HOME   >>  書評 労働・フリーター・ニート  >>  どうすれば自分らしく働けるか――『人生後半を面白く働くための本』 小川 俊一
11 19
2014

書評 労働・フリーター・ニート

どうすれば自分らしく働けるか――『人生後半を面白く働くための本』 小川 俊一

4532191327人生後半を面白く働くための本 (日経ビジネス人文庫)
小川 俊一
日本経済新聞社 2002-06

by G-Tools


 「仕事がおもしろくない」、「自分らしく生きていない」といった悩みをもつ方にはひとつのヒントをもたらす本。

 内発力をいかにひきだし、合わせてゆくかということになるか。

 仕事は外から注文されるもの、外発力になってなされるもので、「人のため」「他人の求めに応じて」「相手の役に立つ」という外からの求めに応じて自分の能力を提供して、注文主の望む結果を出そうとすることである。対して、自分の好きなこと、おもしろいことは内発力によってなされることで自分の満足をひきだそうとすることである。

 人は仕事や注文の求めに応じて、自分を殺して、求められることだけに合わせる。そのうちに「自分らしくない自分」「自分ではない自分」といった人生に慣れて、自分らしさ、自分がほんとうにしたいことを忘れていってしまう。もしくは織りのようにたまってゆく。

 その自分らしさ、自分のやりたかったことをどうやって世の中に合わせてゆくかということが、この研修講師やコンサルタントとして50代で独立した人の経歴を語りながら、披露されてゆく。いや、この人自分の好きなことをやる経歴にめぐまれすぎていたんだけど。。とため息つきたくなるのだけど、それはさておき。

 著者の経歴は映画のコピーライター、市場会社で雑誌の編集、繊維会社で宣伝部、営業、調査研究所、財界の広報センターといったクリエイティブな職場をわたってゆく。そして54歳にて研修や教育の講師として独立する。そのなかで人の求めに応じること、自分の好きなこと、やりたいことが煮詰められてゆく。

 好きなことがあって能力があれば、仕事として求められ、求められることによって能力がもっと上達してゆく。そういったサイクルの好循環がはたらけばいい。

 でも若いときにはわからず、あとになって向きや好き嫌い、適合が見えてくることもある。長くやってみないと見えてこないこともあるのだ。向いていると思っていても向いていなかったこともある。向いていなかったと思っていたのに、向いていたばあいもある。人は自分のことをなかなか知りえないのである。

 いちばん最悪なのは、仕事は「やらされるもの」「強制」されるものと思い込んで、いやいややりつづけることだろう。でもこれがお金のため、生活のために働かざるを得ないおおぜいの人の現実というものだろう。おもしろさとか自分らしさにこだわったら生きてゆけないといった隘路が待ちかまえているかもしれない。著者の来歴はあまりにもめぐまれている。

 「やらされている」なかでも、だれにも侵されない自分の領域をつくってしまう、これをゲームだと思ってしまうといったやり方もある。いやいやなら奴隷労働だし、自発的にたのしめばゲームだ。これはわたしも感じるところで、自己裁量の多さ・少なさが仕事のやりやすさとか充実・不満にかかわっていると思う。

 自分らしい仕事をする、自分の好きな人生を生きる、ってことはそうかんたんにはつかめない。求められること、必要とされることが自分だと思い、自分そのものだと思い込みつづける人だっているだろう。わたしなんて自分の好きなことの職につけたこともなくて、能力がなかったり向いてなかったりして身銭のためにいやな仕事ばかりしている感にひたすら耐えているだけである。解放されたい。


このつまらない仕事を辞めたら、僕の人生は変わるのだろうか?仕事がつまらない君へ仕事は楽しいかね?仕事に幸せを感じる働き方心が喜ぶ働き方を見つけよう

関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top