HOME   >>  幻想現実論再読  >>  人類の壮大なフィクションが存在しないこと
03 20
2017

幻想現実論再読

人類の壮大なフィクションが存在しないこと

 映画やマンガは存在しないフィクションであるが、泣いたり、感動したりして感情移入の度合いが深いのだが、それがまったくどこにも存在しない虚構であることには、深く思い入ることもない。

 あんなに感動した物語を、まったくぽっかりと穴の開いたような存在しないものと思いたくない。われわれの人生や世界もそのままである。ぽっかりと穴の開いた虚空だと思いたくない。

 人類は壮大なフィクションをはりめぐらせていて、それを存在しないものと思いもしなくなっている。

 人類の壮大なフィクションの仮構四大物として、「会話」、「思考」、「時間」、「自我」をあげたい。

 会話というのは、だいたいは目の前に存在しないものにたいして交わされるものである。「あの人がどうだった」「きのう、なにがあった」だの、存在しないものをおもにとりあつかう。もはや存在しないものを、あたかも「現実に」、「目の前にあるがごとく」思い込む能力が、人間の会話にあらわれる。そしてそれを「存在しないもの」ともはや思いもしなくなっている。

 「思考」もそうである。存在しない想像力である。しかしあたかも現実にあるかのように、真に迫ったものとして、われわれには認識されるようになっている。思ったり、感じたりしただけのものなのに、それが「絶対の真実」や「ほかに選択肢のない判断」のように受けとるようになっている。

 「過去」も、もはや瞬間瞬間に飛び去ってゆくものなので、われわれが捉えるときにはすでに過去になり、もはや「存在しない」ものになっている。それなのに、過去は「現実にあるもの」、あたかも「目の前にあるもの」のように捉えられる。

 われわれは、存在しないものを現実にあるかのように思い込む認識に覆いつくされているのであって、このような認識のありかたが人間の特徴であるからこそ、映画やマンガの虚構を現実のように感動したり、泣いたり、思い入れができるのである。

 つまりは過去というもはや存在しないものを認識することが人間の認識能力だからこそ、映画や物語のフィクションは現実のように感情移入ができるのである。過去がフィクションであるからこそ、われわれは虚構に入れ込むことができる。現実といわれるものが、フィクションとしか認識できないからこそ、映画やフィクションはふつうのように楽しめるのである。

 われわれは、「過去はある」と思って暮らしている。しかし、もはや時間は去っていき、過去はどこにも存在しなくなっている。記憶や回想によってそれは捉えなおされるのだが、もはやそれは存在しなくなっている。フィクションとしか、人間は過去を認識できないのである。

 われわれの社会は、思考というものをとても大切にする。能力や才能や、功績をもたらすものは思考なのだから、もっともっと考えることを奨励される。しかし、思考というのもどこにも存在しないもので、頭の中にしか存在しないものであることは忘れられる。

 思考に集中し、過去をなんども思い出し、反省したり、検討したり、改善したりしようとすることが習い性になっている。そのうちに、思考すること、考えることが、自分という存在であると思い込むようになり、思考以外にわたしはありえないと思い込むようになる。しかし思考というのはどこにも存在しないもので、頭の中にしか存在しないものではなかったのか。

 考えるわたしは、過去に人が自分をどうあつかったか、どのような言動をしたか、わたしはなにをいったかばかり過去を反芻するようになり、羞恥や後悔や、屈辱にまみれてゆく。そういう過去の反芻や思考でのイメージによって、「わたしとはこのような人物」であるというイメージがつくられてゆく。これが「自我」や「わたし」といわれるものである。

 しかし思考やイメージというのは、存在しないものであり、頭の中以外にどこも存在しないものではなかったのか。思考にどっぷりに染まった人間にはもはやそれが存在しないイメージであるということを忘れ、それ以外に自分はありえないと思い込むようになる。

 「イメージ」というのは、わたしなのだろうか。わたしは身体をまとった存在であり、頭の中のわたしとは、このわたしの全部を代表する存在なのだろうか。それは地図を現実の土地のように思い込むまちがいではないのか。さらには、思考やイメージといったものは、頭の中以外にどこにも存在しない。

 私たちは、頭の中で思い描いたものにすぎないものを、現実と思うカンチガイにはまってゆく。宇宙を想像しても、それは現実の宇宙ではない。われわれは宇宙そのものを地球から出て見ることはできない。映像や写真は伝達されるが、それはイメージでしかないもので、現実ではない。

 こうやって、われわれは存在しない壮大なフィクションの世界にどっぷり浸かってゆく。思考や過去など存在しないものが現実であると思い込む世界にどっぷりと浸かる。思い描かれた存在しないものが、現実に存在するものという思い込みにはまってゆくのである。

 虚構の劇場が問題になるのは、それが壊れた機械のように、つらいこと、いやなこと、悲しいことばかり再演するばあいだろう。人は問題や危機となることを再検討するようにできている。問題から逃れることが生物としては大切だからである。そうするとつらいこと、いやなことばかり再現する壊れた機械になってしまう。

 時間は永遠に去ってもはやどこにも存在しないのに、回想や思考はそればかりをくりかえし見るようになる。存在しない悪夢はいつでも再演可能である。虚構の劇場から出れなくなったわれわれは、それが存在しない想像であることに思いもよらなくなっている。

 存在しない想像であることに気づくことは大切なことなのである。

 人間の仮構四大物に加えて、もうひとつ大切なことを忘れていた。人間は外界を変えることでしか幸福になれないという思い込みが現代ではずいぶん強くなったということである。

 その前に思考や判断という自分の考えが自分を傷めつけていることに思いもよらずに、外界が変わらないとその痛みは去らないと思っている。思考は選択できるという知識をもたないと、外界からいつまでも傷めつけられる哀れな外界の犠牲者になってしまう。

 「外界」という仮構物、あるいは初歩的な思い込みによって、われわれはたいそう世界から傷めつけられる存在になった。気をつけたいところである。

 われわれはフィクションにまみれた世界に暮らしている。それが存在しないもの、想像にすぎないことに思いもよらないものになっている。フィクションの中で、悲しんだり、苦しんだり、嘆いたりしている。

 その虚構世界が現実には存在しないこと、ただの想像力にすぎないことに気づいたら、わたしたちはずいぶん苦しみから解放されるのではないだろうか。

 それは存在しない。それは想像にすぎない。しかしわれわれはあまりにも存在しない想像にすぎないものを現実に、リアルに存在すると思い込む世界観に浸かっているために、虚構の劇場の悲劇からは逃れられないのである。


関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top