HOME   >>  セラピー・自己啓発  >>  ネットで見つけたパニック障害の治し方(5) 不安を避けるからますます不安になる。
07 19
2015

セラピー・自己啓発

ネットで見つけたパニック障害の治し方(5) 不安を避けるからますます不安になる。

パニック障害になったとき、わたしはこれらの文章をノートに手書きで書き写し、
ワープロで清書して、なんどもなんども読み返して、心身にたたきこもうとしました。

身体の発作や異常を恐れること、悲観的な思考に染めあげられることは、
強烈に恐ろしい、ゆがんだ世界に追い込まれることでした。
これで人生が終わるような、命が終わってしまうような壮絶な気持ちがしました。

なんとしてでも必死に抜け出したい世界でした。
だからこのネット上にある文章をなんども読み返し、心身にたたきこみ、
克服の秘訣を染みこませる必要がありました。

パニック障害に追い込まれている人は、そのくらい必死な心境になるのではないでしょうか。

ネット上に書かれている克服法、完治法のこれらの文章が、
とてもありがたい救いの文章に思えました。

さまざまな方が克服法を書かれているネットの時代であることに
たいへん感謝するしかなかったです。

しかしパニック障害とはすべてこれらの必死な思いの逆説、皮肉に満ちています。

治そう、避けよう、発作を起こさないようにする努力がことごとく裏目に出ます。
それこそがパニック障害をひきおこした原因だからです。

逃げていた、避けていた発作や恐怖に向かってゆくしか克服法はありません。

これはパニック障害だけに限らず、緊張やあがり、神経症といったもののカラクリも
そうですし、人生全般にもいえることではないでしょうか。
挑戦や立ち向かうことをせずに不安から逃げていた決算を迫られているのかもしれません。




 (5) 不安を避けるからますます不安になる。 


●「今、自分は大丈夫か」と自分の状態ばかりを観察するようなり、余計に自律神経が乱れてしまうといった悪循環があるからなのです。

「症状試し」の行動は「自分の症状は大丈夫から?」と結局、自分の状態に注意がいってしまい勝ちだからです。

パニック発作をなくそう、なくそうと思えば思うほど、パニック発作は大きくなってしまいます。(精神交互作用)


●「気をまぎらわせよう、息苦しさを考えないようにしよう」と考えることは、「息苦しさ」に注意を向けていることと同じことになってしまい、悪循環がおきてしまいます。
今目の前のこと、今やっていることに注意を向け、手を出していくことがコツです。


●気をそらすことばかり考えている。
不安を下げることばかり考えている。
これらのことをしている人はなかなかよくならない可能性があります。
「気をそらそうとしなかったらどうなるのか?」の答えが「とても耐えられない」「怖くてそんなことできない」ということであれば、それは気をそらすことが悪化要因になっている可能性があります。


●不安から逃げて生きてたら、歓びからも逃げていた。
あまりにも不安を怖れ、不安を避け、不安に思うことから逃げると、多くの歓びからも逃げることになります


●破局的思考は特定の身体感覚と結びついていることが多いので、たとえば胸の苦しさと心臓発作、吐き気と制御できない嘔吐、めまい、または頭の軽い感じとコントロールを失っておかしくなること、といったことがあげられます。
身体感覚の破局的解釈がパニック発作の中核的な問題であると考えています。


●不安感受性の高い人は、
仮に「十分に息を吸えない」感覚をわずかに経験した場合であっても、
その感覚を最悪の結果にすぐにむすびつけてしまいます。

不安感受性の低い人は同じような息切れの感覚を経験しても、
悪い結果を予測することはなく、その感覚をすぐに受け入れることができます。
たとえば「この感覚は前にも経験したことがある、何でもないな。何度か深呼吸すれば仕事に戻れるだろう」
と考えることができます。


●理由のわからない身体感覚を自動的に破局的に解釈することによってパニック発作の可能性を高める。



パニック障害の治し方 

(1) 開き直る。受け入れる。
(2) わざと苦しくする。わざと恐怖を起こす。
(3) 治そうとしない。避けようとしない。
(4) 不安はあってもよいものだと受け入れる。不安は当たり前のもの。
(5) 不安を避けるからますます不安になる。
(6) 不安を受け入れたとき完治。
(7) 不安に動揺しない。深刻に受け止めない。不安を問題視しない。
(8) 恐怖を味わいつくす。踏みとどまる。


▼不安はコントロールできる、消せるという考え方がある一方、
それら不安を避けることは不安を強くするだけだという考えもあります。
どっちなんだと迷いますが、受け入れて否定しないという段階が必要なのかな。
ワークブック アトウッド博士の〈感情を見つけにいこう〉2 不安のコントロールこころが晴れるノート うつと不安の認知療法自習帳不安に悩まないためのワークブック―認知行動療法による解決法きっと上手くいく10の解決法シリーズ パニック 不安発作を克服する認知行動療法メソッド続々・怖れを手放す アティテューディナル・ヒーリング・ファシリテーター・トレーニング


▼パニック障害克服の賢者サイトとおもな引用先
(お断りなしに引用させてもらっていますので、削除依頼にはただちに応じます。
症状に苦しんでいる人たちのためにまとまった知識のご理解をお願いします。)
パニック障害「完治」の秘訣。
「パニック障害」の記事一覧 マーケティングクリエイター足立博のブログ。
パニック障害と嘔吐恐怖症状を自力で治療克服した方法
森田療法の実践
うつと不安のカウンセリング
パニック障害の克服を目指す実践情報ブログ
えむ氏のログ

関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top