちょっと言葉がむずかしすぎて、深くつかめたとはいいがたいのがおしい。

「いつでも、永遠不断に、時は「現在」として熟成し、その度ごとに存在が新しく生起していくのだ。瞬間ごとに新しく生起する存在の連鎖は、切れ目のない時間の連続体を構成しない。一つの現在が次の瞬間に、一つの存在生起が次の存在生起に移る、その移り目に、すべては、一度、無に没落しなければならないからだ。たとい、その無の間隙が、目にもとまらぬ速度で起るとしても、である。このような存在・時間の脈動するつながりを、イブヌ・ル・アラビーは「新しい創造」(「創造不断」)と呼ぶのである」



 存在が一瞬ごとに無になり、その無の中から一瞬にして新しく生成してくる。このような世界観、時間論を、井筒俊彦はイブヌ・ル・アラビー、道元の言葉を借りて、語るのである。わたしにはとうてい、つかみがたい。

 「コスモスとアンチコスモス」という論文は、1987年ころの現代思想のブームをとりこんだような言説で、丸山圭三郎の世界観と近いことを語っている。言語的秩序とその解体が現代思想的ブームの渦中にあった。

 ほかにサルトル哲学との出会いや、エリアーデ追悼の文などが興味をひいた。イスマイル派の暗殺団については当時の時事的状況だと思って、読み飛ばした。

 わたしは学問的探求より、この世界や自己のありようをもっとセラピー的な要素でくみとりたいので、たまに井筒俊彦の問題意識と重ならないなあと思うけど、図書館で全集を読めることもあって、つぎはどの本に手を伸ばそうか。


スーフィー―西欧と極東にかくされたイスラームの神秘ルーミー 愛の詩言葉とは何か (ちくま学芸文庫)存在認識の道―存在と本質について (1978年) (イスラーム古典叢書)井筒俊彦 (言語の根源と哲学の発生 増補新版)


関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top