HOME   >>  幻想現実論再読  >>  過去は電車の隣の駅?――『不在の哲学』 中島 義道
07 15
2017

幻想現実論再読

過去は電車の隣の駅?――『不在の哲学』 中島 義道

448009721X不在の哲学 (ちくま学芸文庫)
中島 義道
筑摩書房 2016-02-09

by G-Tools


 中島義道は、客観的世界像の崩壊をもくろむ哲学者である。

 そういった世界観の崩壊の果てにある「無」に安心の境地を見いだした人である。これはまったく禅や仏教の立場なのであるが、中島義道はさいしょからさいごまで西洋哲学の道を手放さない人である。

「世界は絶えず消えていく。

…広大なシベリアは刻々と消えていくのだ。いや、地球も、太陽系も、銀河系宇宙も、まるごと崩壊していくのだ。

…私が数時間前にそこから飛び立った成田空港はいまはまるごと消えてしまって「ない」。そして、やがて私が到着するであろうシュベヒャート空港もまったく「ない」。私はいま無と無のあいだを飛んでいるのだ」

――『人生に生きる価値はない』



 かつて『時間を哲学する』という新書によって、過去が奈落の底のように深淵に呑みこまれてゆくという記述によって、わたしの過去の非実在感を深くすることができた。

 仏教や神秘思想を読むことによってそれを知ることも可能であるが、あいまいで明確に語らないそれらに比べて、西洋哲学はなにからなにまで説明しようとするスタイルをもち、ぎゃくにそれが深い理解の助けになるし、客観的な理解も可能にする。

 東洋宗教は主観的な体験や気づきを重視するあまり、客観的にはそれはどういうことなのかという説明が弱い。ために理解も深まらない。そういう欠点を補う意味で、西洋哲学は気づきの一撃をあたえる一文に出会えることが期待できる。

 という期待でこの本を読み始めたのだが、あまりにむずかしすぎて、わたしには議論の内容がほとんど頭に入ってこなかった。

 それこそ、禅の公案のように「クソベラな議論だ」と一喝したいくらい、無益な議論をしているように思えた。

 もっともこれは西洋哲学のメインストリームである認識論や時間論をやっているのだろうが。

 ほぼ収穫がなかった本書であるが、つぎの一文にはひざを打った。

「過去の出来事は、世界から消え去ったのではなく、時間という直線上を運動しただけであり、現在から過去という場所に移行しただけなのである。
…こうして、不在が消え去り、それぞれの時点において現在するものだけから成っている世界、それが客観的世界である。

過去の出来事は「すでにない」のだが、ちょうど過ぎ去った電車が隣の駅に「ある」ように、「過去」という場所に<いま>依然としてある。それは、現在という場所ではない別の場所である」



 われわれは時間を電車の駅のように認識しているのではないだろうか。隣の駅はずっと実在しているはずだと思っている。

 しかし赤ん坊のように目の前に見えないものは存在していないと見なす者にとっては、いま過ぎ去ってきた隣の駅はもう無に帰してしまう。そして赤ん坊のような認識のほうが時間をより正確にとらえていて、われわれは想像や過去の反復や継続によって、過ぎ去った隣の駅もまだ実在しているはずだと思い込んでいるのではないだろうか。

 いま、この瞬間しかないとすると、過去は奈落の底に呑みこまれてしまった。わたしたちは想像力で、過去と同じように実在していると補っているだけではないのか。

 このような想像力で補った部分がわれわれの認識の大半になってしまって、その想像上や観念によるほんとうは「実在しないもの」が大半を占めるようになったのが、われわれの認識ではないだろうか。

 そして、われわれはその想像や観念によって補った認識の「非実在性」を悟ることによって、言葉や思考がつくりだした苦悩や悲嘆の「無」や「空っぽさ」から解放されるのではないだろうか。

 中島義道はこのような想像上の観念の無を悟ることによって、長年の不安だった死の恐怖というものから解放されようとしているのである。

 われわれは隣の駅のように過去は実在しているはずだと思い込むと、その過去の苦悩や悲嘆にずっと捕らえられたままになるのである。


明るく死ぬための哲学時間と死――不在と無のあいだで人生に生きる価値はない (新潮文庫)「時間」を哲学する (講談社現代新書)明るいニヒリズム (PHP文庫)


関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top