HOME   >>  セラピー・自己啓発  >>  幸せも人生も心がつくりだすもの――『幸せセラピー』 斎藤 一人
09 08
2015

セラピー・自己啓発

幸せも人生も心がつくりだすもの――『幸せセラピー』 斎藤 一人

4845408988幸せセラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)
斎藤 一人
ロングセラーズ 2012-02-12

by G-Tools


 自分の性格や人生は過去や出来事によって生み出されるのではなくて、性格や人生は自分の心がつくりだしてゆくものだと、考え方を変えるようになった。

 自己啓発などの考え方に影響されたのだが、性格や人生のありかたは自分の心がつくっているのだと思う。

 交流分析に自分はこういう人間だと思い込んだ「人生脚本」どおりに生きるという考え方があるが、それとおなじだ。人は自分が思い込んでいる人格とか人生を演じて、生きるのだ。

 だから「できる」とか「成功する」と思っているとそのような人生をほんとに生きるし、「ダメだ」とか「できない」と思っているとそのとおりの人生を生きる。これは真実だと思う。

 出来事によって修正されたり、変更を余儀なくされたりはすると思うが、根づよく自分の可能性を忘れなかった人は可能性を果たした人生を生きる。自分がどれだけ信念を通せるかだ。

 自己啓発の考え方そのものなのであるが、あやしいとかいかがわしいと思わずにますます信じるようになった。心の性質を問題にしているのである。

 「なにかを達成したら幸せになれる」や「金持ちになったら幸せになれる」ではなくて、「いま幸せだから人生が順調になる」。幸せや楽しみは自分の心がつくりだしてゆくものだ。

 悪いことやダメなこと、貧乏なこと、そんなことばかり考えていたら、ほんとうに不幸つづきの人生を生きる。そういう暗い面に考えてしまう自分の心がまさにそういう人生を生きさせるのである。心の原則というのはこういうものだ。

 だから、いまの幸せや楽しみ、充足感をつくりだしてゆかなければならない。出来事や達成によってそれが生まれるのを待つのではなくて、いま自分の心からつくりだしてゆく。楽しくて幸せな心がそのような出来事の循環を生み出してゆく。

 斎藤一人はそういう考え方をしている人のようだから、参考になる。すこし文量がすくなすぎる書き手だが、屁理屈や理論はいらないのだろう。

 「ツイている」とか「楽しい」とか「うれしい」、「しあわせだ」と言葉でつぶやいて、気持ちもそのような気分にしてゆく。アファメーション(自己宣言文)がそういうことをおこなっているのだが、あまり本で見かけることはないので、斎藤一人のような、まだ理論づめをしていない人も参考に読む。

 言葉で「楽しい楽しい」とか「うれしいうれしい」とつぶやいても、なかなかそのような気持ちにはならないかもしれないのだが、「楽しい気持ちでいれば、いいことがたくさん起こる」と信じて、そのような言葉をつぶやくしかないと思っている。気持ちを明るい、楽しい方向に吸引してゆかなければならないのだ。

 あやしげな信奉にハマってしまってと思う人もいるかもしれないが、心の原理とはそういうものだと思う。性格も人生も心がつくりだすものだ。出来事の結果から人生が導かれるのではなくて、自分がどう捉えるかで人生は決まってゆく。人生はいまの心がつくりだしてゆくものだ。

 斎藤一人のあやしげな点はふたつある。生まれ変わりを完全に信じていることと、幸せの波動は送れると毎月一日にファンに波動を送っていることだ。新興宗教に近いものになっている。

 斎藤一人は納税者ランキングに10年のりつづけた事業の成功者である。そういう人がビジネスを説かずに、心の幸せばかり説いている。金持ちになりたい信仰者が心のセラピーに吸い寄せられている、という転換がおこっている。金持ちになりたい人が支持していた人ではなかったの。



大丈夫だよ、すべてはうまくいっているからね。ツイてる! (角川oneテーマ21)変な人の書いた世の中のしくみ人間は自分が考えているような人間になる潜在意識が答えを知っている!ポケット版


関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top