HOME   >>  主体性の剥奪  >>  日本は基本、性善説――『しつけ』 原ひろ子 我妻洋
09 25
2016

主体性の剥奪

日本は基本、性善説――『しつけ』 原ひろ子 我妻洋

61gt1P9cg7L__SL500_SX357_BO1,204,203,200_しつけ (1974年) (ふぉるく叢書〈1〉)
原 ひろ子 我妻 洋
弘文堂 1974

by G-Tools


 本屋の子育て論をみていると個人的に主張された本だけがならび、客観的、全体的に子育てを捉えた本がひじょうに目につきにくい。こんな偏った子育て論ばかり読んでいて、だいじょうぶ?と思うのだけど。

 この本は昭和49年に出された古い民俗学の本であり、むかしの子育て論を広い目でながめるという点でうってつけの本だ。

 ちょっとおカタイ民俗学の調査も見えるが、比較文化論や文化人類学まで目をくばった広範な視野が、なかなかおもしろい部分もあった。

 昭和40年代くらいの比較文化論といえば、ベネディクトであり、甘えの文化論を書いた土居健郎だった。なぜ甘えがあの時代にあんなに人々の口にのぼったのか、労働条件的な厳しさを抑えつける要因でもあったのか、ふしぎでしょうがない。

 この本はカーディナーやフロムといった人まで論じて、文化とパーソナリティ論まで踏みこんでいる。

 基本的に日本のしつけは次のようなものだったと思う。

「人間は、放っておいてもそうわるくなるものではない、いや、あまり小さいときから厳しすぎる育て方をすると、自分は継子ではないかと考えてみたり、ひねくれた人間になってしまう、もっとも、あまり放っておくと甘えすぎる人間になって、あとで本人がつらい目にあうから、しつけたりきたえたりしてやらねばならない」



 性善説である。いっぽう、性悪説にしたがって冷たいしつけで育てられると、世の中や人にたいする基本的信頼が育たず、他人は敵意をもっているように思えるし、たよりのなるのは自分だけだという世をすねた態度を育てるのではないだろうか。

 基本的信頼感をつちかえた人は、他人も自分に好意をもっているだろうと受けとるし、おたがいに信頼し合って生きる関係をつくりやすい。

 このような因果関係を知らず、厳しいしつけや早期教育がおこなわれれば、どのような子どもになるのだろう。

 基本的に日本は民俗社会的な基盤のうえに、西欧的教育法や知識が移植されて、のみこまれたり、反発されたりして、民俗社会的なものがさいごには勝つような風土があるのではないだろうか。

 昭和49年ころのしつけ観からだいぶ変わったと思うが、民俗社会的な部分は学べるものがある本であった。


しつけの社会学 (SEKAISHISO SEMINAR)ハラスメントは連鎖する 「しつけ」「教育」という呪縛 (光文社新書)日本人のしつけと教育―発達の日米比較にもとづいて (シリーズ人間の発達)日本人のしつけ―家庭教育と学校教育の変遷と交錯教育言説の歴史社会学

関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top