HOME   >>  主体性の剥奪  >>  プロ野球は知りませんが――『教えない教え』 権藤博
05 16
2016

主体性の剥奪

プロ野球は知りませんが――『教えない教え』 権藤博

B00HYOMZZ8教えない教え (集英社新書)
権藤博
集英社 2010-11-22

by G-Tools


 タイトルにひかれて読んだが、わたしはまったく野球を見ないので、この著者のことをひとつも知らない。98年に中日を優勝にみちびいた監督だそうだ。まったく知らないし、見たこともない。わたしにとって、野球はもう存在しなくなった。

「私は選手ひとりひとりをプロとして認めていた。「プロとして認めている以上、なんで子供のように管理しなきゃならないのか」」

「「やらされていることは身につかない」。…ただ単に「言われたから」とやっているだけの人はプロとしての成長はおろか、人間として成長していくことはないだろう」

「人から押しつけられたものは決して自分の身につかない」

 こういうことを知りたいから読んだだけであって、どちらかというと教えないということはどういうことなのか具体性はとぼしかったかもしれない。

 サラリーマンに向けて一般論を語っていたようだが、同じ話のくりかえしや思いついた話を記述してゆくような感じで、学びはすくなかったかもしれない。

 教えるなといっても、教えないでどうやって人は学べるのか、自発的に学ぼうとしないものはどうなるのか、放ったらかしで人は自発的に成長するのか、いろいろ疑問はわくが、そういうことはこの本からは学べなかった。

 教えることの問題は、なによりも人の自発性をつぶすことである。自発性のない学びはすべて他人事、お客さん、疎遠な記号に終わる。学校教育ってこのカタマリだった。

 そもそも学校って本人の知識成長をうながすことより、知能の基準を測るための「測定器」にしかすぎない。そのために測定のために一定の記憶を試すための機会にしかならない。このような知識観、学問観が植えつけられるために、人は社会に出れば、もう学ぶことをやめてしまう。

 問題や困難があっても、それを知識をもちいて解決しようとする道筋をちっともつけない学びをしてきただけである。二十五年の日本の閉塞感も、知識がまったく現実から乖離してしまった結果なのかもしれない。

 リーダー観もみんなを力でひっぱる人から、サーバント、奉仕や援助するリーダ観に変わってきているという。教えることは人の能力や可能性を伸ばしてきたのだろうか。

 著者はプロ野球の世界に身をおいていために「あいつには勝てる」「あいつには負ける」という「みんながライバルだと思っていた」という考え方をもつ。「競争なきところに繁栄なし」という持論をもつ。こういう世界に生きることに違和感をもった。


教育は教えないこと!―考える力を育てる「教えないから人が育つ」横田英毅のリーダー学「教えない」教育―徒弟教育から学びのあり方を考える上司は仕事を教えるな! (PHPビジネス新書)部下には何も教えるな。

関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top