HOME   >>  右傾化再考  >>  昭和初期の鬱屈と閉塞――『いやな感じ』 高見 順
08 30
2014

右傾化再考

昭和初期の鬱屈と閉塞――『いやな感じ』 高見 順

iyana2.jpgいやな感じ (文春文庫 (249‐2))
高見 順
文藝春秋 1984-06

by G-Tools


4106205149新潮現代文学 14 いやな感じ 死の淵より
高見 順
新潮社 1981-08

by G-Tools


 昭和のアナーキスト、テロリストを描いた小説ということで主観的に昭和時代をとらえられるかと思って読んでみた。絶版の文春文庫を古本屋で見つけたかったのだが、ハコ入り全集「新潮現代文学」で読んだ。街の古本屋で見つければアマゾンのような高価で買う必要もないが、見つけるのに苦労した。

 このような昭和前史に注目するのは、いまの時代は戦争反対にたいして戦争の結果による悲惨ばかり強調するのだが、その戦争にいたるまでの精神の流れにどうして注目しないのだろうと思うからだ。それこそが原因ではないのか。原因に目をふさぐことこそ、同じ過ちの道に踏み入れることではないのか。

 あまり小説のよい読み手ではないので感慨がないというか、昭和時代の雰囲気をよく感じられたわけでもなかった。

 なんのためにこの高見順はこのテロリストを主人公に描いたのか。この主人公は高見にとっての悪役なのか、それとも主観的に共感できる人物なのかそれすらわからなかったが、思想ではなく殺人だけに憑かれる人物を描いたように、高見はこの人物をつきはなして描いたのだろう。しかし昭和時代を描きたかったといっているように、思想やテロに憑かれた人物は昭和の象徴であったのかもしれない。

 思想のための活動やテロをしているうちにしまいに殺人だけの血に飢えた人物になってしまっていた、高見はそういいたかったのだろうか。

「嗚呼。諸君の両親と同じ悲惨な生活を、この上にも猶、三十年も四十年も続けて行かなければならぬのか。幸福や知識や芸術のあらゆる快楽を他人に得させるために生涯の間働いて、自分は一片のパンを得る事が出来るかどうかと言う永遠の心配をしていなければならぬのか。小数のなまけ者共にあらゆる贅沢をさせる為めに、自分の生活を美しくする一切のものを永久に見棄てなければならぬのか。…これが果たして諸君の一生の憧憬であろうか」



 20代のころに自分が感じたような同じことが書いている。これはクロポトキンの『青年に訴う』の一節らしい。将来を一生、労働に捧げなければならない人生にうんざりしたものだが、大正や昭和の青年もおなじことを感じていたのだ。それが共産主義や労働運動のエネルギーとして点火していった。

「地面をはいずって働いている百姓は食うや食わず、工場で油にまみれて働いている労働者はボロをさげているのに、資本家どもは暖衣飽食、みずから額に汗することなく、自分の手を土や油でよごすことなく、金をざくざく、金だけしこたませしめている。こんな無法があっていいものか。こんな無法には、一見無法の方法で報いるのが当然のことなのだ。多年の無法に対して、一回の無法だけがどうして無法だというのか。
無法を擁護している政治は否定せねばならぬ。こんな矛盾した社会は顛覆させねばならぬ。暴動をおこして、人民の膏血をしぼっている奴らをハエのようにたたきつぶさねばならぬ。奴らと同じ穴のムジナである政治家なども一刀両断で抹殺せねばならぬ。
いや、こんな理屈はどうでも、俺は暴動に、殺戮に、流血に魅力を感じていたのだ。理屈抜きに、俺は血に飢えていたのである」



 主人公の社会的不平等にたいする怒り・正義感が、共産主義改革に向かうばかりではなく、要人テロへと向かう心中、そして暴動や殺人だけに魅かれるありさまを一文によくまとめた独白であると思う。

 とうじは貧困問題が社会的問題となり、社会を変えようという気運が盛り上がっていた時代であり、青年たちは社会主義思想に魅かれていった。それを政府は弾圧・検挙・虐殺で封じこめようとして、一部の青年たちは過激化していったのだろう。こんな青年たちを生みだした昭和という時代にこそ、戦争の起因はあったのではないのか。

 夜の街の灯りを見て主人公は各家庭のささやかな幸福を感じる。この街がテロやクーデターによって一朝にして修羅の巷と化すのだと主人公は思う。

「道で不意に俺は自分に死人を感じた。俺は他人をも自分と同様に、死人にしたがっているのだろうか。そのため、この安らかな街を、死の町にしようとしているのか」



 この小説には娼婦との関係がよく出てくるのだが、身体を知らない女にも惚れることがあるのだと主人公は気づく。

「そういう暴動に俺が惚れているのは、それが身体で知ってはいない理論であり思想であるためか。思想は、身体で知らない思想であることによって、そしてそういう思想であるほうがむしろ、女の場合と同じように一層魅力があるのかもしれない。
波子は俺にとって思想なのか」



 主人公はその波子という女と北海道でカタギの生活をはじめ、ふつうの幸福を手に入れようともして子どもをもうける。だが、生活に根をおろして生きようとした生活はさみしい、流刑の生活のように主人公には思えた。女にまでこんなさみしい生活に道連れにしてしまって申し訳ないと思うようになる。そして主人公はテロや殺人の世界にもどってゆく。

「しかし、犯罪にならない殺人のほうが、ずっとタチが悪いんじゃないかね。悪質じゃないかね。
どうだい、君! 君は人殺しをしていないか。していないとは言わせない。知らずに人を殺している君のほうが、罪は深い。
たとえば君の野心、あんたの功名心が人を殺している場合がありやしませんか。あんたの立身出世のために、実は周囲の不遇な連中を悶死させているかもしれないんだ。
…誰だってみんな、人殺しをしているのだ。人間は誰でも、自覚するとしないにもかかわらず、人殺しをしているんだ。善良な市民のつもりでいても、殺人をやっているんだ」



 悲劇的な最期が待っていると思っていたのだが、小説では中国人の処刑を肩代わりして、射精して、気が狂ったようなことになって終っている。この殺人に憑かれたような人物を生みだした社会や時代とはなんだったんだろうと問うているように思える。


如何なる星の下に (講談社文芸文庫)敗戦日記 (中公文庫BIBLIO)アナーキスト群像回想記―大阪・水崎町の宿 大正三年~昭和二十年 サブロー少年覚え帳ある革命家の手記 上 (岩波文庫 白 218-2)アナーキズム―名著でたどる日本思想入門 (ちくま新書)


関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top