HOME   >>  セラピー・自己啓発  >>  ミスタースポックは感情の喜びと苦しさ、どちらをもたらしたのか?
02 28
2015

セラピー・自己啓発

ミスタースポックは感情の喜びと苦しさ、どちらをもたらしたのか?

 ミスタースポックことレナード・ニモイ氏が亡くなられた。83歳。2015年2月27日。

 e0151275_146510.jpg

 1966年からテレビ放送された『宇宙大作戦』が深く長い人気を博したのは、ミスタースポックの理性的で感情を排したバルカン星人の役にあったと思う。

 それまでは理性的で合理的な人間が「文明的」で「近代的」な存在と思われていたが、このころを境にアメリカで「感情こそが自分らしさ」、「感情があることこそが人間らしさ」という考えの転換がおこりはじめていた。これを「感情革命」と呼ぶ向きもある。感情のないミスタースポックはその転換期に理性だけで生きる人間の非人間性やこっけいさをあぶりだして、人気が出た。

 このミスタースポックの理性的で感情のない役柄はおもにロボットやアンドロイドにひきつがれており、「愛を知らない」「泣くこと、感情を知らない」ロボットたちの悲劇性がうたわれた。「愛を知り、悲しみを知る存在こそが人間らしいことであり、人生のすばらしい出来事だ」といった主張が、鉄のような感情のないロボットとしての比較に用いられたのである。

 しかし感情こそが自分らしさであり、人生の醍醐味といった考え方は、感情に人生を翻弄される、感情を主体に好き嫌い、苦悩を背負い込んでしまう諸刃の剣の側面ももっているのではないかと思う。感情こそがすばらしいものだという考え方は感情にふりまわされる、感情に人生を明け渡してまう苦しい側面ももっている。

 感情を人生の主体にもってきたために、感情に人生を支配されてしまう壮絶な人生を選んでしまうことでもある。

 アメリカではセラピーや精神分析が大流行りになり、数々の自己啓発セミナーやセラピー理論がおこるようになった。うつ病の増加も、感情に人生の主役をゆずりわたした結果、おこるようになったことではないのか。ポジティブ心理学や悲観的な考え方を変える認知療法、禅・仏教の理論をとりいれたリチャード・カールソンやマインドフルネスといった技法も流行ることになった。感情を主体にしたためにその治癒の方法が必要となったのである。

  あたらしく出てきたセラピーで根本的に違うことは、悲しみや苦しみをもたらすのは「出来事」そのものではなくて、「思考」がつくりだすものであるという転換をもたらしたことである。

 人は苦しみがあれば出来事や他人がもたらしたものだから、それを変えなければならないと考える。だけど苦しみをもたらしたのは自分の思考、考え方であり、その考え方を変えれば苦しみはなくなる、または思考を捨てれば苦しみはないといった考え方を、あたらしいセラピーや自己啓発は運んできた。感情の原因は思考なのである。それによって感情のない安らかさというものにふたたび出会おうとしているのではないか。

 ミスタースポックによって感情のすばらしさ、人生の醍醐味をうたわれた一連の流れは、人生の彩りをもたらしのたのだが、同時に感情に翻弄される人生の苦しみももたらした。感情を主体にするのなら、感情に翻弄される人生も送らざるをえなくなる。感情のすばらしさには大きな代償がつきまとったということである。それから大きな学習の成果もつけくわえたというべきか、感情と思考の関係についての。

 認識のあり方も大きな転換をつくりだす契機になった。客観的世界を信じるあり方から、思考が感情をつくりだすという転換は、近代科学と宗教的世界観を分ける分水嶺である。人々はより主観的に唯心的に考えるようになる転機をこれからもたらすのだろうか。

 感情は人生のすばらしさ、彩りをもたらす祝福や幸福なのか。それともうつ病や人生の悲観をもたらす災厄や悲惨なのか。ミスタースポックあたりからはじまった「感情革命」はここにきて大きな曲がり角にさしかかろうとしているのかもしれない。わたしたちは感情を人生の喜びとして受け入れるのか、それとも人生の災厄として排斥しようとするのか。


わたしはスポック (扶桑社ノンフィクション)宇宙大作戦 シーズン1<トク選BOX> [DVD]宇宙大作戦 シーズン2<トク選BOX> [DVD]宇宙大作戦 シーズン3<トク選BOX> [DVD]


関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top