HOME   >>  幻想現実論再読  >>  「客観的世界像はルールにすぎない」――『「自分」を生きるための思想入門』 竹田 青嗣
02 27
2017

幻想現実論再読

「客観的世界像はルールにすぎない」――『「自分」を生きるための思想入門』 竹田 青嗣

4480421750「自分」を生きるための思想入門 (ちくま文庫)
竹田 青嗣
筑摩書房 2005-12

by G-Tools


 共同幻想論やトランスパーソナル心理学を読みかえす期間がつづきます。

 共同幻想論を理解しようとしていたとき、それについて語った論者がいがいに少なく、言語論や記号論まで手をのばしてひじょうに苦労した。竹田青嗣は、「世界像はルールに過ぎない」とはっきりいい切った哲学者であり、ポストモダン思想をわかりやすく紹介してくれた貴重な論者である。

 世界像は共同幻想にすぎないということを理解するのはなかなかむづかしく、それだけに「世界像」「現実」というのは、この世界の「事実」や「自然」と思い込む力が強かったのだろう。この「現実」をひきはがすのに、ひじょうに苦労した。さらにその事実がルールや生き方になることの理解はもっとむづかしかった。

「人間にとって、客観的な現実というのはどこにもありません。現実とは、彼が自分の欲望に与えている関係的な秩序(その解釈)の形です。だから、一人一人の人間が自分なりの現実をもっているだけなのです。人が客観性とか客観的関係と呼んでいるものは、この解釈のうち、多くの人間が共有し、納得せざるをえないような部分のことです」



 竹田青嗣はここまで共同幻想論をいい切ったのであり、それはヴィトゲンシュタインの「言語ゲーム論」や、フッサールの「現象学」、あるいはニーチェの『権力への意志』などでいわれていることなのだと告げる。

 「世界像」「世界のルール」というのは、おのずからその生き方や指針をしめすものである。世界やものごと、自分をどう解釈するかによって、人の生き方、行動の仕方も変わってくる。世界像というのはルールなのであり、行動規律なのである。透徹した世界解釈である。

 これが「絶対的真実」があると信じた「モダン・近代」に対して、あるのは解釈にすぎないと相対主義を提唱した「ポストモダン思想」なのであるが、学校ではただひとつの答えをずっと教えつづけており、この思想と教育の乖離は、どうなるんだと思わずにはいられないが。

 客観的現実はどこにもありえない、真実と呼ばれるものにも根拠がない、ただ共同体での了解があるだけという世界観は、事実や現実があると思い込む人たちの虚実をひきはがす力をもちうるのだが、その世界観はひろく浸透せず、世の中にはただひとつの教えられた世界観があると思い込む人の信念は、揺るぎがたいものがあるのだろう。

 世界観に根拠はない、人間はエロス的欲望を生きるために世界像を選択するのだという竹田青嗣の考え方には、欲望肯定や容認のにおいがあって、わたしにはなかなか抵抗感があるのだが、もちろん竹田青嗣も自己中心的な生き方をすれば他者とぶつかり、挫折せざるを得ないと釘を差しているのだが、やっぱり鼻につく。

 わたしは欲望をミニマムにするほうが生きやすいという生き方をしてきたこともあって、欲望肯定の生き方はどうも受容しにくいのである。

 仏教は現実の幻想性を指摘して、その虚妄性をさとることにひとつの目的をおき、欲望を断った生き方をすすめる。幻想性をさとるには欲望を断たなければならないと考える。竹田青嗣は、そうすることが死後輪廻から救われると説いた仏教の「物語」だと否定する。仏教は物語を否定したからこそ、欲望も否定したと思うのだけどね。欲望は物語や世界観を立ち上げずにはいられないのである。

 岸田秀にしろ、竹田青嗣、中島義道といった心理学者、哲学者は、仏教の幻想性にかぎりなく近づいておきながら、仏教の側から語ることをいっさい拒否する。仏教は共同幻想論を語ったわけではないと思うが、現実の虚構性には深く言及した。「こちら側」の世界にとって、宗教はあまりにも迷妄すぎるから信じられないということなのでしょうね。



現代思想の冒険 (ちくま学芸文庫)哲学探究ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学 (中公文庫)ポスト・モダンの条件―知・社会・言語ゲーム (叢書言語の政治 (1))言語ゲームが世界を創る―人類学と科学― (世界思想ゼミナール) (SEKAISHISO SEMINAR)

関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top