HOME   >>  幻想現実論再読  >>  言語否定としての神秘思想――『超越と神秘』 鎌田 繁  森秀樹編
07 23
2017

幻想現実論再読

言語否定としての神秘思想――『超越と神秘』 鎌田 繁  森秀樹編

255556.jpg超越と神秘
―中国・インド・イスラームの思想世界
(宝積比較宗教・文化叢書)

鎌田 繁  森秀樹編
大明堂 1994-03

by G-Tools


 中国、インド、イスラームの神秘思想を、それぞれの思想研究者が検討したいくつかの論文がおさめされた書。

 図書館ではカバーなしの新刊書店で見かけないような体裁でおかれていたが、箱カバー本なのね。

 神秘思想というのは、超越者や絶対的な存在との合一体験だといわれているのだが、言語フィルターの解除という側面を捉えるほうが今日的感性としては、より受けいれやすくなるのではないだろうかと思うのだが。

 唯識学者の横山紘一の「言葉で語れないもの」がいちばんよかったのだが、神秘思想という言葉はミステリアスなニュアンスが強く、言語的側面を強調するほうがより健全に捉えられやすいだろう。

「その言葉で語れないものを知らないからこそ、自我を立て(我見)、自我を誇り(我慢)、自我を愛する(我愛)ことになる。しかし自我を立てること以上に、「有」と「無」という言葉を発して、存在するものを実体的に捉えてしまうところに、最大の、そして究極の問題がある。

では我々がそこに帰りいくべき世界とは、どのようなものであるのか。それは、繰り返し述べたように、「言葉で語れないもの」である。なぜなら言葉で語ったものはすべて仮なるもの、虚偽なもの、真実でないものであるからである。仏教は、その開祖・釈尊自身からして、「言葉によって形成された世界」を戯論とよんで、その虚妄性を、また人間の言葉を用いた思考を「分別」とよんで、その働きの虚偽性を強く主張した」



 いまのわたしは、言葉の虚偽性より、実在しないことの驚きにとらわれているのだが、言葉であらわす世界が存在しないことの追求のほうがもっと大事に思える。

 人間は、実在しない世界を言葉によって補っている。その壮大な様は、そこまでだまされていたかという感がする。過去であったり、目の前にない通過してきた場所や空間、そして過ぎ去った自分の行為や業績、出来事。それらすべて言葉や記憶で補うものは、もうどこにも存在しないものなのである。

 この存在しなくなったものをあたかも現実にあるかのごとくに捉えるから、人間は求める方向をまちがったり、存在しない虚構の悩みや苦悩に囚われる。神秘思想はこのことを語ってきたのではないのか、合一思想以上にと思うのだが、合一思想は神の崇拝や服従性を増してしまい、やっかいな禍根をのこすのではないかと思う。

 インド思想研究者の宮元啓一は、原始仏教や部派仏教までは、合一思想、神秘主義ではないといっている。インド思想はブラフマンやアートマンとの合一を説く思想が主流なのだが、初期仏教はただ現世の苦悩からの解放だけをもとめたのだろうか。

 このインド思想のパートのほかに、中国、イスラーム篇があるのだが、イスラーム篇では天使的存在との邂逅といった論もあり、よくわからない世界であった。イスラーム思想なら井筒俊彦に学ぶべきだな。

 ほかに「超越:他者を見捨てて何処へ?」の丘山新の論文も興味をひかれて、インドの現世否定と中国の現実肯定の対比がおもしろい。老荘のタオはインドのブラフマンとひじょうに似ているのだが、インドでは解脱や合一がめざされ、老荘では現実の再肯定として用いられたと著者はのべる。中国は現世主義、現実主義なのである。日本では現世からの超越という背景はないね。


神秘主義 (講談社学術文庫)合理的な神秘主義‾生きるための思想史 (叢書 魂の脱植民地化 3)20世紀の神秘思想家たち―アイデンティティの探求 (Mind books)スーフィー―西欧と極東にかくされたイスラームの神秘ユダヤ神秘主義 〈新装版〉: その主潮流 (叢書・ウニベルシタス)


関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top