HOME   >>  セラピー・自己啓発  >>  不満をいって改善されたか――『もう、不満は言わない』 ウィル・ボウエン
12 19
2014

セラピー・自己啓発

不満をいって改善されたか――『もう、不満は言わない』 ウィル・ボウエン

4763160133もう、不満は言わない (サンマーク文庫)
ウィル・ボウエン
サンマーク出版 2012-05-16

by G-Tools


 自分は不平不満ばかりはいわない。だけどあの人は、ほかの人はとか思ったりするのだろうが、人は自分が不満をいっていることにも気づかないものである。不満が自分の人生をいかに欠損しているかに気づいた人だけが、ようやくこのような本の価値に気づくのだろう。

 不満をいうごとに片手のブレスレットをはめかえて、21日間不満をいわないようにするというチャレンジの運動がおもな話になっている。送料別で無料で送ってくれるらしい。http://www.acomplaintfreeworld.org/

 不満をいうとどういう結果になるかは、自己啓発家の多くいう思考の現実化や引き寄せの法則をそのまま引き写しているだけで、その論理的な証明で説得してほしかったわたしにはすこし物足りない本だったかな。

 不満をいうより、ほしいものをはっきりいうほうがほしいものを手に入れられる。その試練がなくなった状態、ギャップが埋められた状態、問題を解決した状態を話すほうがそれを手に入れられる可能性が高くなる。だけど、ないないばかり不満をこぼして、永遠にない状態にとどまろうとするのが多くの人のすること。

 いまと違う状況を欲することが、事実の説明でなく、不平不満。

 人は不平不満をいうことがほしいものを手に入れる方法だと思い込んでいるのだろう。また自分の優越を見せて自尊心をみたすことであったりする。だけど頭が痛いといって頭痛がとれるか。天気に愚痴をいって晴れるか。あいつはアホだといって、やつは頭よくなるか。気分が悪くなるだけで、状況がよくなることはない。

 不平は「呪術」のよう信仰なのであって、「気分が悪ければ」状況が好転すると信じる呪術みたいなものであるw 超能力信仰である。

 人に不満や非難をぶつけることはのぞむことの逆の結果をもたらすのに人は不満を人にぶつけるものである。非難は相手の欠点や誤りを指摘することなので、相手はそれを不当と感じ、自分の正当化のために反撃、もしくは無視して反抗する。まあ不満をいって改善された、人が変わったと思えるなら、そのやり方をくりかえせばいい。

 不満をいうことは仲間をつくったり、だれかを結託して追いつめたりするために用いられるばあいもあるのだろうね。不満をいわないブレスレット・チャレンジでは何人かの友だちを失うだろう。だけど手に入れるものはもっと前向きなものなのだろうね。

 不満はそれをいえば、ほしいものや状態を手に入れられると思い込んでいたり、ほかの方法や習慣を知らなかったり、自分が不満をいって不快な気分になっていることすら自分では気づかないものである。

 このブレスレット・チャレンジのような方法で自分の言葉にはじめて注目して気づくといった具合である。自分の思考がネガティブかポジティブかさえも、注目と色分けしないと気づかないものである。これは瞑想の訓練とも同じである。

 不満のいちばんの損失は、状況が改善されないのにいつまでも不快な気分をもちつづけることだろう。なにも変わらないのにである。呪術や超能力は、自分の不快な気分だけに指示されるのである。

 わたしはとりわけ仕事の不満や価値について文句ばかりいってきて、それが改善・救済されることもなかったのだから、その点で深く活用することがありそうだ。価値を救済しなければ。


(文庫)もう、不満は言わない [人間関係編] (サンマーク文庫)いつもの「グチ」がなくなる本誰とも争わない生き方  人生にも魂にも善悪はないわたしたち不満族―満たされないのはなぜ?自分を棚にあげて平気でものを言う人 (祥伝社新書)


関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top