HOME   >>  主体性の剥奪  >>  鬼畜の被害者としての顔――『殺人者はいかに誕生したか』 長谷川 博一
07 02
2016

主体性の剥奪

鬼畜の被害者としての顔――『殺人者はいかに誕生したか』 長谷川 博一

410137452X殺人者はいかに誕生したか
「十大凶悪事件」を獄中対話で読み解く
(新潮文庫)

長谷川 博一
新潮社 2015-03-28

by G-Tools


 凶悪殺人犯は世間から「人間ではない」「鬼畜」だと最大の非難をうけ、一寸の洞察や推察もしてはならないで排斥するのがいちばんだという激昂された対応をされる。しかしこれは冷静な原因究明や改善をまったく考えないやり方でもある。

 「虐待連鎖を断つ会」を立ち上げた著者、長谷川博一には、鬼畜である凶悪殺害者にはべつの顔が見える。すなわち虐待被害者としての顔である。

 この本ではだれでも名前を憶えているであろう宅間守や宮崎勤、金川真大などの凶悪殺人犯にじっさいに接見したり、手紙をやりとりしたナマの関係が描かれているのだが、虐待被害者としての顔をひきだす前に死刑が確定・執行されて、究明が不十分なままで終わることも多い。

 わたしはあの秋田連続殺害事件の畠山鈴香の章を読んで、一日気分が重苦しくなった。マスコミに恫喝をくりかえす印象を刻印された方が多いと思うが、児童虐待の被害者としての顔や、教師や同級生にイジメられつづけた顔に、思わず涙が出そうになった。

 母親とともに父親から暴力と虐待をうけつづけ、食事のときはとくに父が怒りださないように気をつけなければならなかった。そこに小学校で給食を食べ残さない指導をする教師に出会い、罰として手のひらに受け止めさせて食べさせる行為をおこなわせる。「犬みたいだ」というイジメが同級生からおこなわれ、ずっといじめられ、みなさんもご存じと思うが、秋田に帰るなというヒドイ卒業文集につながる。

 父からの暴力によって他人に抵抗しない人格がつくられ、イジメはそれによって増幅し、教師もまた後追いするかのように、畠山鈴香を追いこんでゆく。まるで父がつくった被虐待児の容器の上に流し込まれるように、教師と生徒の非難が重なり、また事件後の世間からの非難もつけくわわる。

 皮肉なことなのだが、われわれは子どもを殺害した極悪人という顔でしか彼女を知りえない。非難と攻撃の矢をいっせいに放つのだが、その前に教師や生徒に非難され、またその前には父親にさんざん暴力をうけていたという顔を見ることはない。そのおかげで、「人間ではない」「鬼畜」という非難を、手放しでおこなえる。加害者はだれで、被害者はだれなのか?と構図が反転しそうな情報である。

 「十代までに子どもを守れなければ、その後は社会の方がその子から守られなければならなくなる」という格言があるそうだが、凶悪殺人犯の陰には、凶悪な家庭からの悲惨な暴力や虐待が、例外なくひそんでいる。無の状態から、無垢な赤ん坊が殺人者として生まれ出るわけではないのである。

 裁判は量刑を判断する場所であって、真実究明の場所ではないという制約が、長谷川氏の試みをどんどん抑え込んでゆく。遺族やその心情によりそう人たちにとっては、凶悪殺人者に同情や味方をする臨床心理士の存在はゆるせないと映るようで、長谷川氏の願いがどれだけ広がっているのか心配になる。

 光市母子殺害事件の元少年も、父から母とともに暴力や殺されそうな目に合っており、うつとアルコール依存におちいった母は中一のときに自殺してしまう。長谷川氏の真理追及の試みは、よい子として育った少年の従順さと弁護士の阻止によって、はばまれてしまう。

 虐待被害者は暴力をうけている最中、自分の痛みや苦しみの感覚を麻痺させてやりすごそうとするしのぎ方を発達させる。その自分の心を感じないことによって守ろうとした防ぎ方が、他者の痛みや共感不良の下地をつくってしまう。被害者が自分の痛みを感じないように守ろうとしたスベが、共感能力を奪い、他者との関係をうまくいかないようにするというのは、被害の上塗りかのようで悲惨で頭をかかえたくなる。

 人が他者におこなうことは、同じように自分もおこなわれたこと。この関係性は人間の基本となるようで、悪いこともいいことでも、覚えておきたい基本形のようである。子育てでよいことがおこなわれたと思っていても、それが支配や強権のかたちをとっているばあいは、その支配のかたちが子どもにあらわれる。従順でよい子の顔ではなくて。よいことは人の盲点をつくって、支配関係を見えなくさせるのである。

 裁判では被告の成育歴もとりざたされ、「情状酌量の余地もある、しかしながら」といって、幼少期の悲惨さを大人になった自分で克服できなかったのは、自分のせいと責任とされる。はたして殺されそうな環境に生まれ育ち、圧倒的な親の力に屈服されるしかなかった無力の子どもであった被告が、なんの心の傷やゆがみも背負わずに、大人として健全に育つことはできただろうか。

 世間では凶悪殺人犯は、「人間ではない」「鬼畜」だといって、人間の共感や同情をまったく排除したうえで、社会から切り離されようとされる。世間から最大の非難を受ける。しかしそれでは同じような環境で野放しされ、これから同じような社会に犯行をおかいてしまうかもしれない人間の生育を防げるだろうか。

 最大の加害者が、最大の被害者であったという悲惨さは、被害者としてこの世の生まれ、加害者として非難される顔しか見られなかったこの世の被害を一身に背負って育ったかのようである。そういう非難と排斥の構造が、被害者の顔としての面をいっさい抹殺してしまうのである。


橋の上の「殺意」 <畠山鈴香はどう裁かれたか> (講談社文庫)断ち切れ!虐待の世代連鎖―子どもを守り、親をも癒す「子供を殺してください」という親たち (新潮文庫)虐待の家-「鬼母」と呼ばれた女たち(中公文庫)わたしが出会った殺人者たち (新潮文庫)

関連記事
Comment

畠山鈴香は やりきれなかったですねぇ。
原因を作った人々は不問にして、結果である畠山鈴香だけを裁くというのは、なんか色々おかしい。


ちなみに、すずか という名前は濁音で、濁音は女の名前としては最悪みたいです。
後家運になってしまうとか。
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top