HOME   >>  販売・アフィリ  >>  「売り込まれる恐怖」を知れ――『「売れる販売員」と「ダメ販売員」の習慣』  内藤 加奈子
11 03
2015

販売・アフィリ

「売り込まれる恐怖」を知れ――『「売れる販売員」と「ダメ販売員」の習慣』  内藤 加奈子

4756915906「売れる販売員」と「ダメ販売員」の習慣 (アスカビジネス)
内藤 加奈子
明日香出版社 2012-11-15

by G-Tools


 図書館で軽く通読してみてよい本だったので、ブックオフの200円で見つけるとすかさず買った。よい本である。

 2012年の発売一年で23刷の奥付があるから、そこそこ売れた本なんだろう。

 『金持ちになる男、貧乏になる男』という本があったが、いいことは悪いことの対比ではっきりわかる、輪郭がかたちづくられるところがある。いいことだけの情報は柵や行き止まりがなく、悪いことの落とし穴や柵内に入ってしまうおそれがある。線を引いてくれないとね。

 この本でいちばん印象にのこったことは「売るな」ということだろうね。

 店員が待ち構えていて、店内に入るとすかさず声をかけて商品説明、押し売りされる恐怖に射すくめられるといった不安はだれもがもったことはあると思う。そういった押し売り、強制的に売ることの否定をおこなう本である。

 散歩がてらにいいなものないかなとふらっと寄った店で、いきなりガンガン商品説明、この商品がどんなに優れているかと説明されても、買う気などまったくおこらない。

 商店街の小さな小売店もすかさず声をかけてくれるから遠のくんだね。もういまはむりやり売ろうとしても逃げられる時代だよね。むかしの発想で販売をとらえている人や、売り上げがなかなか上がらず脅迫的になる人だけが、そういう強制的な売り方をしてしまうんだろうね。

 でもショップによっては上司から声をかけろとか、声をかけてナンボとか仕事をしているように見えるとかのために、無理売りはつづいてしまうのだろうね。この本では押し売りがどんなに客を遠ざけるのかのいくつかの話を聞くことができる。

 著者はロープレは嫌い、あれもこれもダメ、自分はなんてダメなんだろう、この仕事に向いてないと販売員を思わせてしまうから研修ではおこなわないそうだ。ダメ出しの嵐で新人をつぶしてどうすんだ。教育係も熱心に教育しているつもりになる愚かな過ちにおちいってしまうということである。いや、それは新人の自尊心をつぶして、思い通りに動かしたいだけかも。

 ダメな販売員は商品説明をして、売れる販売員はお客様ネタや持ち物を聞き出したりする。販売員は買い物の手助けをする存在くらいに思わないと、押し売りセールスマンになってスパイラルにおちいるのだろうね。

 わたしはこの販売の本を、アフィリサイトのために読んでいる。アフィリも販売の話からじゅうぶんに学べる。条件は違うのだけど、基本的な態度は通じるものである。販売や商売の精神を、ほとんど販売のない経験のないわたしは、このような本を読んで学ぼうとしているわけである。ネットアフィリやネット通販の話はこういう商売の精神の話はあまりないからね。

 商売の精神の話といえば、イトーヨーカ堂の創業者・伊藤雅俊の『商いの道』を思い出すのだが、謙虚さや腰の低さ、あまりにもの低姿勢におどろかされた。丁稚奉公時代の商人はこれほどまでの低姿勢で商売をしていたのだなと感慨深くなるほどだ。そこまで低姿勢でないと商売というのは驕りやお上意識になって、知らず知らずのうちにお客が離れてゆくのだろうね。

 商売の基本というのは自分が主役になるのではなく、いかにお客様の楽しみや便利に貢献できるかの黒子や脇役に徹せるかの精神的な態度のとり方も大きいのではないかなと思わせるね。売り方とかテクニックの前にいちばん大切なのは、そういう精神的な構えやとらえ方。これができていない方はどんなにテクニックを学んでもいずれ。。なんだろうね。

 売れる販売員は電車で人間観察、ダメ販売員はマンガ、売れる販売員には行きつけの店があり、休日にはサービスをうけてそれを吸収、学習し、またお金でいろんなことを学ぼうとするから貯金なしとかという項目を見ると、販売という仕事も人をずいぶんと成長させるのだろうなとうらやましくなった。わたしはそっち系の仕事は避けてきたからね。

 売れる販売員は本を読み、ダメな販売員は雑誌を読む。その項目の中で著者がすすめていた本は下記の前三冊です。


 基本的に独立してコンサルタントや講演をやっている人はネットも熱心である。

 内藤加奈子 Facebook

 内藤加奈子ブログ 自己啓発にも足をかけてきそうなブログになっているね。


フロー・カンパニー“飛躍し続ける個人と組織に生まれ変わる法則”「やる気を出せ!」は言ってはいけない ~行動科学で見えてくるリーダーの新常識~コトラーのマーケティング3.0 ソーシャル・メディア時代の新法則金持ちになる男、貧乏になる男

関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top