HOME   >>  セラピー・自己啓発  >>  呼吸で感情は入れ替えられるか――『「気づき」の呼吸法』 ゲイ・ヘンドリックス
03 19
2015

セラピー・自己啓発

呼吸で感情は入れ替えられるか――『「気づき」の呼吸法』 ゲイ・ヘンドリックス

「気づき」の呼吸法
「気づき」の呼吸法
posted with amazlet at 15.03.19
ゲイ ヘンドリックス
春秋社



「胸式呼吸は身体の中の「不安製造メカニズム」と結びついており、腹式呼吸は「リラックス製造メカニズム」とつながっています。…すぐに不安をとりのぞきたい場合は、意識的に呼吸のペースを落とせばいいのです。そうすれば、不安は確実に消えてなくなります」

「深呼吸をして姿勢を変えると、嫌な気分をいつまでも引きずっているのは困難だということです。浅い呼吸とコチコチに固まった姿勢というものが、落ち込んだ気分のメカニズムの一部になっています」



 呼吸というのはしぜんに働くもので、ストレスや不安にしたがってどのように呼吸が変化しているのか自分自身ですら知らない。ストレスがかかると息を殺したり、浅い胸呼吸をしている。息を殺した状態ではすでにリラックスした身体と心をもつことはできない。

 著者がよぶ「ファイト・オア・フライト(闘うか、逃げるか)状態になっており、すでに臨戦態勢である。子どものころには腹式呼吸をおこなっていたものが、ほとんどの大人は胸式呼吸の浅い呼吸しかしなくなっているという。そういう息苦しい呼吸があたりまえのものになってしまうと、よういにリラックスやおおらかな気持ちをもつことはむづかしくなってしまうだろう。

 著者は深呼吸やゆったりした呼吸で感情が安らかなものに変わるというのだが、深呼吸や腹式呼吸に変えてもわたしは著者のいうような劇的なリラックス状態を感じることができない。緊張や精神の思い込みが強く残るためか、呼吸の力というものの大きな力を感じとることができない。呼吸の力をあまりにも甘く見ているのだろうか。レッスンや修行が足りないのだろうか。

 本書は基本レッスン3、上級レッスン5まであり、その他にもトラウマ解消、依存症から立ち直る呼吸法、運動能力を高めるレッスンなどの項目がある。いずれもレッスンの項目が複雑で、やりにくい、覚えにくいというのが率直な感想。横隔膜呼吸では背をのけぞらせながら行うのだが、呼吸は体全体をつかっておこなうものだという自覚を芽ばえさせるために、体全体で呼吸を感じさせる手法をおこなうようだ。

 副交感神経のリズムをつかむという上級レッスンでかなり深いリラックス状態が感じられたのだが、呼吸と身体感覚に沈静することが深いリラックス状態を生み出すのかもしれない。

 時間がない人のために短縮版エクササイズも紹介されていて、背中をのけぞらせながらの深呼吸と、腕をねじまげて足も倒す呼吸、交互鼻孔式呼吸の三つのエクササイズが組み合わされている。

 呼吸は瞑想のさいにもかならず重要視されている。著者も感情をすっかりと入れ替えることができるといっている。しかしわたしにはその効果をしっかりと実感できないでいる。呼吸は忘れているし、緊張状態を呼吸で解ける大きな成果を感じたことがないからかもしれない。呼吸の変化は静かでわかりにくく、でも長い目で見れば、変えてゆくものがあるのかもしれない。呼吸のリラックスと感情の変化の力を信じたいものである。



呼吸による癒し―実践ヴィパッサナー瞑想ブッダの〈呼吸〉の瞑想心がすっと軽くなる、魔法のZEN呼吸法 ~イライラが消え、一瞬で感情を整理できる (宝島SUGOI文庫)ストレス、パニックを消す!最強の呼吸法 システマ・ブリージング丹田を創って「腹の人」になる (小学館文庫)


関連記事
Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はつよろです♪

なんだかファンになっちゃいましたo(≧∇≦o)

わたしですね…このところついてなくて(汗)
すべり台を滑っても滑ってもゴールが無い感じなんて言えば少しは伝わりますか?
ものすごい急降下中なんです。。

そんなこんなで色んなブログ読み漁ってたらここで足が止まりました♪d(´▽`)b♪不思議と心惹かれたんです。
うえしんさんも色んな時間を過ごされてるんですよね。きっと。。

急なお願いで戸惑わせてしまうかもしれませんが
話し込んでみたいというか話しを聞いてもらえたらって気持ちを持たずにはいられなかったんです(o^-^o)

連絡してくれたら有難いです。
もしも迷惑であればコメントごと私のこと消してください。
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top