HOME   >>  セラピー・自己啓発  >>  明るい気持ちの藁――『あなたは絶対! 運がいい』 浅見 帆帆子
07 04
2015

セラピー・自己啓発

明るい気持ちの藁――『あなたは絶対! 運がいい』 浅見 帆帆子



 鬱な気持ちをむりやり明るい気分に引き上げたいという動機がなかったら、たぶん読まなかった本だろう。

 ともかく鬱な気分になったら、地面から一段下の穴からのぞくような心理状態、ものの考え方になる。だから、むりやり気分が明るくなるような本や方法を見つけなければ、その鬱の穴からはい上がることができない。

 お笑い番組を集中的に見て笑うようにしたり、アファーメーション(自己暗示)の音声を聞いて、むりやり気持ちを明るいものにもっていくしかない。

 この本はそういった一環のもがきの中では、比較的、気分が明るく持っていける本ではなかったかと思う。

 本を読むだけで、鬱を打ち消して、すぐに明るい気持ちになるような本はなかなかないのである。気分が明るくなるわたしの手持ちの本といえば、ノーマン・ピールの『積極的考え方の力』くらいである。カーネギーの『道を開ける』はべつに明るくなれるようになる本ではなくて、鬱を防ぐ本である。字面をながめているだけで、明るい気持ちになれる本というのはなかなかないのである。

 この本は明るい気持ち、プラス思考でいれば、どんどんいいことがおこる、ツキすぎるくらいツイていることがおこる、といった本である。悩んだり、マイナス思考でいなければ、信じられないくらい、いいことが連続的におこるという本である。プラス思考は可及的にいいことやツイていることをもたらすといった能天気な考え方がすすめられている。

 プラス思考や引き寄せの法則、願えば叶うといった一連の自己啓発とほぼ同じなのだが、プラス思考の力はそれだけではない、精神のレベルが上がって、信じられないくらいいいこと、運のいいことが奇跡的にやってくるというポイントが、ほかの啓発家と違うといいたいらしい。

 鬱な気分をむりやり引き上げたいという藁にもすがりたい気持ちがなければ、このような本は一顧だにもしなかったと思うが、なにぶん鬱だ。気持ちをはいあげるためには、明るくて楽しくなる言葉の藁にすがりたい。これはわたしにとって明るい気分の藁である。

 なにぶん若干24歳のとんとん調子で生きてこられた女性の能天気な考察にすぎない、不幸や逆境のなかでこのような考え方をいつまでつづけられるのだろうといちまつの不満やねたみを心配しないわけにはいかないわけにはいかないが、なにぶん鬱の落とし穴のようなステージでは、プラス思考、明るい言葉のシャワーをすこしでも当たらないわけにはゆかないのである。

 ずっとプラス思考でいて、悩んだり、落ち込んだりすることはすぐに断ち切ると、あまりにも都合よいことがつぎつぎにおこって、感謝したくなる、運のいいことが連続的におこる。ツキまくると、その精神のレベルやステージも上がるらしい。

 まったく能天気なお花畑な考え方である。だけど疑い深くて、悲観的で、厭世的な人の目とはまったく違ったこのような精神の次元や人がいるのかもしれない。そういった人はほんとうに絶好調で幸運な人生をおくれて、悲観的な人は、不幸つづきの人生をおくってしまうのかもしれない。能天気な人は困難や不幸さえなにごともなく気づかずに素通りしてしてしまうということがあるのかもしれない。

 そう考えて、不幸や困難とまったく無縁に生きる人生もあるとしたら、それはそれでいいじゃないか。


あなたの可能性 ワクワク編宇宙につながると夢はかなう~さらに強運になる33の方法~わかった!運がよくなるコツ (なでしこ文庫)だから、本音がいちばん! 本音こそ直感、宇宙からのメッセージあなたの感じる伊勢神宮 いつでも宇宙につながっている


関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top