HOME   >>  ネット関連  >>  【ブロガーご注意!!】 当ブログの検索結果から広告サイトに誘導される詐欺?が発生
08 24
2015

ネット関連

【ブロガーご注意!!】 当ブログの検索結果から広告サイトに誘導される詐欺?が発生

 これはどういうことなのか、どうすればいいのかいまいちわかっていませんが、同じような被害にあうブロガーさんもいると思いますので、とりいそぎご報告です。

 それは当ブログのエゴサーチをしていて、気づきました。

 当ブログへ検索されるようなワードがならび、当サイトの内容と記事がのっているリンク先をクリックすると広告サイトしか行き当たらず、「お探しのコンテンツは削除されました」と表示されるようになっていました。

 当ブログへの検索結果が使われて、当ブログへと行き当たらず、広告サイトにしか到達しないというわけです。

 検索ワードと検索結果を乗っ取られたという状態になっているわけですね。


 Googleで当ブログ名で検索すると以下のような検索結果があらわれ、広告サイトに誘導されるのですが、その表示を切りとって貼ってみます。以下のようなものです。

kensaku3.jpg

 この三件とも当サイトのブログ名、記事内容に近いものが検索結果にあらわれ、いずれも広告サイトに誘導され、当サイトには行きつかないようになっています。「お探しのコンテンツは削除されました」と出ます。


kensaku2.jpg

 このページでも、「細井和喜蔵」、「しまなみ 野宿」、「池澤夏樹」の検索結果は当ブログのものだったり、当ブログ名が記載されていますね。


kensaku1.jpg

 この検索ページの「ひろさちや 批判」は当ブログの記事内容がしっかりと表示されるようになっているのですが、リンク先は広告サイトのみです。

 そして、以下のような広告サイトが表示されます。

kensaku4.jpg


 広告サイトに誘導されるだけですから実害はないといえばないといえます。

 だけど、当サイトの検索結果が表示され、その内容を読もうとした人が広告サイトだけに誘導され、わたし的には検索ワードを盗まれた、のっとられたという状況になるわけですね。


 広告サイトには削除要請依頼の窓口はあります。でもなにに対して依頼を出せばいいのでしょう。

 検索ワードや検索内容は、わたしだけのものではありません。当サイトの記事内容がそっくり検索結果に表示され、広告サイトに誘導されるのなら、詐欺といえますね。だけど、ほかの検索結果が混じっていたり、当サイトのブログ名だけが表示される場合、わたしの権利はどこまでにおよぶのでしょうか。

 検索結果が当サイト行きのリンクに近いものだとしても、同じような検索ワードは、わたしのものではありませんし、ほかの人も使うかもしれないものです。わたしはそのような検索ワードの使い方をさしとめることはできるのでしょうか。


 頭がこんがらがって、よく整理できていません。とりあえずご報告まで。


 こういったリンク詐欺は有名ブロガーや検索件数の多いサイトなどでは、検索ワードをのっとられていることが多々発生しているのではないかと懸念します。ブログをもっている方に注意勧告したいと思います。


関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top