HOME   >>  主体性の剥奪  >>  奴隷になった親の闇――『「子供を殺してください」という親たち』 押川 剛
07 22
2016

主体性の剥奪

奴隷になった親の闇――『「子供を殺してください」という親たち』 押川 剛

4101267618「子供を殺してください」という親たち
(新潮文庫)

押川 剛
新潮社 2015-06-26

by G-Tools


 タイトルが幼少期の子どもを勘違いさせるものになっているが、いずれも成人後の子どもが問題になっている。親に暴力をふるったり、近隣に迷惑をかけたりして、親にはどうにもならなくなった大人の問題である。

 警備サービスから精神障害者専門の移送サービスをおこなってきた著者の話であり、心理学的なそれではなく、ドキュメントや精神保健分野の問題が中心になっている。

 ドキュメントに親がタイトルのように嘆かざるをえなかった実例がいくつものせられており、たいへんに読後感の悪い強烈な印象をのこす。親の力ではどうにもならなくなった家族関係の問題をあぶりだしたものになっている。

 精神疾患にかかっていると思われるが、本人には自覚がなく、親は子どもから暴力や奴隷のようなあつかいをうけ、ときには殺し殺されるような関係の瀬戸際まで追いつめられていたり、ゴミ屋敷に母子ともどもひきこもり、近隣に迷惑をかけていたり、アル中でどうしようもなく家族に迷惑をかける者、兄弟に脅迫をくりかえす問題などがとりあげられていて、警察にも医療にもあつかわれないグレーゾーンの闇の中で、家族が落ち込んで沈み込んでいる実態が、赤裸々につづられてゆく。

 親が成人後の子どもから暴力をうけたり、殺されそうになっていたり、奴隷のようにあつかわれているようになった現状は被害者といえるのだが、その幼少期には、親から攻撃や抑圧、束縛をうけた被害者であったといえるのではないかと著者は指摘する。虐待の連鎖が、子どもに継承されずに、親に返ってくるのである。

 人から嫌がることを執拗にやる、無言の圧力をかける、言葉尻を捉える、嫌味をいう、こういった問題行為をおこなう子どもは、幼少期に親が「しつけ」や「教育」という名のもとにおこなってきたことではないのだろうか。子どもは成人になって、親にそのままの姿を見せつけるのである。

 幼少期から親にもどうにもあつかえなかったという暴力衝動の激しい子どももいて、親の責任ばかりにはいえないとも考えられるのだが、同時進行で親の虐待まがいの子育て関係はなかっただろうか。

 移送サービスの著者の元には自分勝手な人の迷惑をかえりみない被害者である親の相談者がおとずれるのだが、そのような身勝手な行動こそが、子どもをそのような人物に育ててしまった因果が見えると著者はいう。

 こういう親子関係の因果を見ていると、いま身近に人を人と思わない言動や行動をとるサイコパスな人は、幼少期に親からそのままのことをされた人格をなぞっていると見ることもできるようになる。本人の資質がいくら与っているかは、わからないのだけど。だからといって、いままわりの迷惑や被害をかけるその人をどうしようもないのだが。

 警察や医療の保護から抜け落ちたグレーゾーンで、家族が犠牲になり、どこにも助けの求められない状況が広がっているということである。現代の殺人の半数は、まったく知らない赤の他人ではなく、家族や親族間でおこるという。そういった事件がいまにもおこりそうな家族の闇の部分が、この本からはつたわってくる。後味がたいへんに悪いので、読書には覚悟が必要である。


子供部屋に入れない親たち (知恵の森文庫)心配はいらない、必ず生きる道はある―精神疾患に対処できる本救急精神病棟 (講談社文庫)精神医療に葬られた人びと (光文社新書)累犯障害者 (新潮文庫)

関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top