HOME   >>  おすすめ本特選集  >>  人文系文庫のKindle化状況を調べてみました。
02 19
2015

おすすめ本特選集

人文系文庫のKindle化状況を調べてみました。

 みなさんは電子書籍で本を読んでいますか。それとも紙本だけで読んでいますか。

 わたしも去年に遅まきながらKindleを買いましたが、ほしい本の多くが電子化されていないことが多いです。

 Kindleなら書店に買いにいく手間をはぶけ、ほしい本はポチッとダウンロードひとつですみますね。紙本みたいに場所もとりません。だけどほしい本の多くがKindle化されていません。

 ということで参考にまでに、各出版社のKindle化はどのような状況か、調べてみました。各文庫の件数はアマゾンでざっと調べたもので、ほかの出版社、違うシリーズの本などが混じっていて正確ではありませんが、だいたいの概要はつかめるのではないかと思います(2015年2月中旬調べ)。

 おすすめ本も何冊かつけてみました。



岩波文庫 217件/11,430件

 岩波文庫のような古典こそKindleに貯めておきたい気もしますが、はじまったばかりという感ですね。


 労働についての考え方が変わる古典ですね。

アラン 幸福論 (岩波文庫)
岩波書店 (2014-12-18)
売り上げランキング: 9,702

 アランも考えないしあわせを説きました。

善悪の彼岸 (岩波文庫)
岩波書店 (2015-01-01)
売り上げランキング: 57,410

ニーチェのキリスト教道徳への批判。


講談社学術文庫 300件/3,458件

 こちらもまだまだといった感じ。

マルクス・アウレリウス「自省録」 (講談社学術文庫)
講談社 (2013-03-05)
売り上げランキング: 11,097

二千年前のストア哲学の考えは自己啓発だったのではないかと思います。

太平洋戦争と新聞 (講談社学術文庫)
講談社 (2014-10-24)
売り上げランキング: 46,418

時系列にメディアが戦争に呑みこまれていった様がわかります。すこし詳細すぎますが。

昭和維新試論 (講談社学術文庫)
講談社 (2013-10-25)
売り上げランキング: 75,903

昭和の軍国化へといたる精神史にはどのような流れがあったのでしょうか。


ちくま学芸文庫 54件/2,100件

 やっと手をつけはじめた感じですね。ちくま学芸文庫は絶版が多そうですから、電子化で復活するのがいいかもしれないですね。

大衆の反逆 (ちくま学芸文庫)
筑摩書房 (2013-11-15)
売り上げランキング: 20,451

「多数者の専制」といった大衆への批判。

夜這いの民俗学・夜這いの性愛論 (ちくま学芸文庫)
筑摩書房 (2014-10-31)
売り上げランキング: 19,444

日本の性道徳ってむかしはもっと厳しいと思ってましたが、庶民はひっくり返っていましたね。



▼ちなみに新書の件数も調べてみました。新書は新刊から電子化されているのでしょうか。

中公新書 631件/7,500件

 中公新書の件数がいちばん多そうですね。名著シリーズなんか電子で貯えたいかも。

現代哲学の名著 20世紀の20冊 (中公新書)
中央公論新社 (2014-07-11)
売り上げランキング: 66,918



ちくま新書 435件/3,468件

 多いほうなんでしょうか。

社会学の名著30 (ちくま新書)
筑摩書房 (2013-11-22)
売り上げランキング: 41,000



講談社現代新書 361件/5,336件

 現代思想や心理学の新書を復活してほしいです。

はじめての構造主義 (講談社現代新書)
講談社 (2014-02-21)
売り上げランキング: 9,476


岩波新書  219件/10,333件

 歴史が長いだけに電子化の件数は果てしなく遠いようですね。

就職とは何か-〈まともな働き方〉の条件 (岩波新書)
岩波書店 (2015-01-01)
売り上げランキング: 77,299



 電子書籍は紙本のように膨大な場所をとらない、ひとつのタブレットに膨大な書物を貯えられる、書店まで行かずにすぐに購入できる、といったメリットがあったはずです。でもほしい本が電子化されていなかったら、なかなかメリットを享受できるところまでいきませんね。その間に紙本のスペースがどんどん積もってゆきます。でもまだわたしの中でも電子書籍と紙本、どちらで読むべきかという答えが定まっていないところもありますが。


関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top