HOME   >>  バイク・ツーリング  >>  GWの群馬までツーリング ~軽井沢~東京多摩~静岡篇
05 11
2017

バイク・ツーリング

GWの群馬までツーリング ~軽井沢~東京多摩~静岡篇

 GWの6日間、大阪から群馬までツーリングの足を伸ばしました。日光までいく予定でしたが、時間が足りなそうなのであきらめました。

 噂に聞く軽井沢に寄ったり、東京の福生市で米軍横田基地を見たり、東京都の山奥・奥多摩を見たり、富士山は雲にかかって見えないなどのツーリングを楽しみました。

 最終日は静岡から大阪まで帰らなければならない切羽詰まった状態になりましたが、1号線のバイパスが怖くて、市街地道が見つからなくて、最終日には自宅に帰れず、連休明けの昼からの仕事には、三重から必死に帰りました。

 今回はスマホ・デビューのツーリングでしたので、苦労しまくったネットカフェ探しはすぐにすみましたが、スケール感をつかめずに距離時間でけっこう苦労したかもしれません。

 GWは昼夜の気温の差で服装選びがけっこう難しかったりしますが、平地の昼間がいくら真夏に近くても山上は真冬なので、冬装備は欠かせません。

 緑と自然のシャワーを浴びまくった6日間の記録です。


P_20170503_173317.jpg
高速は乗りたくないので名阪を避けて、津についたのは夕方。風の強いGWなので、波音がざざざーっと鳴っていました。

P_20170504_051246.jpg
ネットカフェは朝の5時くらいに出て、日が照ってくるまでは河川や公園で休憩です。朝焼けの雲が水面にうつっています。明鏡止水の境地にしばし思いにふけります。

P_20170504_082142.jpg
豊田市から山塊に入って、飯田市までののどかな山奥の風景をたのしみます。

P_20170504_102728.jpg
飯田市にかけて桜?のような花が各地を彩っておりましたが、美をもとめる当地の人の気もちがつたわってきました。

P_20170504_110048.jpg
細長く伸びる平地の飯田市から伊那市にかけての風景ですね。ここらの土地には農業の自営業的な創意工夫の風土が垣間見えるところに思えますね。

P_20170504_125234.jpg
いままで何度も長野県に足を運んだのは、このような雪のかぶったアルプスの山岳風景を見たかったからです。はじめて、こんなに鮮やかに見れた気がします。

P_20170504_145645.jpg
関西の人にはきっと違和感のある黒光りする墓石風景は、長野県あたりから東の土地に根づいているのでしょうか。

P_20170504_164817.jpg
茅野市のヴィーナスラインの分岐地点では、どちらを向いても壮大な風景がひろがっていました。大好きな風景ですが、今回は軽く山越えするつもりで、ヴィーナスラインは避けましたが。

P_20170504_172626.jpg
平地に降りるために軽い山越えルートを選んだつもりでしたが、とんでもない高度にまで上げられたメルヘン街道。雪が残るほど厳しい寒さが残っていました。


P_20170505_043629.jpg
佐久市のネットカフェを早朝に出て、河川や田んぼを移動してゆく霧を見ました。不思議な幻想的な光景でした。

P_20170505_062857.jpg
避暑地として名高い軽井沢の公園から浅間山をながめた図です。早朝のツーリングで冷え切りましたので、避暑なんてできません。

P_20170505_083519.jpg
軽井沢から降りてくる山中は緑が鮮やかな新緑がまぶしく、廃線後のハイキングが楽しめるコースもありましたね。

この日は群馬の前橋までいきましたが、3日目の折り返し地点に日光までいく余裕がないと断念して、17号線でずっと東京のほうをめざしました。渋滞に倦んで、青梅市から奥多摩をこえようとしましたが、日が暮れる前に羽村市のネットカフェに撃沈です。

20170506_063055543.jpg
福生市で米軍横田基地を見て回ります。基地の中にふつうに団地があるのですね。米軍カルチャーの文化流入があった土地だと村上龍の本から聞いていました。

20170506_071835289.jpg
東京都にもこんな山奥の風景があると撮りたくて、青梅市から奥多摩の山道を選びました。ここもれっきとした東京都です。

P_20170506_104335.jpg
多摩から富士吉田市にかけては、しずかな山奥の風景をたのしめました。

P_20170506_104342.jpg
こういうのどかな原風景をたのしむためには、関東までわざわざくる必要はないのですけどね。

P_20170506_120908.jpg
ああ。だめだ。きょうは富士山に雲がかかっていて、全景を見れない。

P_20170506_140617.jpg
本栖湖には霧がかかっていて、すごいスピードで移動しているのがわかりました。富士山の高原はいつもかなり寒いですね。

P_20170506_142358.jpg
今回のベストショットですかね。こういう山のうねに幾重も囲まれた山深い風景が、人里から離れた解放感をあたえてくれます。

P_20170506_145902.jpg
富士川も雄大な風景をかたちづくっていますね。どことなく熊野川をほうふつさせる河川の展望です。


連休最終日になってもまだ静岡の島田市。わたしの下道スピードでは名古屋にたどりついていないと大阪に帰れません。ひたすら1号線をひた走るつもりでしたが、バイパス・スピードに恐れをなして、市街地道路をさがしてぜんぜん歩をすすめません。


20170507_074240375.jpg
連休最終日、ようやく浜名湖到着。1号線とバイパスを避けるとろくに距離を稼げません。最終日に大阪につかなければならないのに困った、困った。

20170507_081743875.jpg
遠州灘のサーファーがいる海岸。バイパスを避けているのに、高速スピードのバイパスを走らされたりして、ほうほうのていになりました。

P_20170507_114237.jpg
名古屋への23号線もバイパス・スピードがすごくて、直角の知多半島ルートを通るしかありませんでした。碧南市の矢作川で疲れ果てていました。この日はなんとか三重県の津にたどりつきましたが、連休最終日に自宅につけないなんとも残念な結果になりました。

P_20170508_063051.jpg
仕事は昼からなので、早朝に三重県の津のネットカフェを出て、連休明けの平日の三重の山の中を走りました。朝からとってもよい景色。Googleでは3時間でつけるというのですが、5時間かかりました。


 こんかいは1号線や23号線のバイパスの高速スピードに悩まされて、急ぎ足で帰れませんでした。タイヤもすり減っていて、事故ればあの世行きのバイクで、高速スピードで走りたくありませんでした。時間の余裕のできるツーリング日程が必要だと思いました。

 1日目 大阪→名古屋市
 2日目 →長野県佐久市
 3日目 →東京都羽村市
 4日目 →静岡県島田市
 5日目 →三重県津市
 6日目 →大阪

 費用はネットカフェ利用で、だいたい三万以内におさまりましたね。


関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top