HOME   >>  書評 社会学  >>  国が健康をいいだしたら――『大日本「健康」帝国』 林 信吾 葛岡 智恭
12 09
2016

書評 社会学

国が健康をいいだしたら――『大日本「健康」帝国』 林 信吾 葛岡 智恭

4582854818大日本「健康」帝国
―あなたの身体は誰のものか (平凡社新書)

林 信吾 葛岡 智恭
平凡社 2009-08

by G-Tools


 国が健康推進のキャンペーンを張りだしたらいかに危険かを説くために、現在と戦時中の施策をならべて見せた著作である。

 メタボ検診という言葉はもう聞かなくなったが、健康ブームというのがあったり、嫌煙権が世をおおっていたり、福祉にあずかる人を憎むという流れはいまもつづいていると思う。これはもともと厚労省や国がいいだした健康キャンペーンに端を発するのではないだろうか。

 国が国民の健康をいいだしたのは、もともと医療費削減のもくろみがある。増大する一方の医療費を削減するために、国民への健康予防の意識を高める施策やキャンペーンがつぎつぎと打たれる。

 国が健康を心配してくれるのだからありがたいではすまなくて、それは同時に健康でない人や福祉にあずかる人たちへの風当たりが強くなることが問題なのである。高齢者や障害者を白い目で見る風潮を生み出してしまう。国が音頭をとるものは、そうでない人たちへの排斥へと目が向かうことが危険なのである。

 厚生省というのは、もともと戦時下に兵役検査に合格するものが半数ほどにしかならなかったために、国民の健康状態を兵役に適するために生まれたものである。国民を兵士にするための省だったのである。

 特定検診では血圧の基準が最高で130、最低で85とされているが、事前調査で八、九割の人が引っかかるというデータもある。

 嫌煙権がずいぶん主張されているが、厚労省が数値目標のキャンペーンを掲げてはじまったものである。1965年には男性の82%が喫煙者だったのだが、この世代の高齢者はいまも長生きしており、これは「ジャパニーズ・パラドックス」とよばれている。

 旗を振っている厚労省や国の背景や意図を知っておかなければならない。

 WHOの声もよくひきあいに出されるが、98年には劣生種の排除を目的とした産児制限政策をとった政治家も就任したことがある。健康を推進することは命の次元に抵触することになり、とおくには優生思想の影がしのびこみやすいのである。

 医療費、福祉費削減の流れには、だれかの命を軽んじる、排斥するという裏面も生じやすいひじょうにデリケートな領域である。健康という言葉がうかびあがらせる背面には、そうでない人への批判や排斥の気運も同時につれてくる。

 国が健康をいいだしたら、命の価値はおとしめられてゆく、といった警戒をもたなければならないのかもしれない。大げさではなくて、国の優等生や先取りしたがる人はたくさんいるようで、恐ろしいことなのである。


健康帝国ナチス (草思社文庫)健康ブームを読み解く (青弓社ライブラリー)健康の社会史―養生、衛生から健康増進へ優生学と人間社会 (講談社現代新書)相模原事件とヘイトクライム (岩波ブックレット)

関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top