HOME   >>  右傾化再考  >>  右翼はポジティブ心理学、左翼はネガティブ心理学、けれども
08 01
2014

右傾化再考

右翼はポジティブ心理学、左翼はネガティブ心理学、けれども

 右翼系の見たくないものを存在しないといいはったり、自画自賛に陶酔する姿勢とか見ていると、なんとなくポジティブ心理学に通じるものがあると思ってきたのだが、政治にたいする姿勢と心理学の態度というものは共通するものだろうか。

 ポジティブ心理学というのは前向きだとか積極的になれといったり、ネガティブな言葉に心奪われるなといった姿勢をもつ。ポジティブ心理学といえば、日本では95年に450万部のベストセラーとなった春山茂雄の『脳内革命』からはじまる。バブルが崩壊して、暗い将来に光をさすような現象をあたえた。リチャード・カールソンの『小さなことにくよくよするな』もベストセラーとなった。

 小林よしのりの『ゴーマニズム宣言』や藤岡信勝の自由主義史観や自虐史観の批判といったものはバブル崩壊以後、経済大国の自尊心がゆらぎはじめたころから話題になり出した。下り坂の暗くなる心情になんとか棹差そうとした流れは、ポジティブ心理学の興隆とときを同じくしてあらわれてきたものではないのか。

 前向きで暗い気持ちになるなといった激は、日本の自画礼賛本の氾濫にも通じる。「自分のことは悪くいうな、もっとほめろ、よいところを見つけろ」、ポジティブ心理学はそういってきたのではないのか。日本の自画礼賛もおなじことをいっているのではないのか。

 嫌韓嫌中本の氾濫も、ネガティブな気持ちに心奪われるなといったテーゼを、悪しざまに罵る相手にたいしてバッシングや叩くことによって、そのネガティブさを追い払っているのではないのか。ネガティブ心理を追い払っているのである、ポジティブではなくてネガティブな方法で。ポジティブ心理学というのは、ポジティブを擁護するために、ネガティブな言葉をネガティブな反応で裁断する逆説も存在するのである。

 右翼系の人が攻撃する自虐史観というのは、自虐にふけるためではなくて、改善や向上のための欠点や不完全な点をあぶりだすことで、進歩や前進がおこなわれてきたものであって、かならずしも後ろ向き、破滅志向であったわけではない。発展後進国として、欧米と比較して日本はこんなに立ち遅れていると問題のありかをしめすことによって、改善や進歩をおこなってきた。自虐という言葉はあたらない。

 いっけん、ネガティブ言説にまみれた批判であったのが、それは向上や進歩のためである。欠点や短所の改善、改革のためである。戦後の日本はこの欠点改善によってその歩みを前進・向上させてきたのであって、自虐という言葉はあたらない。

 この一群の流れは進歩史観とよばれ、左翼思想系の人たちの改善・改革運動を促進してきた。いっけん、ネガティブなのであるが、その先には進歩と向上という目的があった。それゆえに戦後の日本は発展向上してきたのであり、この流れをネガティブ心理学とくくってみると、過ちや間違いに満ちていたわけではない。「自虐」を通して改善と発展がめざされたのである。ネガティブ心理学に悪い面ばかりあるわけではないのである。

 日本の戦後の人はメランコリー親和型といわれたり、ネガティブな人たちであったかもしれないが、その先にはポジティブな目的をもっていた。メランコリーな人たちは「後の祭り」的な過去をいつまでもくよくよ悔いる姿勢をもっていたのだが、そのために過去を悔いないための未来の几帳面さ、用意周到さ、計画性をもたらした。つまり未来のために過去を悔いた。このような遺産を自虐のひとことで葬り去るのは、おおかた先人の貢献をないがしろにしている。

 こういう人たちにとって、「能天気」なポジティブ心理学はひじょうに抵抗感をもつ軽薄な思潮に思えたことだろう。自分たちのネガティブで慎重な姿勢が手堅い成長をもたらしてきたのである。それを手放して哄笑に生きろといわわれても、自分たちの欠点といわれる点を反省はできても、長所はまったくなかったのかと了承はできないだろう。

 なにより戦後の人たちが警戒してきたのは、能天気なポジティブ心理学を戦時中に見たことではなかったのか。不都合な店に目をふさいだり、現実に目をそらし、精神主義で、先の戦争は戦われたのではなかったのか。この精神主義は、あたらしく出てきたポジティブ心理学とどこか似ているのではないか。

 ポジティブ心理学は前向きで積極的、自尊に満ちた自分を肯定し、ネガティブや後ろ向きな姿勢を拒否する。それは現実の否認や否定のことではないのか。この心理的姿勢はいつかでどこかで出会ったものであり、その破産を目の当たりに体験したからこそ、慎重なネガティブ導入によって、向上や進歩の迂遠目標を立てたのではなかったのか。

 90年代以降、経済大国の自尊心は凋落し、忘れ去れ、自信とほこりが損壊してゆくばかりである。現実を否認して、前向きにポジティブな心情で、自身や国家をとらえたい。そういった勃興はいたしかたないかもしれない。

 こんにちの日本の自画自賛本や嫌韓嫌中本の氾濫は、ポジティブ心理学の興隆と絶頂でもあるのではないか。しかしそこに陥穽や落とし穴を、戦前の人はおおくの辛酸をなめさせられたのではないのか。これはいつか来た道ではなかったのか。


脳内革命―脳から出るホルモンが生き方を変える悪魔の思想―「進歩的文化人」という名の国賊12人革新幻想の戦後史オプティミストはなぜ成功するか時間と自己 (中公新書 (674))

関連記事
Comment

論拠先取かつ我田引水のおばかさんな話ですね
例えば、学校の教室なんぞで30人いれば30人嫌いなネガティブな人がいたとして、彼に対して全員でネガティブな言葉を浴びせて彼を排斥したところでそれはポジティブなことにはなりません。仮にそれがプラスのものに見えたとしても、それは単にあなたの党派的な利益にそう排斥行為であるからというだけであり、そこにある負の感情は否定できるものではありません。
また、自らの悪い点を見つめ直し、それを改めることで進歩できるというのと同様に、自らの良い点を発見し、それを伸ばすことで進歩へとつながるという可能性もあります。どちらからもその進歩なるものに至る可能性はあり、そうならない可能性もあるというのに、一方は必然的にそうであり、他方はそうではないという決めつけをしております。
結局、左翼的=進歩的なポジティブ、右翼的=楽観的なポジティブと先に色分けをし、固定化し、
そこに我田引水の屁理屈でだから左翼的思考は必然的に賢く肯定されるなどという考えたフリのお馬鹿さんにはなりたくないものだなぁという反面教師の記事として素晴らしいと思います。
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top