HOME   >>  主体性の剥奪  >>  閉塞はそんな次元の話か――『なぜ社員はやる気をなくしているのか』 柴田 昌治
05 04
2016

主体性の剥奪

閉塞はそんな次元の話か――『なぜ社員はやる気をなくしているのか』 柴田 昌治

4532195365なぜ社員はやる気をなくしているのか
(日経ビジネス人文庫)

柴田 昌治
日本経済新聞出版社 2010-03-02

by G-Tools


 やらされ感と自発性のテーマについて考えていたから、まさにその答えを提出してくれるような本として読んでいたが、後半の実践編あたりから、まるで雲をつかもような実感のない話になっていったので驚いた。

 問題の分析と、内発的動機や主体性をひきだせという主張はまったく共感できるところだ。

 しかし実践編になるといったいどこのなにを語っているのか、さっぱり手ざわりも実感もわいてこない話ばかりになって、このズレはなんだろうと思わずにはいられなかった。

 内発性や主体性をひきだす次元は、もはやそんな次元に問題があるのではない。仕事や企業が強制ややらされ感でやらされるいやいや仕事にしか思えないから、もはや内発性や主体性など考えることも、実感もわくこともない、そんなレベルにわたしや一般社会はなっていないだろうか。

 労働や企業に強制感しか抱かず、体力や人生をはく奪するものとしか思っていない。そこに内発や主体性、自分で考える力、問題を発見する能力といいだしても、まったくのれんに腕押しに思える。

 仕事って与えられて強制されて、やれなければならない課題やルーティンを考えることもなく、命令や指示通りにこなすもの。そういった強制的・機械的労働観をもったものに、内発性や主体性、考える力といっても実感すらもわかない。

 日本企業や日本人ってこれによってつぶれたのではないか。内部崩壊や衰退の要因は、そういった強制的・外発的にやらされることばかりおこなわれて、ちっとも自分から動くこと、情熱をもってとりくむことを忘れたのではないか。

 そもそも内発的動機が生まれる、育つ環境にすらなっていないのではないか。強制・命令的労働観によって、内発や主体性など生まれる余地もない労働界にいるのがいまの日本人ではないのか。

 そういう土壌に内発や主体性といっても、ペンペン草も生えないというやつだ。

 わたしは非正規界隈をうろうろしてきた人間だから、この本で語られる主体性や考える力の次元がまったく理解できないのかもしれない。それともほかの一般的人間もこの世界が理解できるのか、実感できるのかが、いまいちわからない。

 主体的に組織を変革、改革してゆくすがたがまるで雲をつかむ世界のように実感がない。

 具体例や改善策が少なく、一般的抽象的な話だから、理解しにくいのか。具体的にはトヨタのカイゼン運動のようなものを思い浮かべればいいのか。トヨタの社員はそんなに内発的に主体的に仕事に関わってきていたのだろうか。

 形式やかたちを重んじ、問題をないものと見なす日本組織の問題点提出はまったく共感するところだ。しかし実践編となるとまるで実感をともなわない世界の話になるのか、とまどいすぎた本でした。

 なんでこんなに雲をつかむような話なのか。


なぜ会社は変われないのか―危機突破の風土改革ドラマ (日経ビジネス人文庫)考え抜く社員を増やせ! ―大転換期の「対応力」を育てる法 (日経ビジネス人文庫)柴田昌治の変革する哲学 (日経ビジネス人文庫 ブルー し 5-6)どうすれば役所は変われるのか―スコラ式風土改革現場の「知恵」が働く チームイノベーション (スコラ式風土改革)

関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top