HOME   >>  右傾化再考  >>  日本の膨張的自尊心が国際平和を壊してしまうことについて
10 22
2014

右傾化再考

日本の膨張的自尊心が国際平和を壊してしまうことについて

 日本の自画自賛本が花盛りである。嫌韓嫌中本も山のように出ている。戦後の自虐史観を批判する本も力を増してきている。謙遜や謙虚を美徳とした品性のある日本人の風格は風前のともしびである。


アジアが今あるのは日本のお陰です―スリランカの人々が語る歴史に於ける日本の役割 (シリーズ日本人の誇り)日本はなぜアジアの国々から愛されるのかだから日本は世界から尊敬される (小学館新書)日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか (PHP新書)日本人だけが知らない 世界から絶賛される日本人


 これは経済大国の自負心が凋落してしまって、ふさぎがたい劣等感を糊塗しようとする切ない日本人の衝動であるのが丸わかりなのだが、劣等感の補償にとり憑かれた人にはみずからの無様さはあまり見えないようである。

 この自己礼賛心がポジティブなものに転嫁して、成長や向上に結びつくのなら、自画自尊はおおいにけっこうだろう。高い自尊心が現実の成果をもたらすのなら、批判されるいわれはないものだろう。しかし他国を蔑視することで保たれる自尊心などおおよそ日本の誇りとほど遠いものであるし、現実になんら業績も結果もない空自慢ばかりするのなら、だれにも信頼されることはないというものだろう。

 問題は日本の膨張的自尊心というものが侵略をうけた他国にとって過去の脅威の復活に思われることだろうし、民族的自尊心というのは、どうも戦後の国際平和主義の重しや結び目になっているということだ。

 日本が謝罪や謙譲な態度をとりつづけることが戦後平和体制の礎になっており、日本の膨張的自尊心はその氷面をつき破ってしまうバーターである関係が、戦後体制をかたちづくっているように見える。日本が謙遜であるかぎり、国際社会は平和であるという体制こそが戦後の国際体制なのではないか。

 日本の民族主義的勃興は、どうもドイツのナチズムと共通する国際社会のタブーであるようで、戦後国際社会はそれらの戦争犯罪がどれほどひどいものであったかという認識を共通することによって、戦後平和体制が維持されているようなところがあるようだ。だから日本の右傾化事象の中にたまにナチズム的関連の事柄が混じってくるし、欧米諸国の警戒心は、ナチズムのみではなく、日本の民族主義的勃興の動きも注視している。

 つまり日本の膨張的自尊心や民族主義的勃興は、戦後の国際平和体制をうち破ってしまう過去の災厄の封印魔所なのである。

 日本の民族的自尊心というのは一国の国内問題だけではなくて、国際平和体制を崩壊させてしまう蝶番なのである。戦後の国際平和はそれが外れることによってばらばらにほどけてしまい、だから国際社会は日本の自尊心に警戒している。

 戦後の国家はどこも自国内の民族的自尊心の勃興には警戒していることだろう。それが他国との紛争や障害に結びつく過去を経験しているからだろう。日本やドイツには過去の範例があるいじょう、よその国より警戒度が高く、国際平和の結び目になっている象徴ともいえる。

 国際社会が警戒しているのに、経済凋落にわれを忘れた日本人は民族的勃興を是が非でも達成したいかのようである。平和より一国の自尊心が大事だ、劣等感に押しつぶされるくらいなら他国や国際社会はどうなってもいいといった鼻息だ。

 日本は韓国や中国の謝罪やゆがんだ歴史観によって自尊心をめちゃくちゃにつぶされただとか、アメリカのGHQによって洗脳されただのといった歴史認識が花盛りなのだが、経済大国の自尊心に満ちあふれていたときにそんなことが問題視されただろうか。自尊心が凋落したのは、日本国内の経済事情によるものであって、他国が成敗を下したわけではないだろう。

 日本は国際平和の番人なのであって、卑屈な謙譲心によって自尊心を押しつぶされているわけではない。

 戦後の日本は自虐史観や欧米の劣等感のなかで、経済大国への成功を果たしたのであり、民族的自尊心の満足などなくとも成長と向上をもたらすことができた。謙虚であったり、不足を冷静に見ることができたからこそ可能であったことではないのか。

 自画自尊や他国蔑視に溺れる一国の自尊心をたてまつって、現実否認や楽観主義で、国家の成長や向上が見込めるだろうか。そのような自尊心は過去の迷妄や誤まった道に導いたのではないのか。高慢で放漫な目隠しのような自慢話をいっぱい集めて日本はどこに転がり落ちたいというのだろうか。


呆韓論 (産経セレクト)韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)犯韓論 (幻冬舎ルネッサンス新書 こ-4-1)マンガ嫌韓流中国・韓国を本気で見捨て始めた世界: 各国で急拡大する嫌中・嫌韓の実態 (一般書)

アウシュヴィッツ収容所 (講談社学術文庫)ホロコースト―ナチスによるユダヤ人大量殺戮の全貌 (中公新書)黄色い星―ヨーロッパのユダヤ人迫害 1933‐1945ホロコースト全証言―ナチ虐殺戦の全体像ホロコーストを知らなかったという嘘―ドイツ市民はどこまで知っていたのか


関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top