HOME   >>  書評 社会学  >>  産業社会で無能力化する個人――『シャドウ・ワーク』 イヴァン・イリイチ
01 17
2017

書評 社会学

産業社会で無能力化する個人――『シャドウ・ワーク』 イヴァン・イリイチ

4006031386シャドウ・ワーク
―生活のあり方を問う
(岩波現代文庫)

I. イリイチ Ivan Illich
岩波書店 2006-09-15

by G-Tools


 もっと女性の無償家事労働について語っていると思ったが、ちがった。イリイチが問いつづけたことは産業化における個人の無能力化であったと思うが、産業機構を歴史的に跡づけるような本であった。

 この本は81年に書かれ、日本では82年に翻訳されているが、もっとフェミニズム的な女性のシャドウワークについて語る本だと思っていたが、そういう問いはイリイチのつぎの本『ジェンダー』においてもっと問われていたのだろうか。

 わたしとしては疑問に感じることは、子どもの再生産は国家や社会にとって必要なはずなのに男女の夫婦だけにコストを背負わされ、しかも女性だけが賃金の発生しない家事育児の無償労働になぜ押しこめられてきたのか、あたりの疑問をもったのだが、この本ではそういうことがわかるような本ではない。

 商品経済や貨幣経済がさまざまな領域に入り込んだのに、なぜ夫婦間の家事育児だけは貨幣交換が入り込まなかったのだろうか。男女間の性愛関係は、たとえば恋愛小説や映画、ポルノやアダルト・ビデオによって商品代替されてきたのだが、子どもの再生産だけはなぜ商品・貨幣化されなかったのだろう。それが晩婚化や少子化の原因でもあるのではないか。

 産業や商業は家事や家庭にこもることの魅力をつたえず、キャリアや消費の魅力をつたえ、家事や再生産の魅力をつたえないばかりか、排斥のほうへすすんできたのではないのか。貨幣商業経済が、子どもの再生産を排除する方向へ追いやることに作用してきたのではないのか。

 男が稼ぎ、女が家事をする役割分担は、男にどこまでも賃金労働することを強制し、女性に賃金の支払われない無償労働を強い、ともに極端な男女負担から両性が逃れたがっている。その高コストの性分担をいまこそ問わなければならないのではないのか。

 恋愛至上主義の終焉や若者の恋愛離れ、晩婚化、少子化が危機の目をもって迎え入れられる現在、再生産が貨幣の入り込まれない無償労働と女性に追いやられてきた要因から、探り出すべきではないのか。少子化というのは再生産コストの捉えなおしを要求しているのではないだろうか。

 この本ではネブリハというコロンブスと同じ時代を生き、スペイン女王に文法や母語の統制によって普遍教育を提言した人物が詳細に語られ、いったいなんの本かととまどうところもあったのだが、イリイチの根強い自立と自存にたいする産業のとりこみ・戦争への執念が感じられる本になっている。

 消費は特権ではなく堕落的な仕事ではないのか、学校は学ぶためではなく愚鈍化のためではないのか、消費は苦労ばかりが増え、安らぎが減っているのではないか。産業や商業に依存すればするほど、お客として消費を楽しめば楽しむほど、個人で自分ひとりで生きてゆくこと、やり抜く能力が奪われてゆくのではないか、イリイチの危機感は一貫している。

「専業主婦の創出は、前例のない性的アパルトヘイトの証しである」とイリイチはいう。お客さんとして無能力化されてゆく危機をこんにちの人は強く意識しているだろうか。

 このお客の立場におかれ、自分一人でやり抜く力の剥奪は、『脱学校の社会』でも語られていて、教育がいかに自分で学んでゆく力を殺してゆくかが身に染みてわかるようになっている。テレビのクイズ番組に喜んでいる人たちは、こういう危機感をまったくもったことがない人たちなのだろう。

 ドラマの『逃げ恥』の無償家事労働の問題提起によって、すぐにこのイリイチの『シャドウ・ワーク』を思い出し、古本屋でも見かけることのなくなったこの書物を手にとったわけだが、そういう問題にかんしてはいまいち適さない書物であった。


脱学校の社会 (現代社会科学叢書)ジェンダー―女と男の世界 (岩波現代選書 (95))家事労働に賃金を―フェミニズムの新たな展望家事労働と資本主義 (〈特装版〉岩波現代選書)


関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top